1億画素 -
無限に広がる色彩と豊富なディテール

ネイティブISO64に対応した1億画素 中判 裏面照射型(BSI)CMOSセンサーを搭載したX2D 100Cは鮮明な色合いで微細なディテールまで捉えます。16bitの色深度で281兆もの色を表現します。この膨大な色情報に加え、X2D 100Cは15ストップのダイナミックレンジにより、肉眼で見るようなハイライト部からシャドウ部までの繊細なディテールを忠実に捉えることができます。

ハッセルブラッド ナチュラルカラーソリューション (HNCS)により、人間の目で知覚したのに近い、被写体に忠実な色再現を実現します。これにより、プリセットを必要とせず、撮影するだけで、アーティスティックな映像をいとも簡単にを表現することができます。

15ストップ ダイナミックレンジ

色深度

ハッセルブラッド
ナチュラルカラーソリューション

位相差AFで、
迅速かつ正確なフォーカシング

X2D 100Cは位相差AF (PDAF)を利用して、束の間の出来事も、ディテールまで鮮明に捉えます。1億画素センサー面に、PDAFのフォーカスゾーンが294点配置されているため、シャッターボタンを押すだけで、迅速かつ正確なフォーカシングが可能です。

フォーカス速度3倍 2

位相差AF カバー率

IBIS - 全ての瞬間を、鮮明な映像で

X2D 100Cは、5軸で最大7段補正のボディ内手ブレ補正 (IBIS)を搭載し、手持ちで撮影する際も手ブレのないショットを実現します。ハッセルブラッドは、X2D 100Cを最適なサイズ感と重量にするために、最もコンパクトな中判カメラ用ボディ内手ブレ補正 (IBIS) 機能を設計しました。3 この機能は、1億画素中判センサーの手ブレ補正に必要な厳しい条件をクリアしつつ、カメラの重量を増やすことなく、優れた携帯性を実現しています。

大容量の内蔵ストレージ

高画質の映像を保存するには、十分な容量のストレージが必要になります。X2D 100Cには、中判カメラとして初めて1TB SSDが内蔵され 3、書き込み速度は最大2370MB/s 5 、読み込み速度は最大2850MB/s 5 を誇ります。この大容量の内蔵ストレージに加え、CFexpress Type Bカードスロットが搭載されているので、ストレージ容量を増やすこともできます。X2D 100Cは高速保存に対応したストレージを備えているため、連写ドライブモードで16ビットのRAW画像を連続で撮影することができ、安定した、信頼性の高い連続撮影体験を提供します。

内蔵SSD

SDカードより7.9倍速い
書き込み速度

高性能ディスプレイ

3.6インチのチルト式タッチディスプレイは、高照度環境下でもクリアな映像を表示し、また、様々な撮影スタイルに合わせて、適切な角度に傾けることができます。236万ドット(2.36M)の解像度により、実物に近い正確な色合いで映像を表示します。

3.6インチ チルト式タッチディスプレイ

236万ドット解像度

新たに搭載された1.08インチのフルカラー トップディスプレイは、カメラのステータスや撮影パラメーターを表示します。

1.08インチ
フルカラー
トップディスプレイ

1.0倍EVF

576万ドット(5.76M)の有機ELビューファインダーは、1.0倍の倍率となり6、迫力ある映像でファインダー像を確認できます。新たに電子視度調節機能に対応しているため、自分に合った視度で映像を確認できます。鮮明で明るい視界で、ピントを正確かつ簡単に確認できるようになりました。

向上した操作性

X2D 100Cは、より短くなったレスポンス時間で、逃したくない瞬間を素早くカメラに収めることができます。

速いシャッターレスポンス 7

ブラックアウト時間の短縮 7

ハッセルブラッド ユーザー インターフェース (HUI)は、最適化され、見やすい設計になっています。直感的にタッチ操作できるインターフェースで、スライドやタップするだけで、頻繁に使用する操作にアクセスできます。このようにX2D 100CのUIは、制作プロセスがスムーズに進むように、細部にわたりしっかりと設計されています。

