Roger Fishman

長い牙を持つイッカク、氷山、そしてグリーンランドの絶景


グリーンランドでは、例年よりも50%ほど気温が暖かく感じ、氷河の後退を目の当たりにし、広範囲にわたって雪が溶けて、ぬかるんだ道を歩きました。地球と比べれば、私たち人間のほんのわずかな一生の行動が、次世代と地球に果てしのない影響を与えています。私たちは全員繋がっています。したがって、私たち一人一人の生活が、グリーンランドに影響を与えているのです。そして、今後グリーンランドで起こることは、最終的に私たち全員に起こります。

– ロジャー・フィッシュマン

上空からグリーンランドを撮影するためにロジャー・フィッシュマンは、島の美しい絶景を集めた作品集「Ephemeral & Eternal: Greenland」を発表しました。さまざまなアメリカの名門大学の科学者と協力し、グリーンランドの素晴らしさを写真を通じて明らかにすることで、ロジャーは一般の人々の興味を喚起し、現在の危機と地球の未来のために私たちが守らなければならないことを提議しています。

グリーンランドでの準備

2018年7月と2019年に、ロジャーは彼の素晴らしい作品を撮影するため、グリーンランドの氷が浮かぶ海の上をヘリコプターで飛びました。しかし、この旅ではまずアイスランドの首都レイキャビクからグリーンランドのクルスクまで、デンマーク海峡を越えて海上を延々4.5時間ヘリコプターで移動する必要がありました。この極端な飛行に備え、通常、油田掘削現場の労働者と沿岸で働くヘリコプターパイロットに必須で課されるヘリコプター水中避難訓練(HUET)のクラスを受講しなければいけませんでした。訓練では、海上での通常の着陸または墜落した場合に、どうやって生き延びるかを学びました。さらに飛行中には、凍った海に浸かった場合に身体全体を低体温症から保護するサバイバルスーツを着用する必要がありました。

上空からのグリーンランド

ロジャーはグリーンランドを上空から撮影することで、島の壮大な絶景を収め、世界の多くの人がこれまで見る機会がなかったその素晴らしさを表現しました。見る人を惹きつけるため、彼はヘリコプターからH6D-100c、HCD 35-90mmレンズ、スタビライザーにKenyan gyroを使って、風景と氷河を撮影する4つの方法を考案しました。ロジャーは「この手法は余分な背景を排除するので、見る人は自身の想像力と感情を使って、自らの心で写真と向き合うことになります。」と話します。理想的なショットを得るためにパイロットと相談し、タイトで鋭い円を2〜3回描いてから飛び立つプロセスを繰り返しました。

ロジャーは、写真を通じてグリーンランドの美しさをより多くの人々へ伝えることで、世論を活性化させ、多くの人がおそらくこれまで見たこともないこの素晴らしい場所に関心を寄せることを願っています。さらに環境保護を訴える政治家や政策を積極的に支援することや、サステナブルな生産ポリシーを持つ製品や企業に時間とお金を費やすことを自身の写真を通じて伝え、その考え方が広がることも期待しています。と同時にシンプルに生命と母なる大地への賛美も忘れないで欲しいと願っています。

ロジャーの写真は、アメリカのMIT、UCLA、コロンビア大学、バッファロー大学などの科学者と協力して、グリーンランドと景観の変化に関する研究に活用されました。

H6Dは、シンプルに色とディテールの点で素晴らしいです。そしてグリーンランドには、途方もない色、テクスチャー、レイヤー、そしてあらゆるタイプのデザインがあります。 H6Dを使うと、自分の感覚を没入させるビジュアルストーリーを作ることができます。まるでイッカクに触れて、一緒に探検に出かけることができるかのようです。さらに、1億画素のセンサーは15ストップという並外れたダイナミックレンジを提供し、グリーンランドが擁する幅広い美しさを捉えることができました。

ロジャー・フィッシュマンについて

アメリカ企業で長年オフィス勤務の後、冒険家であり活動家でもあるロジャー・フィッシュマンは、ついに彼の内なる真の情熱に従い、旅行と写真を仕事にすることを決めました。環境写真の撮影を中心に、空撮を通して野生生物や母なる地球の声を伝えることで、私たちの地球の未来にもっと積極的に関わる人が増えていくことを望んでいます。

彼のコレクションについて詳しくは、こちらをご覧ください


Brock Elbank

多様性への情熱

イギリスのフォトグラファーであるブロック・エルバンクは、ひげを生やした男性から白斑模様のある人物まで、地球上で最も美しく個性的な人々の素晴らしいポートレイトを撮影することで国際的に高い評価を得ています。

Read more

Sven Baum

X Vアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

Read more

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more

H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される

レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現するため、ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアを組み合わせ、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。

Read more

Stephen Sweeney

ロックダウン下の家族の肖像

ロンドン在住のフリーランスフォトグラファー、ステファン・スウィーニーはロンドンの大都会を駆け回りながらポートレートや広告写真を撮ってきました。それがこの数か月は、家にいることを強いられ、普段していることをできずに過ごしています。両親と4人の兄弟と共にロックダウンを過ごすうちに、彼はこの珍しい「ひとつ屋根の下」のシチュエーションをクリエイティブに活かし、6人の家族を美しく照らし出したポートレートを撮ることを決めました。

Read more

GÖRAN LILJEBERG

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。

Read more