Tom Oldham

XCD 45Pとストリートポートレートの静かな撮影に臨む


ハッセルブラッドHシステムを愛用するフォトグラファー、トム・オールドハムは世界最軽量の中判デジタル用オートフォーカスレンズ、XCD 45Pを世界で最初に試すフォトグラファーの一人として、冬のロンドンの鈍い光の下、撮影を行いました。このレンズのコンパクトさと無音に近い作動は、X1D IIとの組み合わせでストリートポートレートを撮影するのに最適で、撮影者と被写体の間のカメラの存在感を最小限にします。


Behind the scenes with Tom Oldham

私は普段はHシステムを使用しているので、ハッセルブラッドの品質の高さは熟知していますが、このレンズはハッセルブラッドの名声に相応しい品質の高さを備えています。この撮影を行ったのは冬の鈍く、最も灰色でフラットな光の日でしたが、それでも結果として得られた画像は活き活きとしていました。

ダイナミックレンジの広いデータはとても活用し甲斐があり、開放絞りの浅い被写界深度でピントを合わせ、すべての機会を逃さず撮影するというのは難しい挑戦であったにも関わらず、得られた結果は非常に満足いくものでした。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

Behind the scenes with Tom Oldham

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pの動作音はとても小さく、ほとんど気になりませんでした。これは撮影者と被写体の一体感を高める、このレンズの長所だと思います。

© Tom Oldham
Model: Webster

© Tom Oldham
Model: Webster

ウェブスターは最近私がよく被写体にしている素晴らしいダンサーで、これまでずっとスタジオで撮影していましたが、今回はより作り込まれていない、ロケ撮影ではどのような表情が得られるか試したいと思いました。結果として、ウェブスターはわたしの期待をさらに超え、撮影を行ったショーディッチの街中で撮影のため様々なポーズをとる姿はまさに華々しいものでした。このレンズの素早い反応は撮影の流れを途切れさせることなく、凍えるようなロンドンの冬の撮影を簡単にしてくれました。

© Tom Oldham
Model: Webster

ハリーはピーキー・ブラインダーズとの仕事で有名な俳優で、ウェブスターとは正反対のルックとスタイルを持っているので、同じようなライティングの環境で撮影をし、比較するのはこのレンズにとって良いテストになると思いました。私たちは東ロンドンのスミスフィールドの街並みを歩きながら、彼の雰囲気にあうポートレートを撮りました。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pにより、私は長らく実践していなかったもう一つの撮影スタイルを再び作り上げ、様々なアイデアやワークフローを試すことができました。これは一つの撮影スタイルに慣れ親しんだフォトグラファーにとっても健全なことです。このレンズがXCDレンズのラインナップの中で確固たる位置を占め、人気が出ることは疑いようがありません。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

トム・オールドハムについて

英国出身のフォトグラファー、トム・オールドハムは世界中のあらゆる才能を写真に収めてきました。21歳という旬の年齢にして自分の才能を見つけ出したトムの代表作としては、アイスランドのクロスフィット選手を撮った「Eldmodur」、彼の最大の成功作である「The Herder Boys of Lesotho」、1時間に1枚だけポートレートを撮りながら40時間連続撮影で制作した「The Longest Day」などがあります。彼の作品は@tommyophotoで見ることができます。


Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more

Gleeson Paulino

ブラジルの大胆な多様性

ブラジルのフォトグラファーのグリーソン・パウリーノは、新しい視点からみた現代のブラジルへと見る人を誘います。その荘厳な色のフローと絶妙な画像の並置によって、人々の感覚を刺激するグリーソンの作品シリーズは、ブラジルの人々からその景観まで、大胆な多様性の美しさを探求しています。

Read more

Brock Elbank

多様性への情熱

イギリスのフォトグラファーであるブロック・エルバンクは、ひげを生やした男性から白斑模様のある人物まで、地球上で最も美しく個性的な人々の素晴らしいポートレイトを撮影することで国際的に高い評価を得ています。

Read more

Sven Baum

X Vアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

Read more

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more