磨き抜かれた上質なデザイン

X2D 100Cのボディ筐体の上下のパーツは、アルミニウム合金の塊りから削り出され、滑らかなカーブを描いたフォルムをなしています。Xシステムのスカンジナビア デザインを引き継ぎつつ、X2D 100Cは新色ダークグレーを採用し、X2D 100Cの卓越したカメラ技術で捉える、光と影が収束していく繊細な色合いを表現しています。

高速伝送で、
すぐに共有

X2D 100Cは、USB-C 3.1 Gen 2ポートを搭載し、最大10Gbpsの伝送速度に対応しています。また、2.4 GHz/5 GHzの2つの周波数帯での高速Wi-Fi接続に対応しているため 8 、干渉が少ない、より速く安定した信号伝送を実現しています。

Wi-Fi経由で、X2D 100CをiPadやiPhoneとリンクすれば、Phocus Mobile 2 9 を使って、フルサイズのJPG/RAW画像を伝送することができます。これにより、高品質のRAW画像の編集や出力が可能になり、HNCSの性能を最大限に活かすことができます。また、スタジオの外でも作品のクリエーションや共有を、簡単に行うことができます。10

PD 3.0高速充電やサードパーティ製のPD 3.0充電器にも対応し、複数の充電機器を持ち運ぶ必要はありません。

映像伝送

画像編集

XCDレンズシリーズに、新レンズ追加

XCDレンズシリーズに、XCD 2,5/55V、XCD 2,5/38V、XCD 2,5/90Vが新たに追加されました。これらのレンズは、コンパクトかつ軽量で、ハッセルブラッドの最高レベルの光学性能を備えています。全ての面において性能が向上したフォーカシング モジュールにより、より迅速で、より正確なオートフォーカスが実現します。シャッターユニットはさらにコンパクトになりながら、従来通りどのシャッター速度でもストロボと同調します。


これら金属製のレンズには、フォーカスリングとレンズコントロール リングが搭載されており、リング部分にはハッセルブラッドのロゴ「H」が繊細に刻印されています。便利なプッシュ&プル機能により、フォーカスリングをフロント側やリア側に動かすことで、AFとMFを切り替えます。リング側面には見やすい目盛りがあるため、焦点距離や被写界深度(DOF)をひと目で確認できます。コントロールリングは、自分の好きな機能に素早く使用できるようにカスタムすることができ、簡単な操作で効率よく撮影できます。

X2D 100C

Inspiration in Every Detail

1. 有効画素数は1億200万画素。

2. XCD 55Vレンズを使用し、X2D 100CとX1D II 50Cのフォーカス速度を比較した際の速度比。

3. 対角55 mmのCMOSセンサーを搭載し、交換可能なレンズを備えたミラーレス デジタルカメラと比較。(ハッセルブラッドによる市場調査データから。2022年3月1日時点)

4. X2D 100Cに搭載されたIBISシステムの動作環境温度は、-40℃〜125℃です。

5. Iometer 1.1を使用して、キュー深度32、128KBアライメントに設定して測定した、シーケンシャル リード/ライト(連続したデータの読み書き速度)。

6. 65mm中判レンズを使用した時に、X2D 100C EVFは最大1.0倍の倍率に対応します。

7. ハッセルブラッド X1D II 50Cと比較し、色深度14bit、Mモード、マニュアルフォーカス、シャッター速度1/2000秒の条件で測定。

8. 特定の国や地域では、法規制により、5 GHz周波数帯を使用できません。

9. 現在、Phocus Mobile 2アプリはX2D 100Cに対応していません。対応は、2022年後半を予定しています。アプリの更新をご確認ください。Phocus Mobile 2の使用には、iPadまたはiPhone X以降のモデルで、内部ストレージ容量が3GB (RAM)以上、iOS 15.0以降のOSである必要があります。

10. iPhoneでは、Phocus Mobile 2を使ったRAWファイルの編集は利用できません。

*上記に記載しているデータや情報は全て、ハッセルブラッドが運営する研究室により提供されています。