Douglas Kirkland

マリリンとの夜、ヴィクター・ハッセルブラッドに呼び止められた日

Monroe and Kirkland, 1961
© Douglas Kirkland / Iconic Images

ダグラス・カークランドは「ハリウッドのお気に入りの写真家」と呼ばれてきました。彼はこれまでに撮られたマリリン・モンローの写真の中でも最も官能的で忘れられない一枚のシャッターを押した男でもあります。50年以上経った今でも彼の写真は、セクシーなエネルギーと共鳴しています。彼はその撮影の時の様子、部屋で彼とヌードのマリリンだけになるまでのこと、彼のハッセルブラッドが忘れられないこれらの写真を撮る準備をしていたことをまるで昨日のことのように思い出します。そしてこれは伝説的な話ですが、実はその前に、ダグラスはヴィクター・ハッセルブラッド自身と出会う機会がありました。

ヴィクターとの出会い

「それは私のキャリアおいて非常に早い段階でした。」と彼は回想します。「私はカナダで生まれ育ちましたが、写真のキャリアを本格化させるには、ニューヨークに行かなければならないと思っていました。私はニューヨークに到着して、偉大なアーヴィング・ペンのアシスタントとして就職しました。そこはカメラを学ぶための素晴らしい場所でした。」1年後、彼は雑誌ポピュラー・フォトグラフィーでいくつかの作品を出しました。彼の初仕事は、ハッセルブラッド500Cとレンズ一式をテストすることでした。「私がやろうと思った方法は、ニューヨークの夜にデパートの窓を撮影することでした。」と彼は言います。「私はそのカメラをすぐ気に入り、20代の若者として、この素晴らしいキットを使って作業する機会を楽しみ、そして、すべてうまくいっていました。すると、その日の夕暮れ時に、紳士が近づいてきて、私に向かっていくつかの質問をしました。」

「彼はカメラに大変関心を示し、私がカメラついて何を考えているのか知りたがり、興味深く聞いてきたことを覚えています。私は情熱をもって、この経験がどれだけ楽しいかについてとても細かく説明しました。彼は少し笑って言いました、“私がこのカメラを作ったので、あなたがそれを気に入ってくれて本当に嬉しいです。私の名前はヴィクター・ハッセルブラッドです!”そして、彼は歩いて立ち去り、夜の街に姿を消しました。」ダグラスがこの夜出会った人物が間違いなくハッセルブラッドの創業者その人であることを知るのはそれからさらに1年ほど後、ダグラスの友人がヴィクターと会う機会に恵まれ、その日のことを覚えているか尋ねた時でした。「そして彼は本当に覚えていたのです」とDouglasは言います。「事細かに詳細をね」。彼はその運命的なニューヨークの夜に使用していたハッセルブラッドのパフォーマンスに感銘を受け、最終的にキットを購入しました。それが今日も続く関係の始まりでした。彼は、ブリジット・バルドー、キャサリン・ドヌーブ、マレーネ・ディートリッヒ、マン・レイ、チャーリー・チャップリン、ミック・ジャガー、スティング、アンディ・ウォーホルなど、ハッセルブラッドで撮った人物の名前をスラスラと挙げていきます。そして、彼のセレブシーンでの活躍を支えたのは、もう一人のハリウッドスター、エリザベス・テイラーでした。1961年にルック・マガジンの仕事でエリザベスを撮影した写真が彼を一躍有名にし、その年の後半に雑誌の25周年記念号でマリリン・モンローを撮影する仕事につながりました。

Kirkland with Judy Garland, 1961
© Douglas Kirkland / Iconic Images

Audrey Hepburn, 1965
© Douglas Kirkland / Iconic Images

Brigitte Bardot, 1965
© Douglas Kirkland / Iconic Images

ハッセルブラッドで写し出されたマリリン

その時の仕事は結果として今日でも心に響く作品となりました。そしてそれが形になったのはひとえにマリリンの力でした。「撮影はハリウッドの写真スタジオで行われました」、「自分が撮りたいと思う彼女の写真は分かっていましたが、恥ずかしがり屋のカナダ人は、どうやって表現をしたらいいかわかりませんでした。それをマリリン自身が進んでやってくれました:彼女は私たちにベッドといくつかの白いシルクのシーツ、フランク・シナトラのレコード、そしてドン・ペリニヨン・シャンパンのボトルが必要だと言いました。彼女はローブを着て、徐々にそれをシーツの下に脱ぎ捨てました、それが彼女が撮りたかった写真でした。」

Marilyn Monroe, 1961
© Douglas Kirkland / Iconic Images

ダグラスは部屋のバルコニーに腰掛け、真下を向いて撮影することができました。その後、休憩の時にマリリンは彼以外のスタッフ全員に部屋を出るようにいいました。「彼女は言った。“この男の子と二人きりになりたいの。そうするといつもうまくいくの”と。」、「私は彼女と二人きりになり、写真はさらに官能的な表現となりました。」結果としてマリリンの最後の1枚となったので、この撮影はさらに心に響くものとなりました。彼女は次の8月に亡くなり、写真はハリウッドの大スターの後世に語られる遺産となりました。



Brock Elbank

多様性への情熱

イギリスのフォトグラファーであるブロック・エルバンクは、ひげを生やした男性から白斑模様のある人物まで、地球上で最も美しく個性的な人々の素晴らしいポートレイトを撮影することで国際的に高い評価を得ています。

Read more

Sven Baum

X Vアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

Read more

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more

H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される

レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現するため、ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアを組み合わせ、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。

Read more

Stephen Sweeney

ロックダウン下の家族の肖像

ロンドン在住のフリーランスフォトグラファー、ステファン・スウィーニーはロンドンの大都会を駆け回りながらポートレートや広告写真を撮ってきました。それがこの数か月は、家にいることを強いられ、普段していることをできずに過ごしています。両親と4人の兄弟と共にロックダウンを過ごすうちに、彼はこの珍しい「ひとつ屋根の下」のシチュエーションをクリエイティブに活かし、6人の家族を美しく照らし出したポートレートを撮ることを決めました。

Read more

GÖRAN LILJEBERG

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。

Read more