ROMAN JEHANNO

ペルーの素晴らしい工芸の作り手たち

ペルーのリマ、クスコ、プーノと巡り、素晴らしい工芸の作り手たちとの出会いに自分自身を発見したローマン・ジェハノは、道中でさまざまなアルチザン、農家、パン職人などの美しいポートレートを撮影しました。ナスカやインカの時代と同じスタイルで、スペイン植民地時代の慣習とともに日々暮らしている人々の生活をハッセルブラッドH6D-100cで収めました。彼の作品は、ペルーに住む隠れたアーティストたち、多くの才能のある人々の生活と手仕事に関する文化を広め、保全することに役立っています。

次の目的地:ペルー

ローマンは、世界にまだ知られていない才能あふれる職人らのポートレートを撮影するプロジェクトを手がけており、これまでに南アフリカ、バリ、日本などを訪れました。次の候補地としてラテンアメリカを目指し、ペルーのリマから、ピスコ、イーカ、ナスカ、アレキパ、プーノ、フリアカ、クスコ、アバンカイ、アヤクチョ、およびその都市間のすべての小さな町を旅しました。 道中で彼はインカの伝統的な働き方を引き継ぐ陶芸家や才能の溢れる織り手、スペイン植民地時代の方法で馬を育て、飼育する農家などに出会いました。

Img

MARLENY CALLAÑAUPA Q. – LLAMA WOOL WEAVER

Marlenyは9歳からアルパカの毛を使った織物を作っています。最初はブレスレットやベルトなどの簡単なものから織り始め、ポンチョ、ラグ、テーブルランナーなどより複雑で高度な技術が必要な作品を作っています。彼女が働くアルチザンの協同組合では、アルパカの毛の刈り取りから最後の製織まで、すべて手作業で行われています。

Img

ANTONIO LICONA TARCO & GRANDSON

昔、Oropesa村のパン屋は、村の中心に全員分のオーブンを持っていました。今日では、パン屋がそれぞれの場所で独自のオーブンを持っており、パンを作って販売しています。Antonio(82歳)は、孫と一緒に毎朝午前3時に仕事を始めます。彼のオーブンは一度に約50個の大きなパンを焼き上げることができます。オーブン内の小さなファンが継続的に火を起こしますが、パン職人は常にオーブン内の温度バランスを完璧にしなければいけません。

QUELQANKA COMMUNITY – LLAMA FARMERS

農家のコミュニティのQuelqankaは、何世代にもわたってパタカンチャ近くのペルーアンデスで、ラマを育てながら暮らしています。

Img

ROBERTO LUJANO – UROS VILLAGER

Robertoと彼の家族、および同じ地域の他のいくつかの家族は、Urosの伝統を継承しています。Urosの人々は、昔Totoraと呼ばれる固有の葦で作られた約40の浮島をつなげた群島に住んでいました。一部の家族は、そのような群島に今も住み、観光客を遠ざけて、祖先の暮らしを守っています。葦の家を建てるのに15日かかり、いかだを作るのに3人の手で約1ヶ月かかります。 葦で作られた島の寿命は約30年です。

Img

OLIVIA – ARTIST

Oliviaはナスカ出身の学際的なアーティストです。彼女はナスカ地域のすべての植物と花を描いて登録し、水彩画として本にまとめました。彼女の研究は、ナスカの広大な地域を自然保護区として分類するのに役立っています。

ALBERTO SEGURA – CERAMIC MASTER

Albertoは、緻密な陶芸を得意とするナスカの陶芸家で、スペイン植民地以前の文明を研究している考古学者らと緊密に協力しています。彼の古代の陶器の複製は非常に良くできているので、本物と見分けがつかないほどです。これは、彼が古代の技法に加えてナスカの人々が使用した砂、水、粘土の正確な量を発見することができたためです。

Img

ALEJANDRO FLORES – WEAVER

66歳のAlejandro Floresは、タキーレ島出身のミュージシャン兼織り手です。彼の両親から織機の使い方を教わりました。この文化遺産は、海抜4200mのチチカカ湖で何世代にも渡って継承されてきました。

Img

MAURO PALOMINO AND SON YOVANI – GUITAR MAKERS

サンパブロのChara出身のMauroには、3人の娘とひとりの息子がいて、全員、彼と一緒にギタービジネスに携わっています。何人かのペルー音楽家は彼の店のギターの愛用者です。彼は息子のYovaniが15歳の時に技術を教え始めました。中央の穴の周りにデザインされた印のロゼットは、丸一日かけて作られます。Yovaniは父親の視力が年齢とともに弱まるにつれて、今はすべてのロゼット作りを担当しています。

