ハッセルブラッド宇宙への挑戦

小さな一歩、大きな飛躍

宇宙探査は人類史上において最も偉大な業績のひとつです。そして、宇宙で撮影された写真ほど求心力があり、感動的で、世界中で広く知られた画像はないのではないでしょうか。それらの画像は、わたしたちが住む世界と、それを取り巻く環境についての視点をかえるそれらの写真は、ハッセルブラッドのカメラによって撮影されました。

40年に渡り宇宙で撮影された写真がわたしたちに新しい世界観を与えてきたことは誰も否定しないでしょう。さらには宇宙で撮影された写真によって基本的な科学の法則が変わることもありませんでした。ケプラー、ニュートン、あるいはアインシュタインの考えが、地球からはるか彼方で撮影された写真によってかすんでしまうこともありませんでした。それでも、宇宙空間からの写真は、わたしたちの居る銀河系の小さな場所について、それまでわたしたちが持っていた知識にさらに新たな側面をもたらしました。これらの写真は、宇宙とその一部であるわたしたち自身に対する見方を変えました。これらの写真を通じ、自分たちがいかに小さな存在であるか、また同時にいかに大きな存在であるかを気づかせ、そして人類としての一体感を感じさせたのです。

宇宙で撮影された写真により、以前は一部の専門家たちだけが知り得た情報を、多くの人々が一瞬にして理解できるようになりました。それは、予備知識も、文字を読む必要もなく、だれでも平等に写真を見ることで理解できたのです。

これらの写真は、直感的に、そして瞬間的に観るものに訴えます。例えば、地球の写真を見たとき、暗い空間に浮かぶ青緑色の宝石のような地球、そしてその驚くほど薄い大気の層に気づき、さらにこの惑星の全体を見たときに、地球とはとても繊細で小さくみえることに感嘆するのです。

この写真は、気象学や物理学といった専門知識を必要としません。また、生態系やその動向に関する深い知識も必要もありません。写真によって、私たちは直感的に自分たちの惑星が脆いもので、守らなければならない存在であることを理解するのです。

宇宙から写真が持ち帰られるようになった50年という歳月のあいだに、科学者や専門家たちは、地球周辺の天体に関する知識を深めたことはいうまでもありません。また、わたしたちの暮らすこの惑星に対する情報や知識は今も日々増え続けています。例えば今日では衛星写真を通じて当たり前のように、地球の資源、環境変動、および気象状況に関するマッピングを行っています。

ヴィクター・ハッセルブラッドがその有名なカメラを開発したスウェーデンの西海岸で、詩的とも言える類似性を見出すことができます。その風雨にさらされたスウェーデンの群島の岩には、人類が進化の過程にあった別の時代の絵が残されています。これらの岩絵は、それよりも前に作られたヨーロッパの洞窟壁画と同様に、また、現代の宇宙の画像と同様に、ある種のメッセージをもたらしました。それらの岩絵も、考えや感情、情報を伝えるために描かれたのです。

それらのメッセージを正しく解釈できるか、何を伝えようとしているのか理解するかは、わたしたち次第です。そしてまた、宇宙の画像から何を受け取るかも、わたしたち次第です。

はじまり

今から40年以上前に、当時まだ無名であったウォルター・シラーがヒューストンのカメラ店でハッセルブラッド500Cを購入しました。そのカメラは、Planar 80mm f/2.8レンズを装着した標準的なコンシューマーモデルでした。シラーは当時、最も優秀なパイロットの1人として、将来を嘱望されていたNASAの宇宙飛行士でした。新たに購入したそのカメラで宇宙の写真を撮影しようと考えた彼は、カメラ本体からレザーレット部分を剥がし、反射を最小限に抑えるために金属面を黒く塗装しました。1962年10月に彼がマーキュリー計画でロケットに搭乗したとき、彼はそのハッセルブラッドのカメラを携行しました。宇宙に出た彼は、目の前に広がった、驚嘆と畏敬の念を抱かせる神秘的な美しさを写真に記録しました。彼は、ハッセルブラッドのコンシューマーモデルを使ってはじめて宇宙の写真を撮影したのです。こうして、ハッセルブラッドとフォトグラフィーの歴史に新たな1ページが刻まれ、巨大なアメリカ宇宙機関とスウェーデンの小さなカメラメーカーとの長く緊密で、互恵的な協力関係が始まったのです。

