ISA LESHKO

余生を謳歌することを許された家畜たち:503CWで撮影された年老いた動物たちのポートレート

10年にわたって年老いた家畜を撮影したこのプロジェクトは、イサ・レシュコがアルツハイマー病に苦しむ母親の介護後、自身の死生観に向き合うことから始まりました。さまざまな食肉および酪農工場の農場から助け出され、サンクチュアリで余生を謳歌できる家畜たちの数は、ごく僅かです。イサは豚、牛、七面鳥、羊らとの絆を築き、ハッセルブラッド503CWのレンズを通して、彼らの個性をフィルムに収めました。

© ISA LESHKO

このプロジェクトで出会った家畜のほぼ全員が、助け出される前に恐ろしい虐待と飼育放棄に耐えてきました。なので、救出された彼らは幸運であると言うのは気が引けます。毎年、世界中で約500億頭の陸上動物が工場で飼育されています。老齢に達するまで生き延びた家畜が目の前にいるのは奇跡にほかなりません。彼らの仲間のほとんどは、生後6か月になる前に亡くなります。高齢の家畜の美しさと尊厳を表現することで、動物が余生を謳歌することが許されない時に喪失するものを人々に考えてもらいたいのです。

イサ・レシュコ

年を重ねることに向き合い、情熱を支援運動へ注ぐ

年を取ることを恐れたイサは、老化への恐怖に立ち向かうために、高齢の家畜の写真を撮り始めました。これらの動物と出会い、彼らの辛い過去を知ると、このプロジェクトは後に声なき動物の権利を熱心に訴える支援運動となりました。米国中の救助された家畜の終の住処のサンクチュアリを旅し、彼女は彼らの家の芝生で多くのポートレートを撮影しました。

© ISA LESHKO
アッシュ、ブロードブレストホワイト・ターキー、8才

アッシュは養鶏工場の生存者でした。多くの救助された動物と同様に、彼女がファームサンクチュアリにやってくる前の人生についてはあまり知られていません。しかし、彼女の体には、工場の農場で飼育されていたという明らかな証拠が見られました。彼女のくちばしの先端は切断され、彼女の中足の指は部分的に切られていました。

© ISA LESHKO
ベッシー、ホルスタイン牛、20才

ベッシーは、商業酪農場で乳牛として過ごした人生の最初の4年の間に、繰り返し子どもを産まされました。ほとんどの引退した乳牛は屠殺され、その肉はハンバーガーの肉やペットフードになります。ベッシーは食肉処理場に向かう途中で救助されました。

彼らの環境で撮影する

撮影の前にできるだけ動物たちが自然体でいられるよう、イサは彼らとの関係を築きました。つまり、動物の近くの地面に何時間も横たわって、動物に彼女の存在を慣れさせました。 「私は彼らのポートレートを撮影したかったのです。私の存在に対する彼らの反応を写真に収めたくありませんでした」とイサは話します。

スタジオでは撮影しませんでした。代わりに、彼女は動物たちの環境下で撮影しました。機器を最小限に抑え、光は自然光のみ使用しました。これは、暗い納屋での撮影時には、厳しい場合もあります。「私は普段、三脚を使用せず、代わりに膝や地面でカメラを安定させます。 スタジオで動物の写真を撮っていたら、私の仕事は確かに簡単だったでしょう。 でも、それだと、彼らではなく私の条件で撮影することを彼らに課してしまいます。」とイサは説明します。

© ISA LESHKO
バイオレット、ミニブタ、12才

後脚が部分的に麻痺した状態で生まれたバイオレットは、飼い主が彼女の障害に適切に対応できなかったため、サンクチュアリに引き渡されました。

ボガート、羊、16才

ボガートはカリフォルニア沖のサンタクルス島で仲間の群れと自由に歩き回っていました。 ボガートと群れの仲間は、国立公園局から害獣と見なされ、駆逐されるところを助け出されました。

© ISA LESHKO

農場生活への適応

工業都市のニュージャージーで育ったイサは、「田舎スタイル」の生活に慣れていませんでした。彼女がプロジェクトを始めた頃、農場の門のラッチを外す方法すら知りませんでした。このプロジェクトの終わりには、これまでの自分の殻を破り、被写体の動物たちが快適に感じるよう、動物の糞の中に横たわって、小さな虫がウヨウヨ這う状態での撮影でもこなしました。「納屋で一日過ごすと、体は汚れ、汗まみれで、時にはダニだらけです。撮影で動物と目の高さを合わせるために体を捻るため、筋肉痛と関節痛が酷いです。その日に出会った動物と同じくらい年をとったと感じます。私のポートレートは、被写体の動物たちと私自身のさまざまな環境・状況に対しても適応し、生き延びる力の証なのです。」とイサは語ります。

