GÖRAN LILJEBERG

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。

Göran Liljeberg

彼が蝶や昆虫に興味を持ったきっかけは少年時代、昆虫の複雑でユニークなディテールにすっかりハマってしまい、それがきっかけとなりました。彼は同時に若い頃から写真にも情熱を注ぎ、昆虫と写真に没頭していくことはある意味自然な流れと言えました。彼の作品は母国のスウェーデンの国立公文書館、ギャラリーから讃えられ、海外からも同様に高い評価を受けています。現在ではインテリアとして邸宅での鑑賞用のプリントにも力を注いでいます。彼はまたストックホルム昆虫学会、自然歴史博物館の委員として貢献しています。昆虫撮影の情熱がどのように高まったのか?彼は“私は長年に渡り、本当に昆虫の周りをずっと旅しているような人生を送っています。いつも、その美しさと魔法に魅せられています。”と語ります。

CLICK ON IMAGE BELOW TO ZOOM IN

彼は自身を革新的な人物だとは思っていません。長年にわたり熱心にマクロ撮影とフォーカス・スタッキングの技術の研究を重ねてきました。近年の技術の進化のよりヨーランの作品の撮影の技術的な負荷は大分、軽減されたようです。

デジタルカメラの急激な進化は私の撮影の大半を占めるスタッキング撮影に多大な恩恵を与えています。コンピュータと適切に調整されたモニターを繋げた撮影ワークフローは私の撮影作業を劇的に効率的にしてくれました。

マルチショット写真撮影は博物学と同様、彫刻や装飾品等の芸術や文化財の修復作業や保存など、可能な限りで高画質写真が必要とされる分野で標準の機材として認知されるようになりました。しかし、所謂、マルチショット写真撮影は通常の人々が想像する撮影のようなものではなく、熟練を要し、複雑な設定など必要とされます。

マルチショット写真撮影のパイオニアであるH6D-400c MSを使って、ヨーラン はUSB3.0 タイプCのテザー接続撮影、WiFi機能、 スマートフォンのようなタッチ操作、デュアルスロット、トゥルーフォーカスII等の機能を柔軟に活用し、先駆的なマルチショットテクノロジーの性能をフルに簡単に引き出すことができました。H6D-400c MSの6ショット撮影では、その撮影ファイルは実効23200 x 17400 ピクセル(4億画素)、16ビットTIFFで2.4GBのファイルサイズとなります。

H6D-400c MSとHC4/120mm マクロレンズを使用した最新のコレクションで、ヨーランはカメラの性能を如何なく引き出すことができました。その結果を見て、彼は語ります、「ディテールとカラーを最善の形で捉えることができました。昆虫撮影で精緻さは最も重要であり可能な限り事実を捉える必要があるのです。4億画素のマルチショット撮影ではこのユニークなディテールを見事に描写し、まさにプロが必要とするツールです。」

この究極のディテールに富んだマクロ撮影の手法を伝授するとすればヨーランはいくつかの重要な点を強調します。「”被写体がキーとなります。もし撮影するべき美しい蝶や昆虫が見つからなければ、多くのコレクターに連絡を取ってみることです。画像をきれいに並べるテクニックも同様に重要ですし、何と言っても忍耐と経験です。」と語ります。彼の作品はこちらから

DISCOVER THE HASSELBLAD

H6D-400C MULTI-SHOT

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。