邱子峰

郷土料理の色彩を捉える

重さわずかに320g、厚さ4.7cm、最短撮影距離35cmというスペックにより、XD45Pレンズは同様に軽量なX1D II 50Cに組み合わせるのに最適で、中判デジタルカメラの軽量さの新たな指標となりました。では、この組み合わせは実際に商業写真家の現場においても役立つのでしょうか?フォトグラファーにどのようなユニークな体験をもたらすのでしょうか?料理写真家、邱子峰(キュウ・ジフェン)にこの軽量中判デジタルセットについて話を聞きました。

商業写真の世界において、長きにわたり中判カメラは強力なツールであり続けました。しかしながら、近年のSNSの急速な発展になりました、顧客からより短期間で様々なアングルやショットを大量に要求されるようになりました。これに応えるために、大きなマクロレンズを含む中判カメラのセットを持ち運ばないといけませんでした。これは疲労することでしたので、私は新たな選択肢をずっと待ち望んでいました。

 

X1D II 50CにXCD120mmとXCD45Pを受け取ったときは非常に驚きました。実際のところ、X1D II 50Cを初めて手に取った時にはもうそのデザインに魅了されていました。コンパクトですし、とてもよく設計されており、私が普段使うデジタル一眼レフよりも小型です。

 

XCD45Pを付けた状態でも、フルサイズのミラーレスカメラと変わらないくらいの大きさです。

Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P
Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P

出かけるときにはショルダーバッグに入れて一緒に持ち歩くことも簡単です。愚园路に新しくできた日本風の禅と素朴なわびさびを取り入れた喫茶店に行くときも持っていきました。窓際の席に座り、ただ道行く人たちを眺めたかったのです。

 

友人はそこの唯一の食事メニューを頼みましたが、全てがシンプルでした。一杯のコーヒーと丼と汁です。その食事の演出がとても気に入ったので、バッグからX1D II 50Cを取り出し電源を入れました。UIもアイコンがいくつか並んだだけのシンプルなものですし、シャッターを切るのも被写界深度の心配をしなくて済む位置を見つけたら押すだけです。

曇った日でしたので、鈍い光と暗い雰囲気が写真に加わりました。これはとても喫茶店の雰囲気:重厚で自然、にも合っていました。

 

換算で36mm相当の画角のおかげで、料理の寄りの写真も、一歩下がってテーブル全体の写真も、どちらも収めることができました。

 

撮り終わった後はWi-FiでiPadに接続して、画面に写真が表示されたらすぐに編集とシェアができる状態です。長年デジタル一眼レフは使用していましたが、デバイス間のファイルの移動がここまで簡単だと感じたことはありませんでした。

Phocus Mobile 2を使う

スタジオに戻ると、同僚たちがサンドウィッチを作ってテーブルに盛り付けていました。このようなシーンを中判カメラを使って撮ることはしたことがありませんでした。しかしX1Dがあれば、三脚の助けなしに自由に撮ることができました。このカメラの自然な色を捉え、トーンや彩度が飽和することはありません。

Phocusを使ったテザー撮影は直観的でプロの要求にも応えます。これは普段の自分の撮影スタイルです。

Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P
BEHIND-THE-SCENES
BEHIND-THE-SCENES

XCD45Pレンズは軽量で万能なので高い位置からの広角のショットもお手の物です。静物写真のように撮りたい時や近接はXCD120mmを使用して細部を捉えます。

次の数日はストロボを用いた料理撮影でした。撮って出しの色はとても鮮やかで自然なので、ポスト処理で色を変えることはほとんど必要ありませんでした。X1Dのダイナミックレンジの広さは、必要であればポスト処理に非常に高い自由度をもたらします。

Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P
Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P

日常の記録からプロの商業写真まで、このハッセルブラッドの組み合わせはより高いレベルの結果をより簡単に得ることができ、自然な色と豊富なディテールを与えてくれます。

私の撮影の仕方にこのような軽量で強力な中判デジタルのシステムが影響を与えてくれたことは疑いようがありません。

Camera: X1D II 50C
Lens: XCD 4/45P

邱子峰は商業写真家として著名なだけでなく、中国のベストセラー氛围美食影像学(雰囲気のある料理写真)の著者でもあります。彼は料理とライフスタイルの写真を専門にし、地元と国際的なブランドや雑誌、どちらとも協業の実績があります。

EXPERIENCE THE RICH COLOUR CAPTURE OF THE X SYSTEM

More Hasselblad stories

All stories
Gavin Goodman | Pleating Paper into Sculptural Headwear

GAVIN GOODMAN

折り紙から彫刻のようなヘッドウェアを生み出す

南アフリカ出身のフォトグラファー、ギャビン・グッドマンにはアフリカの伝統的なヘッドウェアをモダンかつシンプルなタッチで捉えなおしたシリーズを撮影するというビジョンを持っていました。これを実現するユニークな方法として、彼は地元の折り紙アーティストを起用し、共に繊細な一枚の紙からアフリカの伝統にインスパイアされた美しい彫刻のような作品を生み出しました。

 Tomás Karmelo Amaya | Native Love Stories

TOMÁS KARMELO AMAYA

NATIVE LOVE STORIES

北米のア=シウィ、ララムリ、ヨエメの部族の血筋を継ぐクリエーター、トマス・カルメロは作品を通して癒しと思考のきっかけを作りだすことを目的に、あらゆる表現に先祖伝来の教えを取り入れます。制作中のシリーズ、「Native Love Stories」で彼は愛、他社への献身、共同体の強さ、挑戦し続ける姿勢を含む地元の人々の輪の豊かさを描きます。

 Luka Trajkovic | Cinematic Scenes in Serbia

LUKA TRAJKOVIC

セルビアをシネマチックに捉える

偉大な映画監督や撮影監督にインスパイアされ、セルビアの写真家ルカ・トライコヴィッチはまるで映画の1シーンを切り取ったかのような作品を作り上げます。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

 マティアス・エルムスコグ | 画像品質スペシャリストによる ナミビアでのX1D IIと907Xのテスト

MATHIAS ELMESKOG

画像品質スペシャリストによる

ナミビアでのX1D IIと907Xのテスト

ハッセルブラッドの画像品質保証チームのリーダーでもある画質のスペシャリスト、マシュー・エルムスコグは絶えずハッセルブラッドのカメラを世界中の様々な場所でテストし、もっともシャープな画ともっともスムーズな色再現性を確かなものにしています。

KEN KARAGOZIAN | ロスアンゼルス メトロの30年

KEN KARAGOZIAN

ロスアンゼルス メトロの30年

一回きりのフォトセッションのため503CXを手に地下に潜ったことをきっかけにして、ケン・カーゴシアンはロスアンゼルス地下鉄の誕生からの30年を記録し続けることになりました。