TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ロンドンを拠点とするポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムは、地球上の全員の顔を撮影するまで休むことはないでしょう。クルナーズの最後(The Last of the Crooners)というタイトルのシリーズで、トムはロンドン東部にある地元パブのパームツリー(The PalmTree)でジャズミュージシャンのグループを撮影しています。彼のH6D-100cとHC2,8 / 80およびHC2,2 / 100レンズを用いた本作品は、2018年度のワールド・フォトグラファーアワードのポートレート部門で優勝に輝きました。

過ぎゆく瞬間を記録する

 

パームツリーの長年の常連であるトムは、ほぼ20年間、無意識のうちにこの撮影の準備を進めていました。赤いベルベットのカーテン、ゴールドの壁紙、ジャズなどのパブの魅力は地域の高級化や首都ロンドンの変化にもかかわらず、常に変わりません。週末のジャズバンドの生演奏は、トムにとって、感傷的な気分を呼び起こすメランコリックなムードの中、誰もが迎える人生の最後に思いを馳せ、今現在への感謝の気持ちを生み出しました。トムは、人生には変わらないものはないと知っていたため、年月によって消え去る前に、彼らの活躍ぶりを記録することにしました。

 

トムは最善を尽くすため、パブの常連でありながらも、このプロジェクトに細心の注意を払いました。過去からの信頼関係が功をなして、オーナー夫妻からの許可は簡単に得ることができ、ミュージシャンからに協力を仰ぐ際に役立ちましたが、トムはこれらのポートレート撮影に成功する前に、彼の真の意図を全員に伝えるために何度もパブを訪問しました。照明や被写体のポーズなど、慎重に準備を重ねた結果、撮影自体は2日で終わりました。

このプロジェクトは品質と時代を超越した表現を要求したので、私はH6D-100cを使い、HC 2,8 / 80またはHC2,2 / 100レンズのいずれかを使用しました。後者は、入手可能な最も素晴らしい世界クラスのレンズの1つだと思います。これらの画像データの膨大な情報量によって、特に薄暗い光の下で撮影だったので、編集での多くの作業に耐えることができました。被写体が薄暗い影から浮かび上がるよう、形を整えてから、編集で画像ファイルを持ち上げました。レタッチャーはハッセルブラッドで撮影した画像データが大好きです!

ハッセルブラッドのレンズは露出、トーンの範囲が広く、ポートーレート撮影では先進的にライトを使いこなすことができるのです。実際の撮影画像データは際立つものであり、自分自身を他と差別化することに大きく役立つと言えます。

トム・オールドハムについて

 

イギリスのポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムは、世界中の「あらゆる種類の才能ある人々」を撮影してきました。21歳で、天職に出会ったトムの最大の作品には、アイスランドのクロスフィットアスリートを撮影した「Eldmodur」、彼の最も誇り高いシリーズの「The Herder Boys of Lesotho(レソトの遊牧民の少年たち)」、40時間起きていて、1時間に1枚のポートレートを撮影した「The Longest Day」が挙げられます。彼の魅力的な作品はこちら

Capture textures, skin tones, and details like never before

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。