興味深いのは、宇宙飛行士ウォルター・シラーがそのハッセルブラッドのカメラを初めて携えて宇宙に飛び立ったとき、ミッションのために特注で作られたわけではないそのカメラが、船内に持ち込まれた唯一のカメラだったということです。ただひとつの変更点は、カメラから余分な装備を取り外したことでした。これまで誰も目にしたことのない光景を撮影するために、宇宙というまったく未知の環境へと送り込まれることとなったそのカメラは、標準のレンズとフィルムマガジンを装着していました。地球に帰還した際、カメラの技術的性能はヴィクター・ハッセルブラッドが想像していた通り完璧な性能を発揮していました。NASAはそれまで、写真によって宇宙を記録することをあまり重要視していなかったのか、注力していませんでした。しかし、シラーが地球に持ち帰った写真のクオリティを目にし、そのプロジェクトにおいてこのような画像がどれほど重要であったかが明白になりました。

NASAの写真部門は急速に成長し、写真技術者、現像技術者、およびアメリカの写真解説において第一線で活躍する人たちが集まりました。また、さまざまな理由から、宇宙の写真に関心を持つ幅広い多様な機関の間で関係が築かれることになりました。NASAと、このスウェーデンのカメラメーカーの関係も広がり、ハッセルブラッドは、より宇宙での撮影に適したカメラにするため、構造とレンズをさまざまに検証し、精緻化と改良を重ねました。例えば、NASAでは以前から、総重量からあらゆる過剰分を省き最小限の重量に抑えるように決められていましたが、これにより、宇宙船に載せるハッセルブラッドのカメラもできる限りの軽量化と効率化が余儀なくされました。しかしそれによって、ハッセルブラッドのクオリティが損なわれることはありませんでした。

宇宙で使用するための厳しい要求に適合した数々のカメラモデルが実用化され、宇宙飛行士たちが黒い箱型のハッセルブラッドのカメラで撮影した画像は多くの人が目にすることとなりました。彼らが写した瞬間は、感動的なだけでなく、歴史的に重要な意味を持っています。例えば、1964年のジェミニ4号のミッションでは、アメリカ人初の宇宙遊泳が行われましたが、ジェームズ・A・マクディヴィットはハッセルブラッドのカメラを手に、宇宙遊泳をする仲間のエドワード・H・ホワイトを写真に収めました。これらの写真は、すぐに世界中の主要な雑誌に発表されています。

ハッセルブラッドのカメラが実現した写真の明瞭さには誰もが驚きました。しかし、宇宙飛行での利用を想定された場合、カメラに要求される信頼性がどれほど厳しいものであったのかまでは、あまり知られていないのではないでしょう。カメラは、太陽光の中では120℃を超え、日陰ではマイナス65℃という最も過酷な条件下で完璧な性能を発揮しなければなりませんでした。もちろん重力はなく、計り知れない未知の影響が懸念されました。それでもカメラは、一貫した性能を保ち機能しなければなりませんでした。宇宙で撮影されたすべての写真は歴史上貴重なものであり、二度と撮影することができないような千載一遇の好機を逃さず撮影されたものでした。その後も、ハッセルブラッドはさまざまなカメラで、何度もこの挑戦に立ち向かってきたのです。

1966年には、カールツァイスのBiogon 38mm ƒ/4.5レンズを装着したハッセルブラッドSWCがジェミニ9号で初めて使用されました。1968年12月、人類初の月周回飛行を10周したアポロ8号にハッセルブラッド500ELが搭載され、宇宙空間でのデビューを飾りました。アポロ11号が月面に着陸し、人類が初めて地球以外の場所に降り立つという、人類の長いあいだの夢が実現したとき、そこにはハッセルブラッドのカメラがありました。このミッションでは、レゾー・プレートが組み込まれ、カールツァイスのBiogon 60mm ƒ/5.6レンズを装着したハッセルブラッドの500ELデータカメラが選ばれました。月からの帰還には、重量上の問題で、持ち帰ることができるものに極めて特殊な制限があり、ミッションを完了すると、全部で13台のカメラが負担になると判断され、月に残されることになり、貴重な画像を収めたフィルムマガジンのみが持ち帰られたのです。そのミッションで撮影された静止画像は、動画で撮影された映像よりも広く知られています。漆黒の宇宙空間に浮かぶ一人の男、月から見た「地球の出」、人類が初めて月面に降り立ったときの印象的な足跡など、これらのミッションで撮影された貴重な画像は無数に残されています。宇宙で撮影された写真には、まさに人類の歴史が作られる瞬間をとらえられています。

