X1D-50c Firmware update 1.24.0

2020-02-03

Tags: X1D-50c

最新のファームウェアアップデートでは、いくつかの新しい機能が追加されました。

XCD 45Pレンズに対応

XCDレンズシリーズに新しく追加された XCD 45P の登場に伴い、この新レンズに対応するファームウェアアップデートがリリースされました。これによりX1D-50cはこの非常にコンパクトかつ軽量であり、光学的にも優れたレンズが使用可能になります。

A露出ブラケット撮影に2/3段ずつの設定を追加

新たに2/3段の選択肢が追加されたことにより、露出ブラケット撮影において、1/3段、1/2段、2/3段、1段、

2段または3段ずつ露出を自動で変更しながらの連続撮影が可能になりました。

フォーカスブラケット撮影
X1D-50cの機能性をさらに拡張するため、新たに追加されたフォーカスブラケット撮影の機能により、マクロ撮影や商品撮影など、深い被写界深度が重要になる場面において、被写体の異なる位置にフォーカスを合わせながら一連の撮影を行い、お好みの画像処理ソフトウェアで合成する素材として使用できます。この機能では連続撮影する枚数、1カットごとのフォーカスの移動量の他、三脚など使用時のブレを最小限にするためのシャッターディレイを設定することができます。

画像のレーティング
多くの要望にお応えし、今回のファームウェアでカメラ内での画像レーティング機能が追加され、パソコンに取り込んだ後の画像のソートやセレクトが容易になりました。カメラ内で画像を再生する際、星ボタンを押すことでレーティングを表示することができ、また画像ごとに任意の数の星を選択できます。

レーティング表示のまま左右にスワイプすることで続けて他の画像をレーティングすることもできます。カメラ内で設定されたレーティングは画像のメタデータに保存されるため、お好みの画像処理ソフトウェアで開いた際にも反映されます。

X1D II 50Cは今後のファームアップでこれらの機能に対応します。なお、XCD45Pにはすでに対応済です。

Download firmware

関連記事