TERRY O'NEILL

ビートルズ、デヴィッド・ボウイ、60年以降の数多くの象徴的な人物を撮影

ロンドンにて1974年にリリースしたアルバム、“ダイアモンドの犬”のアートワーク撮影の為、吠える大型犬の横でポーズする姿を捉えた1枚
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

それは1974年でした。テリー・オニールは(当時既にグローバルで写真の先駆者として認知されていた)、撮影スタジオにてグラムロックのスター、デヴィッド・ボウイとそのアルバムと絡んだキャラクターである巨大な犬を撮影しました。“それはボウイのアルバム、ダイアモンドの犬のプロモーション用の撮影だったのです”とテリーは微笑みながら語ります。“問題はスタジオ内でストロボが閃光するタイミング、吠えあげジャンプする犬の姿を完全に捉えることでした”。その場にいたスタジオのスタッフ全員が後ずさりしているにもかかわらず、驚いたことにデイヴィッドは瞬きひとつしませんでした”、彼は回想します。

1974年当時のデヴィッド・ボウイのアルバム‘ダイアモンドの犬’ のアルバムカバー写真
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

テリーは半世紀もの間、写真家として数々の影響力あるセレブ達(以下参照)から撮影の指名を受けてきました:

ビートルズ、オードリー・ヘップバーン、ブリジット・バルドー、ショーン・コネリー、ロッド・スチュアート、クリント・イーストウッド、エヴァ・ガードナー、ディーン・マーティン、モハメッド・アリ、ジョン・レノン、トム・ジョーンズ、エルトン・ジョン、ピーター・セラー、デイヴィッド、ボウイ、ロバート・レッドフォード、ブルース・スプリングスティーン、フランク・シナトラ、ピーター・オトゥール、ザ・フー、スティーブ・マックイーン、ダスティン・ホフマン、マイケル・ケイン、エリック・クラプトン、フェイ・ダナウェイ、ザ・ストーンズ、ウィンストン・チャーチル、チャック・ベリー、ピーター・クック&ダドリー・ムーア、マレーネ・ディートリヒ、ジェーン・フォンダ、ウルスラ・アンドレス、ロマン・ポランスキー、シャロン・テート、グルーチョ・マルクス

1974年、エルトン・ジョンの自宅(イギリス、ウインザー)で撮影した彼のベストアルバムのカバーショット
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

ジャズドラムからフォトグラフィーの世界へ

テリーは数々の世界的に著名な人物を捉えてきましたが驚くことに彼が写真の道に入ったのは、全くの偶然によるものでした。彼は少年時代2年間、キリスト教の教育を受けましたが、14歳の時には、こよなく愛するジャズドラムへの道を真剣に考えるようになりました。17歳の当時、米国に渡れば有名なジャズプレーヤーと出会えるチャンスがあるのではないかと考えました。

そして当時、彼が導いた答えは航空会社、BOAC(旧英国欧州航空)の乗務員として就職することでした。”当時はニューヨークに行けば次のフライトまで3日間あり、その間にセッションするチャンスも十分にあるだろう”と考えたと彼は語ります。しかし残念なことにそこで彼が得た職務は航空会社の撮影記録係でした。とりあえず就職したのでしたが、その撮影の仕事に徐々に没頭するようになりました。彼の最初の節目となった1枚が空港のラウンジでアフリカの高官の一団に囲まれ、うたた寝している英国副首相兼国務長官のラブ・バトラーの姿を捉えた写真でした。その1枚は翌日の新聞、デイリー・スケッチのトップページとなり大きな反響を呼びました。結果、これがきっかけとなり彼はデイリー・スケッチのスタッフ・フォトグラファーとして転職しました。当時の彼の作品の1枚にアビーロードスタジオの前で希望に満ちた4人の音楽家を捉えた写真があります。実際、彼は後になって彼らがビートルズだった気づきました。その1枚により、翌朝のデイリー・スケッチは売り切れました。その後も彼らを撮影したいくつもの写真が1面に掲載されました。彼は“新聞でポップカルチャーが紹介される時代の始まりだった”と回想します。

