HASSELBLAD’S HOME

ここではブランドの核をより詳しくお伝えするため、スウェーデンのヨーテボリにあるハッセルブラッド本社の舞台裏をご紹介します。中判カメラの開発の背後にある私たちの考えやプロセス、そしてスカンジナビアのデザインとクラフトマンシップが息づいた製品を世界中のクリエイターの方々に提供する私たちの社是を支える哲学について、デザイナーやエンジニアの声をお届けします。

HASSELBLAD’S HOME

EPISODE 2: THE X SYSTEM’S ERGONOMICS, MATERIALS

AND HASSELBLAD USER INTERFACE

Xシステムのデザインの美しさの核心にある要素は、形態と機能のシームレスな融合です。

ゴールは一日中続いた撮影の後でも手の中で心地よく感じられるカメラを実現することでした。

Xシステムの開発を通して もっとも多くの変更が加えられたのが グリップでした。最低でも10から15種の3Dプリントされた試作モデルがありました。心地よさとしっかりした握り心地の両立は最優先の課題でした。さらに、あらゆる手の大きさにフィットさせたいとも考えていたため、設計プロセスはさらに複雑になりました。

グリップに刻まれた模様も繰り返し見直された上で、素材を選定しました。発汗を念頭に置き、温暖な場所でグリップの滑りやすさや、擦れた素材による汚れの対策を行いました。例えば、レザーのグリップも試しましたが、これは滑りやすく、シリコンは簡単に埃を集めてしまうため、最終的に特別なラバーによって理想的な滑らないグリップが完成しました。

HASSELBLAD USER INTERFACE

Just as the X1D’s exterior is kept simple, the Hasselblad User Interface, or HUI, follows this same train of thought with inspiration taken from the simplicity and ease of use of smart phone and touch screen systems.

X SYSTEM MATERIALS

The sleekness of the X System was enhanced by the material choice of machined aluminium. As aluminium is a very robust yet lightweight material, it was a perfect choice for keeping the camera’s temperatures cool and to be able to travel with. Aluminium is much better than, titanium for example, when it comes to transferring heat from the camera’s electronics. As well, it allows for freedom of shape – you can make almost any shape in the machining process and it’s easier to manufacture compared to other metals with the bonus that you can make late modifications to the parts.

WATCH ALL HASSELBLAD’S HOME EPISODES