Gleeson Paulino

ブラジルの大胆な多様性


新しい視点からみたブラジル

ブラジル生まれのグリーソン・パウリーノは、近年、地域社会とアマゾンの保護を含め、母国の先住民族の生活について興味を持つようになりました。アイデンティティ、文化、生態系に対する気候変動の脅威など様々なテーマを探索する彼の作品シリーズは、ブラジルの人々から景観まで、ブラジルの多様性の美しさを明らかにします。欲望、希望、憧れの地として、新しい視点からみた現代のブラジルへと見る人を誘うグリーソンは、H6D-100cで捉えた、荘厳な色のフローと絶妙な画像の並置によって、人々の感覚を刺激します。

母国への帰国

グリーソン・パウリーノは、世界でも有数の生物多様性を誇るブラジル南西部のマト・グロッソ・ド・スル州で育ちました。厳格なことで知られるブラジル福音派の家族環境で過ごし、17歳のとき、グリーソンは母国を離れ、イギリスに渡って世界規模の探検を始めました。 数年後、グリーソンは現代ブラジルで先住民族のルーツを探すことに興味を覚え、魅力的な国内のアマゾン、北東、南東、中央地域を旅するようになりました。


ブラジルの人々、土地、色彩

グリーソンはブラジルの各地域に精通しており、撮影したいスポットや、さらに深く探索したい場所まで正確にわかっていました。「まず到着すると、それぞれの場所でしか出会えない美しさやシンプルさを探し出しました。」とグリーソンは話します。 作品内の被写体のいくつかはプロジェクトの一部として事前に選ばれましたが、作品に登場するシリーズを代表する顔の大部分は、旅の途中で偶然出会った人々、つまりグリーソンの目に特別な何かが写った人々でした。グリーソンの作品は、様々な並列で美しく組み合わせられ、色が生き生きとしています。これは、プロジェクトのアート共同ディレクターであるアヌーク・ウィルツとのコラボレーションによるものです。光を暗く反転した色調と見事に調和させたシーンとは対照的に、グリーソンが描くブラジルはあたかもファインアートやファンタジーのように表現され、その多様性極まる土地にあなたを誘います。

H6D-100cで撮影されたラージフォーマットの画像は、美術作品を記録するのに最適なオプションです。解像度は素晴らしく、伝えたい特定の感情を描写するための基本の最も細かい詳細を捉えることができます。カラーの描写は見事で、レタッチはほとんど必要なく、編集作業の負荷が大幅に軽減されます。



グリーソン・パウリーノについて

ブラジルのイメージメーカーであるグリーソン・パウリーノは、サンパウロ、ロンドン、パリで写真やビデオを制作しています。片足をヨーロッパに、もう片方をラテンアメリカに置き、彼は古い世界と新しい世界の美学の両方を使って、自身の主題を組み立てます。彼のネオロマンティックなイメージは、今の幻想の中の欲望、夢、そして憧れに満ちていて、現代の真実性を示しています。彼の作品は多くのハイファッション誌に掲載され、国際的にも展示されています。 彼の作品の詳細はこちら

4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more

Ole Marius Joergensen

セールスマンを主人公とした優雅な小作品

一昔前を象徴するセールスマンは、オレ・マリウス・ヨーゲンセンのシリーズ「Vignettes of a Salesman」の中心的存在です。 オレは、ノルウェーの風景を背景に鮮やかな映画のような照明を使用して、この物語を紡ぎました。

Read more

Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more