TOM OLDHAM

XCD 45Pとストリートポートレートの静かな撮影に臨む

ハッセルブラッドHシステムを愛用するフォトグラファー、トム・オールドハムは世界最軽量の中判デジタル用オートフォーカスレンズ、XCD 45Pを世界で最初に試すフォトグラファーの一人として、冬のロンドンの鈍い光の下、撮影を行いました。このレンズのコンパクトさと無音に近い作動は、X1D IIとの組み合わせでストリートポートレートを撮影するのに最適で、撮影者と被写体の間のカメラの存在感を最小限にします。

BEHIND THE SCENES WITH Tom Oldham

私は普段はHシステムを使用しているので、ハッセルブラッドの品質の高さは熟知していますが、このレンズはハッセルブラッドの名声に相応しい品質の高さを備えています。この撮影を行ったのは冬の鈍く、最も灰色でフラットな光の日でしたが、それでも結果として得られた画像は活き活きとしていました。

ダイナミックレンジの広いデータはとても活用し甲斐があり、開放絞りの浅い被写界深度でピントを合わせ、すべての機会を逃さず撮影するというのは難しい挑戦であったにも関わらず、得られた結果は非常に満足いくものでした。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton
Behind the scenes with Tom Oldham
© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pの動作音はとても小さく、ほとんど気になりませんでした。これは撮影者と被写体の一体感を高める、このレンズの長所だと思います。

© Tom Oldham
Model: Webster
© Tom Oldham
Model: Webster
© Tom Oldham
Model: Webster

ウェブスターは最近私がよく被写体にしている素晴らしいダンサーで、これまでずっとスタジオで撮影していましたが、今回はより作り込まれていない、ロケ撮影ではどのような表情が得られるか試したいと思いました。結果として、ウェブスターはわたしの期待をさらに超え、撮影を行ったショーディッチの街中で撮影のため様々なポーズをとる姿はまさに華々しいものでした。このレンズの素早い反応は撮影の流れを途切れさせることなく、凍えるようなロンドンの冬の撮影を簡単にしてくれました。

ハリーはピーキー・ブラインダーズとの仕事で有名な俳優で、ウェブスターとは正反対のルックとスタイルを持っているので、同じようなライティングの環境で撮影をし、比較するのはこのレンズにとって良いテストになると思いました。私たちは東ロンドンのスミスフィールドの街並みを歩きながら、彼の雰囲気にあうポートレートを撮りました。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pにより、私は長らく実践していなかったもう一つの撮影スタイルを再び作り上げ、様々なアイデアやワークフローを試すことができました。これは一つの撮影スタイルに慣れ親しんだフォトグラファーにとっても健全なことです。このレンズがXCDレンズのラインナップの中で確固たる位置を占め、人気が出ることは疑いようがありません。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

トム・オールドハムについて

英国出身のフォトグラファー、トム・オールドハムは世界中のあらゆる才能を写真に収めてきました。21歳という旬の年齢にして自分の才能を見つけ出したトムの代表作としては、アイスランドのクロスフィット選手を撮った「Eldmodur」、彼の最大の成功作である「The Herder Boys of Lesotho」、1時間に1枚だけポートレートを撮りながら40時間連続撮影で制作した「The Longest Day」などがあります。彼の作品は@tommyophotoで見ることができます。

あらゆるアドベンチャーのための優れた軽量性

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

inten-h6d-100c

ハッセルブラッド H6D-100C

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Sean Conboy | Capturing Architectural Grandeur with the XH Converter 0,8

Sean Conboy

壮大な建築をXHコンバーター0,8で撮影

ショーン・コンボーイは、XH コンバーター0,8で建築のテスト撮影に臨み、イギリスのウィンターガーデンズ・ブラックプールの雅なインテリアを撮影しました。X1D II 50CにXHコンバーター0,8を介して、HCD 24mmレンズを組み合わせると、非常に広角の19mmの焦点距離となり、彼は壮大な会場の全景を捉えることができました。

Cooper & Gorfer | Between These Folded Walls, Utopia

COOPER & GORFER

ユートピア - 折り畳まれた壁の間に

クーパー&ゴルファーは、ハッセルブラッド X1Dを使って、ポートレート写真と美しいコラージュ技法、そして手描きのテクスチャーを絡み合わせ、写真と絵画をブレンドして、「ユートピア - 折り畳まれた壁の間に」を作り上げました。

TOM OLDHAM | XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

TOM OLDHAM

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。