GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

アナ・ヴェロレン・ヴァン・テマートによるスタイリングと、パートナーのリープ・ヴェロレンによる円錐形と丸型の小道具が組み合わされました。これらの小道具は技術的な図面を元に設計され、中密度のファイバーボードと背景紙をレーザーカッターで切断したものです。XCD90mmとX1DII 50Cで撮影した完成画像は、中判ミラーレスカメラの色とトーンの豊かさ、および最も深いシャドーの細部を捉える機能の力を美しく示しています。

X1D II 50Cは素晴らしいです。 RAWファイルを表示すると、この本体のサイズから生み出されたとはとても信じされません!何年もの間、中判で撮影するときはいつもH5D-50Cを使用していましたが、それに比べて、X1Dはセクシーで見栄えよく、賢く、親しみやすいH5Dの“いとこ”分のような感じです。タッチスクリーンメニューシステムがいかにシンプルでアクセスしやすいか、そしてオートフォーカスの応答性がはるかに良いことが気に入りました!

これは、大判のプリントに関して、これまでで一番の私のお気に入りのカメラシステムです。このフォーマットで撮影された私の作品の90%は、ビルボードであろうと芸術作品であろうと、プリントされています。最初の数枚の画像が画面に表示されると、色、ダイナミックレンジ、解像度のディテールにいつもワクワクします。そして、これらの最初のテストプリントを見る瞬間は、もっと興奮します。

ほぼ20年前、私はレンズ付きの中古501CMを購入し、まだ大切に使っています! 私にとって、ハッセルブラッドは常にカメラシステムのロールスロイスであり、長年にわたって素晴らしい歴史と評判を誇っています。私はいつもカメラのデジタル革命を追い続けてきました。この小さなミラーレスのデジタルカメラが発売された時から、私は試してみたいと思っていました!

ギャビン・グッドマンについて

南アフリカのケープタウンで生まれ育ったギャビン・グッドマンは、生まれながらの情熱的なサーファーでイメージメーカーです。映画学校を卒業後、彼は7年間、地元の映画業界で主にテレビコマーシャルを撮影しました。どこかの時点で、ギャビンはスチールに切り替える必要性を感じ、ストーリーテリングと光とカメラの技術的知識に目を向け、新しい中判でそれらを手にすることができました。ケープタウンに拠点を置くことで、ギャビンは何年にもわたって多くの素晴らしいキャンペーンに参加する機会を得ました。最近、彼はSemblance Agencyと呼ばれる新しいベンチャーを立ち上げました。このベンチャーでは、チームがインテリアデザイナーと協力して、世界中のさまざまなデベロッパーのために写真の芸術作品を制作しています。ギャビンの作品の詳細はこちらをご覧ください。

CAPTURE THE

SHARPEST COLOURS

More Hasselblad stories

All stories
Gavin Goodman | Pleating Paper into Sculptural Headwear

GAVIN GOODMAN

折り紙から彫刻のようなヘッドウェアを生み出す

南アフリカ出身のフォトグラファー、ギャビン・グッドマンにはアフリカの伝統的なヘッドウェアをモダンかつシンプルなタッチで捉えなおしたシリーズを撮影するというビジョンを持っていました。これを実現するユニークな方法として、彼は地元の折り紙アーティストを起用し、共に繊細な一枚の紙からアフリカの伝統にインスパイアされた美しい彫刻のような作品を生み出しました。

 Tomás Karmelo Amaya | Native Love Stories

TOMÁS KARMELO AMAYA

NATIVE LOVE STORIES

北米のア=シウィ、ララムリ、ヨエメの部族の血筋を継ぐクリエーター、トマス・カルメロは作品を通して癒しと思考のきっかけを作りだすことを目的に、あらゆる表現に先祖伝来の教えを取り入れます。制作中のシリーズ、「Native Love Stories」で彼は愛、他社への献身、共同体の強さ、挑戦し続ける姿勢を含む地元の人々の輪の豊かさを描きます。

 Luka Trajkovic | Cinematic Scenes in Serbia

LUKA TRAJKOVIC

セルビアをシネマチックに捉える

偉大な映画監督や撮影監督にインスパイアされ、セルビアの写真家ルカ・トライコヴィッチはまるで映画の1シーンを切り取ったかのような作品を作り上げます。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

 マティアス・エルムスコグ | 画像品質スペシャリストによる ナミビアでのX1D IIと907Xのテスト

MATHIAS ELMESKOG

画像品質スペシャリストによる

ナミビアでのX1D IIと907Xのテスト

ハッセルブラッドの画像品質保証チームのリーダーでもある画質のスペシャリスト、マシュー・エルムスコグは絶えずハッセルブラッドのカメラを世界中の様々な場所でテストし、もっともシャープな画ともっともスムーズな色再現性を確かなものにしています。

KEN KARAGOZIAN | ロスアンゼルス メトロの30年

KEN KARAGOZIAN

ロスアンゼルス メトロの30年

一回きりのフォトセッションのため503CXを手に地下に潜ったことをきっかけにして、ケン・カーゴシアンはロスアンゼルス地下鉄の誕生からの30年を記録し続けることになりました。