Pål Hansen

アリシア・ヴィキャンデル, キット・ハリントンら、ハッセルブラッドで捉えたハリウッドスター達


ノルウェーの写真家ポール・ハンセンは、俳優、ミュージシャン、およびアリシア・ヴィキャンデル, キット・ハリントン, ニコール・キッドマン, コートニー・ラブ, ジャッキー・チェンなどの多くのセレブリティや著名人を撮影しています。誰もがカメラの前で安心できるという彼の評判によって、これらのスター達を撮影する際の彼独自のユニークなエピソードを数多く持っています。

Camera: H6D-50c

キット・ハリントン

キット・ハリントンの撮影は、エミー賞のために行われました。場所は私が用意するよう依頼され、雑誌のために表紙と7ページ分の特集の写真を撮影しようとしていました。 人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)」の俳優は、口ひげを生やし、ロンドンのウエストエンドでの演劇に出演している最中でした。それはGOTのジョン・スノウ役の長い髪を乱した姿とはまったく異なるルックスでしたが、70年代のBurt Reynoldsの雰囲気が少しあり、彼にぴったりでした。または、キットがあごを下に引き、上唇を締めて言ったように“Borat”に似ています。彼は仕事がしやすく、スムーズに撮影できました。贅沢なロケーションハウスでの3時間で、多くの撮影をこなすことができました。

Camera: H5D

アリシア・ヴィキャンデル

映画Danish Girl(邦題:リリーのすべて)の宣伝のために、ロンドンにいたスウェーデンの女優をホテルの一室で撮影しました。彼女は、一日中インタビューを受けた後にもかかわらず、とてもエネルギッシュだったことを覚えています。オスカーにノミネートされたことに戸惑うこともなく、彼女はスカンジナビア人らしく、リラックスした態度でした。彼女はエフォートレスに美しく、落ち着いていてクールでした。私たちはたったの20分で、オブザーバー・ニュー・レビューのために表紙とインサイドショットを撮影しました。背景は、ホテルの部屋のように見えず、よりすっきりとしたイメージ作りに役立ちました。そして、私の大好きな写真家アーヴィング・ペンと同じように、私はコーナーを使った遠近法を気に入っています。

Camera: H4D

ジャッキー・チェン

オブザーバー・マガジンの撮影で、コリンシア・ホテルでジャッキー・チェンを撮影しました。私はジャッキーの優れた身体能力を表現したく、彼を椅子の上に持ち上げるというアイデアを思いつきました。それから周りを見回して、キャンドルを見つけ、彼の下に置きました。キャンドルは追加の要素を写真にもたらすことができると思いました。そして幸運なことに、セットで映える白いズボンにジャッキーも履き替えました。ジャッキーは伝説です。彼は60歳にもかかわらず、私がまだできない動きをすることができます。彼がこのショットで行ったリフトはその中の一つです。

Camera: H6D

ジェフ・ゴールドブラム

ジェフはおそらくこの惑星で最もスタイリッシュな人の中の一人です。彼はとてもクールなので、良いショットが撮れないことはありません。このショットは、オブザーバー・マガジンのためのジェフとジェイ・レイナーとの撮影時に撮れたバックショットです。ジェフは最近ジャズアルバムをリリースし、彼らは音楽とジャズについてずっと話し合っていました!撮影の最後に、自分とジェフの二人きりの時間を5分間とることができました。私はジェフとの撮影用に赤い背景を準備していました。ジェフについて言えることは、彼は動きをリードし、かつその笑顔で、ポーズのルールブックを書き換えることができるという点です。彼の動きは他の誰かには間違っているように見えますが、彼は信念を持ってやっているので、とてもクールに見えます! ジャズのクール・キャットという言葉はジェフのような人々のために作られたのです!

Camera: H4D

ダニエル・ラドクリフ

この撮影はフューチャー・フィルム・マガジンのために行われました。私はある古い学校のような邸宅を見つけました。しかし、家の中に入ってみると、ほこりに覆われ、まるで住人の男がパジャマを着てまだ歩き回っているような気配があり、住み慣れすぎた家だとわかりました。画像編集者が冷蔵庫を開けると、賞味期限が6か月も過ぎた牛乳の悪臭が家全体を襲いました。しかし、ダニエルはこの予測不可能だった家の様子について私たちと笑い合いました。ダニエルのこのショットは、家の中で唯一壁紙が剥がれていない無地の壁の前で撮影された、シンプルなショットの1つです。

Camera: H4D

ダニー・デヴィート

ダニーを、もしあなたが好きではないなら、(彼ではなく)あなたが何か間違っていると言える人のうちの一人です。 80年代の素晴らしいテレビシリーズや映画の多くに出演していたダニーを覚えています。彼の人気は過去10年間で再び高まっています。この撮影にはいくつかのアイデアがありました。1つは、靴下を片手に裸足の片足で立ってもらうことでした。 ダニーは、世界中のさまざまな場所で裸足の写真を撮ってInstagramに載せています。)しかし、撮影が3/4に差し掛かった時、レンズを通してこの角度が自然の成り行きで現れました。195㎝の男と147㎝の男の偶然の幸せな出会いです。