これら貴重な写真には、そこに写された画像自体の重要性と、それらの画像をとらえたハッセルブラッドカメラの性能の高さを同時に物語ります。

限界を超えて

宇宙でのミッションに初めて使用されて以来、ハッセルブラッドのカメラは長期にわたりNASAが行う有人宇宙飛行計画に採用されてきましたが、その間にも、宇宙探査機や宇宙計画、および乗組員について多くの変化がありました。1980年代には、スペースシャトル計画によって宇宙飛行があまり珍しい出来事ではなくなってきました。シャトルでの環境は、以前のそれより過酷ではなくなったため、乗組員の体にかかる負荷も軽減され、一般の人でも宇宙に行けるようになりました。宇宙船と宇宙飛行士が新しくなっても、ハッセルブラッドのカメラはいつも同行し、写真を撮り続け、人類の歴史をありのままにとらえてきました。そして宇宙飛行の条件がより「ユーザーフレンドリー」になる一方、宇宙用カメラに求められる条件はより厳しくなっていきました。

ハッセルブラッドのカメラは、どの宇宙飛行においてもこの厳しい要求を満たし、それぞれのミッションでは平均1500枚から2000枚もの写真が撮影されました。アポロ計画のとき、月面で作業する宇宙飛行士の印象的な写真がその時代を特徴付けたように、80年代に撮影された再使用型の宇宙船の中や、その周りで作業する宇宙飛行士たちを鮮明に写した写真の数々は、わたしたちの宇宙に対する継続的な探査を捉えます。そして、ハッセルブラッドも、更なる宇宙飛行へと目を向けています。

宇宙飛行に立ちはだかる障壁は次第に取り払われてきましたが、それは物理的なものばかりではありません。人類が初めて宇宙開発に乗り出したころ、宇宙飛行士個々の資質はこれ以上にない程、高い水準が求められました。未知の宇宙空間に挑戦することができたのは、選ばれたごく少数の者だけでした。その選ばれた優秀な若者のひとりで作家のトム・ウルフの言葉を借りれば、宇宙飛行士としての「The Right Stuff」を備えた者の1人に、宇宙飛行士ジョン・グレンがいました。グレンは、1962年2月にフレンドシップ7号に乗り最初の宇宙飛行を行い、NASAを辞した後は政界に進み、アメリカの上院議員として尊敬を集めました。

そして1998年、77歳だったジョン・グレンは再び未知なる旅に出たのです。彼と6人の仲間の宇宙飛行士たちは、スペースシャトルのディスカバリー号に搭乗しフロリダ州ケープカナベラルから宇宙へと旅立ちました。初めてミッションを遂げてから36年経って再び宇宙へと旅立ったことは、彼を真のアメリカンヒーローにしただけでなく、宇宙飛行の最年長記録にもなりました。

高度345マイルを飛行するディスカバリー号の中では、83種類に及ぶ実験が行われました。1962年10月以降のアメリカのすべての有人宇宙飛行計画と同様に、ハッセルブラッドのカメラにより記録写真が撮影されました。スペースシャトルには、全部でハッセルブラッド553ELSカメラ5台に70mmマガジン約50個、カールツァイス社製の50mmから250mmの各種レンズ、そして、宇宙での使用を目的として開発されたRM2リフレックスビューファインダーが積まれました。宇宙に持ち出されたカメラと地上での使用を目的としたカメラには、当然いくつかの違いがありました。これらの違いとして、TTLフラッシュ機能が取り外されたこと、真空で蒸発する従来の潤滑剤を低摩擦の材料と交換したことが挙げられます。また、レザーレットのカバーも、金属プレートに取り替えられました。

カメラの進化は双方向に作用します。例えば553ELSは、NASAとの共同開発により、各ミッションから得た成果を反映させた良い例です。553ELSは、通常の小売店で一般消費者向けに長く販売されていた553ELXモデルの宇宙用バージョンです。ミラー操作の耐久性と信頼性の向上のため、ミラー機構を改良するなど、いくつかの主要な機能と改良点をこのモデルでは採用しました。

偉大なる未知の世界へ

ハッセルブラッドは40年以上にわたり、NASAの宇宙計画にカメラ機器を提供してきました。地上のフォトグラファーを満足させるために作られたカメラにとって、それは決して小さな功績ではありません。

