SVEN BAUM

XVアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

このプロジェクトの制作のきっかけは何ですか?

このプロジェクトは、自分自身の為だけに制作した珍しい作品の1つです。自分が父親になるとわかって以来、娘の思い出を私たち夫婦のみならず、娘も含めた家族全員のためにどのように残していくか?を考えました。もちろん、彼女本人の記憶を尊重しながら、そのために私ができることは何かを自問しました。妻と私がすぐさま思ったことは、娘に猫の耳をつけ、バスケットに入れて、ポーズを取らせたフラッシュ写真は撮影したくないということでした。なので、私たちは娘の成長をできるだけ素朴に撮影することにし、それが日常を記録する最適な手法だと私は思うのです。私の周囲の非常に才能のある動画の世界の撮影監督から多くのインスピレーションを得たので、私は写真と動画の2つの世界を融合させて実写の一コマ動画、または動画のスチール撮影を試みました。その結果、写真と同じスタイルで制作した10分の短編映画が出来ました。この映画は、毎年ロミーの誕生日に自作のファインアートプリントの本と一緒にプレゼントする予定です。このプロジェクトは、思い出を残すことが全てなのです。

自身の映画制作の経験や映画への関心が、どのようにこのプロジェクトに影響していますか?

このプロジェクトは、特殊効果や特定の俳優が登場する映画そのものではなく、むしろ私たち全員の愛してやまないストーリーがぎっしり詰まったものである可能性が高いと思います。確かに私たち全員がお気に入りの映画を持っています。それぞれの心や個性を形作った、古典またはインデペンデントな映画です。しかし、私は個人的に知っている人々に、より感銘を受けており、シュトゥットガルトには才能のある撮影監督やストーリーテラーが大勢います。なので、私は多くの映画を分析して研究しましたー映画がどのように作られ、組み立てられるのか?、また映画と呼ばれるこの神秘的な世界について、他の専門家と良い議論をしました。

私たちは全員「人生」と呼ばれる自分の映画のアーティストです。そして今、私はロミーについての自分のヴィジュアル的な物語を伝える機会を持つことができました。もちろん、彼女の人生が何をもたらすか誰も知りません。私は彼女が喜びと愛に満ちた幸せな人生を送ってくれることを願っており、彼女が最高のチャンスを得られるよう、私たちができる最大限のことをするつもりです。彼女は自分を毎日より良い人にしてくれ、自分とその才能を最大限に生かすことを可能とし、さらに子どもの頃の自分へ戻る機会も与えてくれます。学びを止めないよう、心を開いて、何か新しいものを作ることへの情熱を絶やさないことを、このプロジェクトを通じて得ることができました。この撮影で、絶えず自分自身を進化させ、自身のスキルをどんどん向上させて、印刷やグラフィックデザイン、さらにはカッティングやウクレレによるオリジナル・サウンドトラックの作成など、年々新しいことを学ぶことができます。

X1Dはどのようにご自身の作品イメージの実現に貢献しましたか?

その並外れた解像度や、細部を失うことなくトリミングできる点、そして色と色調を絞ることができる広いダイナミックレンジの恩恵にもちろんあずかることができました。しかし、私がXシステムで最も気に入っている点の1つは、並外れたレンズ、つまりレンズシャッター付いた軽量のレンズです。そして最も重要なのは、特徴的なボケです! 現在、多くの企業がシャープなレンズを製造できますが、ハッセルブラッドレンズのような趣のあるシャープなレンズはほとんど製造できません。シャープな部分とシャープでない部分を最適に分離できる、このような素晴らしい映画のような見た目を表現できることは、私にとって非常に重要なモジュールです。私はレンダリングとそれらがイメージに与える趣を本当に愛しています。また被写体との距離が近い、親密なプロジェクトには、小さなカメラをいつでも手元に置いて置けることは大きなアドバンテージです。

XVアダプターをどのように使いましたか?、またプロジェクトにそれは何をもたらしましたか?

