Tom Oldham

XCD 45Pとストリートポートレートの静かな撮影に臨む


ハッセルブラッドHシステムを愛用するフォトグラファー、トム・オールドハムは世界最軽量の中判デジタル用オートフォーカスレンズ、XCD 45Pを世界で最初に試すフォトグラファーの一人として、冬のロンドンの鈍い光の下、撮影を行いました。このレンズのコンパクトさと無音に近い作動は、X1D IIとの組み合わせでストリートポートレートを撮影するのに最適で、撮影者と被写体の間のカメラの存在感を最小限にします。


Behind the scenes with Tom Oldham

私は普段はHシステムを使用しているので、ハッセルブラッドの品質の高さは熟知していますが、このレンズはハッセルブラッドの名声に相応しい品質の高さを備えています。この撮影を行ったのは冬の鈍く、最も灰色でフラットな光の日でしたが、それでも結果として得られた画像は活き活きとしていました。

ダイナミックレンジの広いデータはとても活用し甲斐があり、開放絞りの浅い被写界深度でピントを合わせ、すべての機会を逃さず撮影するというのは難しい挑戦であったにも関わらず、得られた結果は非常に満足いくものでした。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

Behind the scenes with Tom Oldham

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pの動作音はとても小さく、ほとんど気になりませんでした。これは撮影者と被写体の一体感を高める、このレンズの長所だと思います。

© Tom Oldham
Model: Webster

© Tom Oldham
Model: Webster

ウェブスターは最近私がよく被写体にしている素晴らしいダンサーで、これまでずっとスタジオで撮影していましたが、今回はより作り込まれていない、ロケ撮影ではどのような表情が得られるか試したいと思いました。結果として、ウェブスターはわたしの期待をさらに超え、撮影を行ったショーディッチの街中で撮影のため様々なポーズをとる姿はまさに華々しいものでした。このレンズの素早い反応は撮影の流れを途切れさせることなく、凍えるようなロンドンの冬の撮影を簡単にしてくれました。

© Tom Oldham
Model: Webster

ハリーはピーキー・ブラインダーズとの仕事で有名な俳優で、ウェブスターとは正反対のルックとスタイルを持っているので、同じようなライティングの環境で撮影をし、比較するのはこのレンズにとって良いテストになると思いました。私たちは東ロンドンのスミスフィールドの街並みを歩きながら、彼の雰囲気にあうポートレートを撮りました。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

XCD 45Pにより、私は長らく実践していなかったもう一つの撮影スタイルを再び作り上げ、様々なアイデアやワークフローを試すことができました。これは一つの撮影スタイルに慣れ親しんだフォトグラファーにとっても健全なことです。このレンズがXCDレンズのラインナップの中で確固たる位置を占め、人気が出ることは疑いようがありません。

© Tom Oldham
Model: Harry Kirton

トム・オールドハムについて

英国出身のフォトグラファー、トム・オールドハムは世界中のあらゆる才能を写真に収めてきました。21歳という旬の年齢にして自分の才能を見つけ出したトムの代表作としては、アイスランドのクロスフィット選手を撮った「Eldmodur」、彼の最大の成功作である「The Herder Boys of Lesotho」、1時間に1枚だけポートレートを撮りながら40時間連続撮影で制作した「The Longest Day」などがあります。彼の作品は@tommyophotoで見ることができます。


Justin Mott

ベトナムへのラブレター

ベトナムを拠点とするフォトグラファーのジャスティン・モットは、今勢いに乗るプロとしての成功の多くを、個人的なプロジェクトから築きました。ジャスティンを過去10年間旅に連れ出した動機は、枯葉剤の壊滅的な被害に苦しむ犠牲者を対象としたフォトジャーナリズム研究でした。

Read more

Dino Kužnik

孤独なアメリカ西部

アメリカ西部に惹かれ、多くの写真を撮り続けているクリエイティブなスロベニア出身の写真家ディーノ・カズニックは、拠点のニューヨークで数か月間のロックダウンを経験後、コロラド、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコを横断する2週間のロードトリップに出かけました。中判フィルムでの撮影に慣れ親しんでいたディーノは、X1D II 50CとXCD 45mmおよび90mmの中判デジタルを旅の相棒に選びました。険しい砂漠の風景の自然溢れる地域をドライブしながら撮影したディーノの作品は、私たちを一昔前のアメリカへタイムスリップに連れ出します。

Read more

Tom Oldham

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。

Read more

4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more