907Xスペシャルエディション

月面着陸50周年を記念して

1969年7月20日、宇宙飛行士オルドリンとアームストロングは月面着陸に成功し、人類初の足跡を月に残しました。アポロ11号はNASAと宇宙探索にとって大きな一歩となっただけでなく、ハッセルブラッドにとってもこの歴史的なミッションの記録に選ばれた記念すべき瞬間となりました。宇宙空間の猛烈な気温と無重力の中で、ハッセルブラッドのカメラはこの貴重な瞬間を完璧にとらえました。そして、地球に残された私たちはオルドリンとアームストロングが月で経験したことを見たのでした。この月への着陸という象徴的で伝説となった瞬間をとらえたカメラメーカーとして、907Xスペシャルエディションを50周年記念モデルとして発表します。

On the moon since 1969

限定版の907Xスペシャルエディションは、初めての月面着陸と、この歴史的瞬間を記録し、50年前に月面にカメラが残されたことを記念したものです。ミッションで撮影された3台のカメラは、シルバーのHasselblad Data Camera (HDC)、ブラックのHasselblad Electric Camera(HEC)、そしてもう1台のHECでした。最初のカメラは宇宙飛行士アームストロングが月面を撮るのに使い、2台目は月面着陸船の中で使われ、3台目は月軌道を回るアポロ司令船に乗った宇宙飛行士マイケル・コリンズが使いました。コリンズが使用したHECは、アポロ11号のミッションから地球に持ち帰られた3台のカメラのうちの1台でした。

907Xスペシャルエディションは、907XカメラボディとCFV II 50Cデジタルバックで構成され、マットブラックの仕上げはコリンズが使い地球に持ち帰ったHECを思い起こさせます。デジタルバックには”On the Moon Since 1969”と記され、50年前に月に残されたHDCとHECを記念しています。907XカメラボディとCFV II 50Cデジタルバックはハッセルブラッドの写真の歴史を1つにします。

907X

907Xはハッセルブラッドの中判カメラボディとして最小を誇り、重量はわずかに206g。非常に薄く軽量で、CFV II 50Cと簡単に装着できるように設計されており、大変コンパクトなカメラシステムとなります。907XをCFV II 50Cに装着すると、すべてのXCDレンズが装着できます。さらにアダプターを介して、すべてのHC / HCD、Vシステム、およびXPanレンズを含む、さまざまなハッセルブラッドレンズで撮影が可能となります。

CFV II 50C

新しくなったCFV II 50Cデジタルバックは5000万画素CMOS中判センサーを内蔵し、16bitの色深度、14ストップの非常に広いダイナミックレンジ、フルサイズのJPEG画像を記録する機能を備え、最適なパフォーマンスが得られるように個別にキャリブレーションされています。ハッセルブラッドのナチュラルカラーソリューションは、カメラのシステムに統合され、人間の目の見え方と一致した、実物に近い色調を再現します。CFV II 50Cは前モデルから人間工学的にさらに改良され、内部バッテリースロットのほか、タッチ&チルト背面ディスプレイを備え、スリムな形状となりました。CFV II 50Cはデジタルバックとしては1957年以降のほとんどのV システムカメラと互換性があり、テクニカルカメラやビューカメラとの互換性も見越しています。

5000万画素中判センサー

ハッセルブラッド ナチュラルカラー ソリューション

14ストップ ダイナミックレンジ

限定マットブラックデザイン

CFV II 50Cは、ハッセルブラッド伝統のデザインを踏襲し、オリジナルのVシステムのフィルムマガジンと同様のサイズ、レザー仕上げ、クロームエッジを特徴とする時代を超越した外観を備えます。ハッセルブラッド史上最小の中判カメラボディである907Xと組み合わせると、洗練されたコンパクトなカメラシステムとなります。CFV II 50Cと907Xは、現代の技術とハッセルブラッドのSWCカメラを彷彿とさせるクラシカルな美学を組み合わせた、ハッセルブラッドの歴史と最新の画質を組み合わせたものです。

好みのシステムを創る

CFV II 50Cデジタルバックは、1957年以降に製造されたほとんどのハッセルブラッドVシステムカメラと、テクニカルカメラに組み合わせることができ、アナログ撮影とデジタル撮影を容易に組み合わせることができます。907Xカメラボディと組み合わせると、すべてのXCDレンズでオートフォーカスと自動露出が利用可能になります。以前のCFVでは広角レンズに使用制限がありましたが、CFV II 50Cと907Xの組み合わせではXCD 21やXCD 30を含む広角レンズに対応します。この組み合わせはハッセルブラッドのSWCカメラを連想させますが、レンズ交換式であるところが大きな改善点です。XHアダプター、XVアダプター、およびXPanレンズアダプターと組み合わせると、すべてのHC / HCD、Vシステム、およびXPanレンズが使用できます。装着できるレンズの幅をさらに広げるために、907Xはサードパーティー製のアダプターやレンズを組み合わせると、さらに装着できるレンズの幅が広がります。


多様な操作ができるタッチスクリーン

CFV II 50Cの最新のチルトスクリーンは、画像再生時にスワイプによる画像送りとピンチによるズーム機能を備えた、直感的なタッチインターフェースです。60fpsの高いフレームレートにより、スムーズなライブビューを生み出します。また、高解像度のスクリーンとフォーカスピーキングを含むライブビューで、より正確なフォーカスが可能となり、特にマニュアルフォーカスのV システムカメラで有効です。

3.0” 背面タッチスクリーン

直感的なタッチディスプレイ

チルトスクリーン

スタジオでも外でも多様な接続性

CFV II 50CはハッセルブラッドのPhocusソフトウェアに対応しており、ほとんどのVシステムレンズのレンズ補正を含む優れたポストプロダクション環境を提供します。USB-Cポートでコンピューター、iPad、iPhoneと接続でき、内蔵Wi-FiでもiPadやiPhoneと接続でき、無線または有線での画像エクスポートやテザー撮影が可能です。デュアルUHS-II SDカードスロットは順次記録または同時記録が可能です。CFV II 50Cはまた、USBポートから内蔵のバッテリーの充電が可能です。

USB-C

デュアルSDカードスロット

Wi-Fi

Phocus Mobile 2によるポータブルワークフロー

Phocus Mobile 2は、ハッセルブラッドのワークフローの可能性を広げ、携帯環境での画像編集プロセスを実現します。Phocus Mobile 2はUSB-CまたはWi-Fi経由でX1D II 50Cと接続できます。iPad Proおよび最新のiPad Airをサポートしており、スピーディーで一貫したワークフローを可能にします。Phocus Mobile 2を使用すると、RAW画像のインポート、編集、レーティングをしたり、フルサイズのJPEG画像をiPadに直接インポートしたりレーティングができます。さらに、Phocus Mobile 2は、フルサイズの画像エクスポート、テザー撮影、および直接カメラをコントロールする機能をサポートしています。

Phocus Mobile 2について詳しく見る ⟶ 

907X 50C

Our legacy, Your future

詳しく見る