MRS. TORRES

Mrs. Torresはチチャ(発酵トウモロコシビール)作りのために、娘たちのトウモロコシ粒の選別を手伝っています。 発芽から試飲まで良質なチチャを作るのに約2週間かかります。

Img

SATURNINO – MINER

アレキパに住み、働いているSaturninoは、何世紀にもわたってアレキパの街の建設に使われてきたSillar stoneの採石場の採掘者です。採石場から完全なブロックを採り出すには、約1時間かかります。良い日には、彼は約12個採掘することができます。 現在、Saturninoは観光客に、採石場の歴史、Sillar stoneについて、および採掘の方法などを説明しています。

Img

Q’ESWACHAKA WORKER

Q’eswachaka橋は、アプリマック川に架かる最後のインカの時代のロープ橋です。この地域の住民は、毎年橋で作業することにより、古代の伝統と技を継承しています。橋の架け替えは彼らの祖先と古い神話の女神パチャママを賛美して行われる地元の行事です。橋に使うロープは地元の草を原料に現場で作られます。

NILDA LUZ LICONA OJEDA & FORTUNATA LICONA OJEDA

NildaとFourtunataはそれぞれ36歳と57歳で、パン屋のAntonio Licona Tarcoの2人の娘です。 彼らはクスコ近くの村、オロペサに住み、父親のパンを販売しています。

ローマンの完璧なライティング

ライティングの達人ローマンのシンプルかつ正確な手法には、被写体の上にセットされたBroncolor Sirosに取り付けられた90x120cmソフトボックスの使用が含まれます。「難しいのは、被写体と光源の間に完璧な距離を置き、それを現場の自然光と完全にバランスさせることです。 適切な照明のコントラストを見つけるには、できるだけ正確である必要があります。H6D-100c最大のゲームチェンジャーはレンズシャッターで、追加の光源で正しく露光しながら、最大1/2000秒まで同調撮影することにより、強い自然光の映り込みを減らすことができます。」とローマンは語ります。

正直なところ、H6D-100cに完全に心を奪われています。使用してほぼ2年ですが、H6D-100cで撮影した全てのショットは私を未だに驚かせます。色は完全に写され、暗い場所でも、得るデータの量は非常に豊富で正確です。1億画素は、被写体の顔のディテールを失うことなく、広角のポートレート撮影が可能で、衣服にも信じられないほど多くのディテールを残すことができます。全身のポートレートでも生地の繊維まで確認できます。これは、実際にプリントアウトしても最高の結果を得ることができます。

ローマン・ジェハノについて

17歳の写真に魅了されたフランスのフォトグラファーローマン・ジェハノは、2008年にパリを拠点とする写真学校Gobelinsを卒業しました。ハッセルブラッド との出会いは、503CWを使った写真が授業中に紹介されたことがきっかけです。2014年、ローマンは権威あるハッセルブラッドマスターの一般部門に入賞しました。ペルーのポートレートシリーズの詳細はこちらからご覧ください

PHOTOGRAPH THE WORLD

WITH THE HIGHEST QUALITY

Related stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

inten-h6d-100c

ハッセルブラッド H6D-100C

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Sean Conboy | Capturing Architectural Grandeur with the XH Converter 0,8

Sean Conboy

壮大な建築をXHコンバーター0,8で撮影

ショーン・コンボーイは、XH コンバーター0,8で建築のテスト撮影に臨み、イギリスのウィンターガーデンズ・ブラックプールの雅なインテリアを撮影しました。X1D II 50CにXHコンバーター0,8を介して、HCD 24mmレンズを組み合わせると、非常に広角の19mmの焦点距離となり、彼は壮大な会場の全景を捉えることができました。

Cooper & Gorfer | Between These Folded Walls, Utopia

COOPER & GORFER

ユートピア - 折り畳まれた壁の間に

クーパー&ゴルファーは、ハッセルブラッド X1Dを使って、ポートレート写真と美しいコラージュ技法、そして手描きのテクスチャーを絡み合わせ、写真と絵画をブレンドして、「ユートピア - 折り畳まれた壁の間に」を作り上げました。

TOM OLDHAM | XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

TOM OLDHAM

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。