X SYSTEM

非常にコンパクトなHasselblad Xシリーズは妥協のない画質、精密なメカニズム、そして人間工学に基づいたデザインにより、ポータブルな中判カメラの撮影を可能にします。Hasselblad Xシリーズは、2016年に世界初のデジタルコンパクトミラーレス中判カメラとして始まりました。X1D II 50Cは受賞歴のある前デザインを継承し、そして軽量化、進化したエレクトロニクスおよびコネクティビティにより、中判ならではの創造的な作品を世界に送り出し続けます。

XCD レンズ

ハッセルブラッド XCDレンズは、現在、市場に出ている光学系において最高のレベルを誇ります。そして、21 mmから230 mmまでの10種類の焦点距離を備えています。

Xシステム ファームウエア

ハッセルブラッドは常にファームウェアの更新を継続的に行います。最新のファームウェアはこちらからご確認ください。