XVアダプターは、(XCD 45mmおよび90mmレンズに加えて)500 C / Mから既に持っていた2つの焦点距離のレンズ(カール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ)を使用できるため、私にとって贈り物でした。本当のクローズアップショットや詳細を撮影する際に、XVアダプター、21mmエクステンション・チューブ、内部電子シャッターを大きく開いたプラナーまたはディスタゴン・レンズを使用します。プラトンやルベツキのような広角レンズと被写体と非常に近いスタイルが好みです。生まれたばかりの赤ちゃんは非常に脆く、繊細で、急速に成長し変化してしまうので、詳細を撮影することは私と物語にとって非常に重要です。人間の体は疑問の余地なく、完璧な不思議であり、成長に合わせて、詳しく観察することは意味のあることです。

どのように映画のような写真を撮影しましたか?

写真のほとんどは、広いアスペクト比のものです。残りは、カラーグレーディングとレンズの選択の組み合わせです。私は16:9からプロジェクトを開始し、19:9に、次に21:9に移行し、そしてここ数か月間はXPan比率の65mm x 24mmで撮影しています。XPanフォーマットの全身ポートレイトモードでさえ、ちょっとした工夫でとても美しく見えます。また、その環境下で限られた光源のみを使用して撮影することと、ハイライトを保存できるように一段階、またはそれ以上のアンダーな露出も非常に重要です。撮影中にそれができない場合は、撮影後の編集で行います。私は少し不精なフォトグラファーでもあるので、5分の撮影のために3時間かけてセットアップしたり、また機材を梱包して、50 m離れてまた同じセットアップをさらに3時間かけて作りたくありませんでした。私は物事を真実かつリアルに保って、シーンをあるがままに撮りたいのです。しかし、もちろん、写真をより素晴らしくするために、明るい窓や、窓から跳ね返る日光、またはブラインドからの自然な影に常に注意を払っています。カラーグレーディングは、カーブを少し強調するだけでなく、イメージを操作して、私が望む映画のシーンに近づけることができる唯一の方法です。

スヴェン・バウムについて

独学でフリーランスのドイツ人フォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、20代前半に最初のハッセルブラッド500C / Mを購入し、スケートボードの写真撮影からキャリアをスタートしました。その間、彼はネガを現像処理し、暗室で白黒フィルムを使ってシルバープリントを行う技術を習得しました。「35ミリ、中判、4x5インチのフォーマットの白黒フィルムで、5〜6年間撮影し続けました。白黒フィルムに飽きて嫌になり、カラー写真とカラー理論を再発見するまで。それは、まるで何年も色彩異常だったような感じで、誰かが色を見る力を人生で初めて与えてくれたようでした。」とスヴェンは話します。彼の作品の詳細はこちらでご覧になるか、@stolenm0mentsをフォローしてください。

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

inten-h6d-100c

ハッセルブラッド H6D-100C

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Sean Conboy | Capturing Architectural Grandeur with the XH Converter 0,8

Sean Conboy

壮大な建築をXHコンバーター0,8で撮影

ショーン・コンボーイは、XH コンバーター0,8で建築のテスト撮影に臨み、イギリスのウィンターガーデンズ・ブラックプールの雅なインテリアを撮影しました。X1D II 50CにXHコンバーター0,8を介して、HCD 24mmレンズを組み合わせると、非常に広角の19mmの焦点距離となり、彼は壮大な会場の全景を捉えることができました。

Cooper & Gorfer | Between These Folded Walls, Utopia

COOPER & GORFER

ユートピア - 折り畳まれた壁の間に

クーパー&ゴルファーは、ハッセルブラッド X1Dを使って、ポートレート写真と美しいコラージュ技法、そして手描きのテクスチャーを絡み合わせ、写真と絵画をブレンドして、「ユートピア - 折り畳まれた壁の間に」を作り上げました。

TOM OLDHAM | XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

TOM OLDHAM

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。