© ISA LESHKO
バディ、アパルーサ馬、28才

バディは視力を失った後、飼い主が適切に世話することができなくなり、サンクチュアリに引き渡されました。衰弱するパニック発作に苦しみ、克服するのに何ヶ月もの訓練が必要でした。またバディはブドウ膜炎にひどく苦しんでいました。彼はすでに目が見えなかったので、痛みを伴う状態を和らげるため、目を摘出しました。

© ISA LESHKO

年齢不明のこのオンドリは、養鶏工場の生存者でした。

このプロジェクトでは、私のお気に入りのカメラであり、詳細なネガを生成するハッセルブラッド503CWを使用しました。フィルムの各ロールは12フレームしかないため、カメラにフィルムを装填するために頻繁に休みを取る必要があります。このカメラが比較的ゆっくりと意図的な撮影を私に強いるところが好きです。

テレサ、ヨークシャー豚、13才

テレサは食肉処理場に向かう途中で救助されました。テレサはノースカロライナ州の養豚工場で飼育されていました。生後6か月で、彼女はペンシルベニア州の食肉処理場に向かう混雑したトレーラーに乗せられました。途中、運転手はワシントンDCのバーに立ち寄り、3階建てのトラックを街の通りに駐車しました。豚たちは夏の暑さの中で何時間も冷房も水もなしで放置されました。その後の数時間で、ワシントン・ヒューマンソサエティには、トラックから大きな鳴き声が聞こえることを心配した人から多くの電話が寄せられました。 法執行機関がトラックを押収し、メリーランド州プールズビルのポプラ・スプリングス動物保護区に運びました。救助後、テレサはニューヨーク州ワトキンスグレンのファームサンクチュアリに移り、そこで残りの人生を過ごしました。

© ISA LESHKO
© ISA LESHKO
ヴァレンティノ、ホルスタイン牛、19才

ヴァレンティノは、地元の商業酪農場で生まれた後、死にかけている状態で、サンクチュアリに引き渡されました。

© ISA LESHKO
イザヤ、フィンシープ、12才

イザヤは残酷な研究の一環から救出されました。彼は生後8か月間小さな檻に入れられ、その結果、重度の関節炎を発症しました。

イサ・レシュコについて

アメリカのフォトグラファー、イサ・レシュコはライティングに興味を持ち20代をフリーランスの執筆者として過ごした後、写真家としての道を歩み始めました。ペンシルベニア州のハーバーフォード大学で、神経科学と認知心理学を学び、2年間研究助手として働いた後、学界を離れて、テック業界で働きました。一日15時間労働のdot.comスタートアップ企業のいくつかで働きましたが、30代の初めに自分自身が燃え尽きたことに気づきました。趣味を探していたイサは、写真入門コースを受講して技能に夢中になり、以来、その活躍ぶりは歴史となりました。現在、彼女の作品は年を重ねることや動物の権利などのテーマに焦点を当てています。彼女のAllowed to Grow Old(余生を謳歌することを許された家畜たち)シリーズは、ボストングローブ、ガーディアン、ニューヨークタイムズなど多くのメディアに取り上げられました。昨年、シカゴ大学出版局は彼女の最初のモノグラフ、Allowed to Grow Old:Portraits of Elderly Rescued Farm Animalsを出版しました。これには、活動家のジーン・バウア、ニューヨークタイムズのベストセラー作家のシー・モントゴメリー、キュレーターのアン・ウェルクス・タッカーによるエッセイも含まれています。現在第2版の印刷が行われているこの本は、Buzzfeedによる2019年のベスト写真集のひとつに選ばれ、ニューヨークタイムズ2019ホリデーギフトガイドのお薦めコーヒーテーブルブックにも選ばれました。イサ・レシュコの詳細は、こちらをご覧ください。

Related stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

inten-h6d-100c

ハッセルブラッド H6D-100C

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Sean Conboy | Capturing Architectural Grandeur with the XH Converter 0,8

Sean Conboy

壮大な建築をXHコンバーター0,8で撮影

ショーン・コンボーイは、XH コンバーター0,8で建築のテスト撮影に臨み、イギリスのウィンターガーデンズ・ブラックプールの雅なインテリアを撮影しました。X1D II 50CにXHコンバーター0,8を介して、HCD 24mmレンズを組み合わせると、非常に広角の19mmの焦点距離となり、彼は壮大な会場の全景を捉えることができました。

Cooper & Gorfer | Between These Folded Walls, Utopia

COOPER & GORFER

ユートピア - 折り畳まれた壁の間に

クーパー&ゴルファーは、ハッセルブラッド X1Dを使って、ポートレート写真と美しいコラージュ技法、そして手描きのテクスチャーを絡み合わせ、写真と絵画をブレンドして、「ユートピア - 折り畳まれた壁の間に」を作り上げました。

TOM OLDHAM | XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

TOM OLDHAM

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。