トシ オク

最高のパフォーマンスを発揮するためのマシン

コマーシャルフォトグラファーのトシ オク氏は、写真と映像を通じて、ラグジュアリーなクルマに命を吹き込み、アートとして完成させました。彼の作品は、世界の著名な自動車メーカーらのエンジニアリングとデザインの才能を完璧に表現しています。地上最速記録更新のチャレンジの最中にKoenigsegg Agera RS(ケニーセグ アーゲラRS)を撮るオファーに、トシは飛びつきました。彼の選んだカメラは?ハッセルブラッドH6D-100cです。

Agera RSは時速0〜400kmをわずか24秒で加速し、平均時速445kmを突破して、世界で最も速いクルマの1台になりました。記録への挑戦は、ネバダ砂漠の約17キロにおよぶ直線の高速道路で行われました。彼の仕事はただ一つ、「信じられないほどのスピードの何かを捉える」ことでした。

SHUTTER SPEED: 1/350 SEC
APERTURE: F/8
FOCAL LENGTH: 35MM (HCD 35-90)
ISO:64

Img

風景や自動車を中心に活躍する経験豊富なフォトグラファーとして、この仕事は彼の得意な分野でした。Agera RSは、直線で走る際、パワーとダウンフォースの比率を最適化するように特別に設計されています。時速320km超えの走行中に発生する巨大な圧力に耐えるために、ユニークなフロントスプリッター、エアベント、そしてリアウィングが備わっています。これらの重要な装備により、空気がAgera RSの周りを最大限の効率で流れるだけでなく、加速時にクルマの前部が浮いてしまうことを防ぎます。さらに、それらの装備はクルマを美しい被写体にするのにも役立ちます。

トシは、このプロジェクトで、ハッセルブラッド H6D-100cHCD 4-5.6/35-90mmHCD 4/28の2つのレンズを使用しました。彼は、これらのレンズが理想的だった理由を、次のように述べています。「すべてのスイートスポットにヒットするズームレンズの能力は素晴らしいものでした。また、28mmは驚くべきレンズです。シャープでありながら広角をカバーし、このようなプロジェクトを撮影するのに最適でした。」

私はこの撮影をコマーシャルなクルマの撮影というよりも、ファインアートプロジェクトとしてアプローチしたかったのです。広角レンズを使うことで、構図の自由度が増しました。 H6D-100cで得られるディテールを活用することで、自分がイメージする写真をフレーム全体で撮影し、後で品質の低下を心配することなく、画像をトリミングして再構成することも可能です。」

ハッセルブラッドH6D-100cカメラ本体に組み込まれるすべてのセンサーは、個別にキャリブレーションおよびテストされており、最適な画像品質が得ることができ、精巧に作られたKoenigsegg Agera RSなどの繊細な製品を撮影するのに最適なカメラです。Koenigseggでの撮影経験を振り返って、彼は言いました。「フォトグラファーとカメラの関係と、ドライバーとクルマの関係は、本当に似ていると感じました。両者とも完璧にチューニングされた機械のように、完全に連携して結果を出す必要があるからです。」

SHUTTER SPEED: 1/500 SEC
APERTURE: F/11
FOCAL LENGTH: 28MM (HCD 28)
ISO:100

Experience the power of

the H6D-100c

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。