Camera: H4D

コートニー・ラブ

私は、サンデー・タイムス・マガジンのためにコートニー・ラブを撮影したセットを覚えています。コートニーが隣接するメークアップルームに座っている間、アシスタントと私はスタジオで照明と背景を準備していました。私のプレイリストはステレオで再生されていて、リトル・ロイのCome As You Are(レゲエバージョン)がかかりました。アシスタントと私はパニックになった顔を見合わせ、彼に曲を消すようサインを送りました。早く!彼は駆け出し、急いで曲をスキップしました。そして我々は何のダメージもなく、難を逃れたと思っていました。

30分後、コートニーはスタジオに現れ、撮影が始まりました。私は4つのセットを念頭に置いていました。彼女に話しかけて指示を出していたのですが、何も返ってこないような気がしました。2番目のセットに進むのが最善だと思い、そうしたときに、彼女に「聞きたい曲はありますか?」と尋ねました。彼女は「レゲエじゃない!!」と答えました。私は笑って、アシスタントにボブ・ディランをかけるように言ったところ、撮影は完全に変わりました。コートニーはどういうわけか生き返ったのです。彼女は部屋の中を動き回り、スピーカーから流れるフォーク調の曲に合わせて踊り始めました。それから私は背景とセットアップを忘れて、彼女と一緒に移動することにしました。それからの20〜30分は、コートニーと私と私のカメラの間のダンスになりました。最後に、緊張したエネルギーが放電された後、安全のためにコートニーの構図のショットを撮影しました。そして彼女は、濃い口紅のついたコーヒーカップだけを残し、スタジオを去りました。

Camera: H6D

ニコール・キッドマン

このニコールとの撮影は、寒い冬の午後にロンドンのホテルで、たった3分で行われました!ニコールは側近の人々と一緒に小さなホテルの部屋に入りました。彼女はひどい風邪をひいていたのですが、見た目にはわかりませんでした。彼女の側近たちは全員、私の肩越しに私がやっていることに問題がないかどうかを見ていました。撮影中に自然な表情を引き出すために会話しようとしましたが、ニコールは役柄の彼女が何を与えたいのかわかっていました。彼女はどの表情でも崩さず、自分の役を100%コントロールしていて、まだ撮影が進んでいるように感じさせるのに十分なものを与えてくれました。3分後、ニコールと彼女のチームは去りました。そして100メートル短距離走に相当する撮影は終わりました!

私は今でもいくつかの個人プロジェクトでアナログのハッセルブラッドカメラを使用していますが、デジタルのハッセルブラッドは2010年以来ずっと私の頼りになるカメラです。今、ハッセルブラッドH6D-50cですべての仕事を撮影しています。ハッセルブラッドのカメラ(アナログとデジタルの両方)の光学系と最終的な画像品質は格別です。 私が使用した他のどのカメラも、ハッセルブラッドから得た画像より優れた物を提供することはできませんでした。

ポール・ハンセンについて

ノルウェーのノッティンガム・トレント大学で写真を学んだノルウェーの写真家ポール・ハンセンは、ファッションまたはルポルタージュフォトグラファーになることを考えていましたが、キューバのラスタスでの彼の大学最後の年のプロジェクトで、最終的にポートレートに情熱を注ぎました。ロンドンでのインターン後、彼は口蹄疫の影響を受けた人々を撮影するために英国を旅しました。その写真と引用は、テレグラフ・マガジンに7ページにわたって見開きで紹介されました。これが転機となり、それから、彼は幅広い仕事を請け負うようになりました。その後、数々の著名な出版社のセレブリティの撮影だけでなく、時には社会問題をテーマにした個人的なプロジェクトにも取り組み続けました。彼の作品は多くの賞の最終選考に残っており、ナショナル・ポートレート・ギャラリーアーカイブにもいくつかのポートレートが保存されています。彼の写真を取り上げたメディアの一部を挙げると、タイムマガジン、ブリティッシュ・ヴォーグ、オブザーバー・マガジン、ガーディアンなどです。彼の作品の詳細は、彼のウェブサイトまたは@pal_hansenをご覧ください。


4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more

Ole Marius Joergensen

セールスマンを主人公とした優雅な小作品

一昔前を象徴するセールスマンは、オレ・マリウス・ヨーゲンセンのシリーズ「Vignettes of a Salesman」の中心的存在です。 オレは、ノルウェーの風景を背景に鮮やかな映画のような照明を使用して、この物語を紡ぎました。

Read more

Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more