NASAが宇宙飛行士たちに課した要求は、今では現代の神話のようになっています。そしてこれらの要求を満たした者たちは、生きた伝説となりました。その宇宙飛行士たちが手にしたカメラについても同じことが言えるでしょう。NASAとその宇宙飛行士たちは、絶対的に高いクオリティを備え、想像しうる最も過酷な条件の下でも動作するカメラ、そして撮影する画像の偉大さと重要性を十分に表現できるカメラを求めていたのです。彼らは、まさに自分たちの求めていたものを手にしました。

それはNASAとハッセルブラッドの長年にわたる共同開発が物語っています。ハッセルブラッドのカメラが「The Right Stuff」でなければ、このように長いあいだ宇宙でのミッションに採用されることはなかったでしょう。地球上ではない、宇宙のどこかで撮影された写真が、今では世界じゅうで広く発表されていますが、それは、言わば過去1世紀のあいだに成し遂げられたことによるものであり、ハッセルブラッドのカメラで撮影されたものでもあるのです。「母なる地球」の環境に関する記事、また、企業の国際的な事業の広告、あるいはグローバルな視点の提案に、宇宙から撮影した地球の写真が今までにどのくらい使われたのかは数えきれません。このような画像は、わたしたちにとって共通の言葉のようなものになっています。こうした画像のおかげで、数世代前までは思いもよらなかった真実を、容易に理解することができるようになったのです。

2001年10月11日NASAはスペースシャトル、ディスカバリー号を打ち上げました。このときの最大のミッションは、太陽系より遠い場所への飛行の基地として設置される、国際宇宙ステーションの組み立てでした。これまでと同じように、宇宙飛行士たちはハッセルブラッドのカメラを使用して写真による記録を行いました。

また、このミッションでは、新しいハッセルブラッドの宇宙用カメラが導入されました。この新しいカメラは、標準の203FEモデルをベースにしたフォーカルプレーンシャッターカメラで、特別に改良したワインダーCWが装備されていました。フィルムマガジンは、70mmのパーフォレーションフィルムを使用し、フィルムのコマの端に沿って、データが刻印され、それぞれ、時刻と写真番号を記録することができました。宇宙船内に搭載されたコンピュータがシャトルの位置を完全に管理し、そのため、地球に対してどの位置から撮影した写真なのかが容易かつ正確に分かりました。

宇宙船外の真空条件に対応するため、何種類かのカメラは必然的に改良されただけでなく、材料、潤滑剤、および信頼性に関する特別な要求もありました。さらに、操作と機能においてNASAの特殊な要望を満たすため、カメラの電子系統も変更されました。レンズも、宇宙空間にあわせ再構成され、 フォーカスリングと絞りリングには大型のつまみを取り付け、宇宙飛行士たちが無重力の中、大きな手袋をつけた状態でも簡単に操作ができるよう改良されました。

カメラになされたこれらの「宇宙での使用に備えた改良」は、歴史から学ぶことで、この地球上でも役立てることができるでしょう。

そして今、人類は再び宇宙のはるか彼方に目を向けています。火星への有人ミッションについての話題も多く耳にするようになりました。そのミッションが実現するとき、ハッセルブラッドのカメラもそこにあることを、そして、人類にとってなお一層の歴史的価値ある一歩を画像にとらえ、地球上にいるすべての人たちがそれを目にできるようにすることがわたしたちの思いです。歴史を残し、未来を切り開くのです。

宇宙旅行が一般的になる日が来たとき、月への最初の旅行者たちは興味深い発見をするかも知れません。そこに置かれたままになっている10台以上のカメラのうちのいずれかを発見するかもしれないのですから。宇宙飛行士たちは、貴重なフィルムマガジンだけを地球に持ち帰り、カメラは月にしました。もしかすると、こうした銀河系を旅する人たちは、エメラルド色に輝く惑星を眼下に見たとき、初めて宇宙の画像を届けたカメラで、もう一度、このわたしたちの故郷の写真を撮るかもしれません。それは、誰にも分かりません。よく言われるように、未来とは無限に広がっているのです。


宇宙で使用されたカメラ

1962年10月3日にハッセルブラッドのカメラが初めて宇宙へ持ち出されて以来、わたしたちの世界とその環境の理解に役立つ貴重な写真を数多く撮影し、宇宙計画において不可欠な役割を果たしました。宇宙飛行の厳しい要求を満たすためには、さまざまな特殊な変更や改良が行われました。そして、宇宙での経験から得た知識や専門技術を、地上で使用するカメラにも応用することで、ハッセルブラッドの製品シリーズはさらなる向上を図っています。わたしたちは地球上であっても地球外であっても最高の撮影機器を提供し続けることを目指しています。