1977年3月29日、ビバリーヒルズホテルのプールサイドの椅子にオスカー受賞を伝える朝刊に囲まれ、沈み込むような様子で座るフェイ・ダナウェイの様子
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

テリーと500CM

数十年に及びテリーはハッゼルブラッドを使用しました。最も有名な1枚の写真に疲れ果てた様子のフェイ・ダナウェイ(当時の彼の妻)を捉えた写真があります。丁度、オスカーを受賞した翌朝6:30の様子です。この1枚は彼の大のお気に入りのハッセルブラッド500CMで捉えたものです。彼は“実際、彼女は前日から夜通しで疲れ果てており、写真など撮られたくない様子でした”半ば認めています。

その後のハリウッドでの彼の勢いは止まりません。フランク・シナトラを撮影するきっかけを作ったのはエヴァ・ガードナーでした。テリーは当時を、”有難いことにエヴァがフランクに紹介文を書いてくれて、私はそれを彼に渡しました。一読すると“お兄ちゃん、ついてきな”と言われ、その後、3週間どこに行くのも帯同することが許されましたが、扱いとしてはそこに存在しないかのように完全に無視されました。しかし、後年、彼の私室にも通してくれるような関係となったのです”と回想します。

1964年レスター広場でのローリングストーンズ
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES
1990年後半、ロンドンにて… ガラス越しに捉えたAC/DC
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES
1971年、ロンドン、パインウッドスタジオのセット内で “ダイアモンドは永遠に”を撮影中のジェームズ・ボンド扮するショーン・コネリーがゴルフする様子を撮影した写真
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

その場に溶け込んでいく

テリー・オニールはセットを組んでの撮影の経験は少ないことを素直に認めています。彼の写真家としての信条は、「偉大な写真を撮影する秘訣はその背景の中に溶け込んでいくことである」ということです。「シナトラが私を完全に無視してくれたこと。これは最高のギフトでした。これにより私は最高の仕事を成し遂げることができました。“と語ります。加えて”暗室での作業以外では撮影のトレーニングなど受けたこともなく、人生において写真に関するセミナーなども1度も参加したことはありません。ただストーリーを語る瞬間を捉えようとしているだけで、ある意味、愚直で通常のスタイルではないのかもしれません。実際、私はその瞬間をありのまま捉えるスタイルなので、その場の状況を理解することが一番重要だ思います 。」

1993年3月、ケイト・モス
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

スクエアフォーマットを語る

機材として、どのカメラかという選択になると、「ハッセルブラッド以外の選択はありませんでした。つい最近まで古い500CMを愛用していおり、私は銀塩写真の狂信者です“、“クライアントの要望に応じてデジタル撮影もしますが、やはりフィルムです。中判はまさに最高で、画質が問われるのであれば、大きいことに越したことはないのです。スクエアフォーマットに関して語れば際限なく、私のハッセルブラッドへの愛はつきません。クイーン、ネルソン・マンデラ、エイミー・ワインハウス、エルトン・ジョンなどのほとんどのセレブ撮影はハッセルブラッドを使用しました”。最後に、彼は語ります、 “多くのプロは今だにクオリティを追求し、中判が唯一、その要求を叶えます。50年来ビジネスの場で機材に対して妥協したことはありません。私はクオリティにおいて小さなセンサーが中判プラットフォームを凌駕することはなど断じてないと信じています。」

1993年 ナオミ・キャンベル
© TERRY O'NEILL / ICONIC IMAGES

30 JULY 1938 – 16 NOVEMBER 2019

2019年11月16日死去。テレンス ”テリー”・パトリック・オニール は、世界で最も名を知られたフォトグラファーの一人で、ハッセルブラッドの歴史においても愛すべき一時代を築きました。

© ICONIC IMAGES / TERRY O'NEILL

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。