X1D II 50Cと907Xスペシャルエディションにファームウェア アップデート 1.3.0を リリース

2020-08-06

Tags: X1D II 50C

X1D II 50Cおよび907Xスペシャルエディションのファームウェアアップデート1.3.0は、タッチによるISOとホワイトバランスの設定、より高速な充電機能、そして907Xスペシャルエディションの新しいアクセサリーの互換性を追加し、カメラの機能がさらに強化されました。

X1D II 50Cと907Xスペシャルエディションのファームウェア アップデート 1.3.0

X1D II 50Cおよび907Xスペシャルエディションのファームウェアアップデート1.3.0は、全体的な改善と以下の新しいアップデートにより、カメラの機能がさらに強化されました。

カメラのライブビュー画面でISOおよびホワイトバランスを設定

タッチ操作で、カメラのライブビュー画面から直接、ISOおよびホワイトバランスを設定できます。

より高速なバッテリー充電

付属の充電器を使用時に、3400 mAhバッテリーの充電時間が20%短縮されました。

ファームウェア アップデート 1.3.0

907Xスペシャルエディションのみの新機能

新しいアクセサリーとの互換性

907Xスペシャルエディションと新しいアクセサリーのコントロールグリップとオプティカルビューファインダーとの互換性が追加されました。

907Xスペシャルエディションコントロールグリップ

907Xスペシャルエディションを美しく引き立てるように設計された907Xスペシャルエディション コントロールグリップは、最も重要な機能へのアクセスをフォトグラファーの指先にもたらします。ダイヤル操作による絞り、シャッタースピードなどの変更だけでなく、ジョイステックによってオートフォーカスポイントもすばやく調整でき、そのほかにボタン操作でも撮影画像の表示やメニューオプションにすばやくアクセスできます。コントロールグリップの4つのボタンはすべてカスタマイズ可能で、30の異なる機能からお好みで選択できます。コントロールグリップは、アイレベルまたはウエストレベルでの撮影やカメラの縦位置、横位置に関係なく、オールラウンドなバランスを提供し、また簡単なクリックで主要な設定の調整が可能です。907Xスペシャルエディション コントロールグリップは、寒い天候下で手袋を着用して撮影する際に、タッチスクリーンの代わりとしても有効です。

907Xスペシャルエディション オプティカルビューファインダー

ハッセルブラッドSWCビューファインダーを連想させる、アクセサリーの907Xスペシャルエディション オプティカルビューファインダー(OVF)は、アイレベルでの撮影を容易にします。コールドシューアダプターを介して907Xスペシャルエディションと簡単に取り付けることができ、広い視野角の内部にはXCD 21, 30, 45mmの画角を表すフレームとオートフォーカスや構図に参照できる中央部を表すマーキングが施されています。

関連記事