H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される


ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアISLe(InSight Leonardo)を組み合わせ、レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現し、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。これらのデジタルレンダリングは、レオナルドの描いた絵の本当の色、インクのさまざまな色合い、チョークと金属の先端部分、さらには紙の破れやすい表面の感触など、非常に詳細な情報を有しています。大学の建築学部でソフトウェア開発を担当する研究メンバーのAndrea Ballabeniが、アートキュレーターや歴史の専門家がレオナルド・ダ・ヴィンチの作品をさらに分析する上で、非常に価値のあるツールとしてH6D-400cマルチショットが具体的にどのように役立っているかを語りました。

下記のイメージをズームで見る


写真を使用して芸術作品を再現する際に最も難しい要素は何ですか?

写真を通じて芸術作品を再現することは、常に困難な作業です。特にレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を扱うときは非常に複雑になります。描画、スケッチ、および下書きは、A4よりも小さいサイズの破れやすい紙の上によく描かれています。ストロークは非常に細く鋭く、ペンとインク、赤と黒のチョーク、金属の先端でなぞられています。小さなサイズにもかかわらず、細部の情報量は膨大です。

ボローニャ大学の建築学科は、マルチショットカメラを使用して、どのようにダヴィンチ作品の3Dレンダリングを作成したのですか?

私たちの研究チームは、ISLe(InSight Leonardo)と呼ばれる手法を開発しました。これは、無理のない方法でアートワークを取得し、3Dモデルでデジタルに複製することができます。 レンダリングは、3次元であることに加えて、図面の色だけでなく、表面の不規則性、粗さ、インクの鏡面性も忠実に再現します。レオナルドの作品を表現するために、50 mmの解像度に達する、色再現の正確さのための最先端の技術を使いたいと考えました。

この手法では、特別な照明条件で複数の高解像度画像を撮影します。次に、多数の画像を使って、描画の表面の写像と3次元形状のシートを作成します。3Dモデルが完成し、そこにアートワークの複製が投影されると、シンプルなユーザーインターフェイスのタッチスクリーン式コンピューターで簡単に操作することができます。

下記のイメージをズームで見る


これらの芸術作品を効果的にデジタル再現する技術には、どのような基準が考慮されなければいけないのですか?

この手法は2つの範例に基づいています。1つ目は、「その絵がまるで、あなたの手にあるかのように感じることができるようにすること」です。 つまり、デジタルモデルは、ピンチ操作でズームしたり、画面上で手を動かしてピックアップしたり、回転、さらにシートを反転したりするなど、私たちが日常的に携帯電話でやっているようなシンプルで馴染みのあるジェスチャーを使って、インタラクティブにタッチパネル上で簡単に検索や調査ができる必要があります。

2つ目は、「肉眼では見えないものを見せる」です。 これらの描画は、通常安全な場所に保管され、一般の訪問者はアクセスできません。これらの信頼性の高い、インタラクティブな要素を持つ複製は、それらの作品を研究し、よりよく理解したい専門家と、作品に高い関心を持つ人々の双方にとって素晴らしい機会を提供します。

最も重要なことは、効果的な複製のためには、解像度と色の忠実度の両方の点で写真の品質が大きく影響するということです。


その点、マルチショットは私たちのニーズにぴったりでした。レオナルドのオリジナルは32300 x 17400ピクセルで撮影されており、私たちが目指す50 mmの解像度に達する(さらには超える)ことができます。その上、色をキャプチャするセンサーの能力は驚くべきものです。再現の色精度を測定するためのX-Rite Colour Checker Classicと、色補正のためのSHAFTと呼ばれる社内ソフトウェアを使った結果、平均ΔE00エラーが約0.89に達しました。これは、20年におよぶこの分野での経験の中で、私たちが達成したまさに最高の結果です。



SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more

Stephen Sweeney

ロックダウン下の家族の肖像

ロンドン在住のフリーランスフォトグラファー、ステファン・スウィーニーはロンドンの大都会を駆け回りながらポートレートや広告写真を撮ってきました。それがこの数か月は、家にいることを強いられ、普段していることをできずに過ごしています。両親と4人の兄弟と共にロックダウンを過ごすうちに、彼はこの珍しい「ひとつ屋根の下」のシチュエーションをクリエイティブに活かし、6人の家族を美しく照らし出したポートレートを撮ることを決めました。

Read more

GÖRAN LILJEBERG

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。

Read more

100周年記念

シド・アヴェリーとハッセルブラッド

オードリー・ヘップバーン、ジェームス・ディーン、エリザベス・テーラー。アメリカを象徴するフォトグラファー、シド・アヴェリーは彼らを撮影し、ほとんどの撮影でハッセルブラッド500Cを使用しました。ハリウッドの黄金時代のスターを撮影したことで知られ、気さく撮影スタイルでセレブたちの素顔を捉えてきました。1928年10月12日に生まれ2018年の10月12日には生誕100周年として彼の写真芸術に対しての貢献と彼のレンズを通して刻まれた歴史が讃えられました。

Read more

Terry O'Neill

ビートルズ、デヴィッド・ボウイ、60年以降の数多くの象徴的な人物を撮影

テリー・オニールは、1960年代と70年代にセレブリティフォトグラファーとして、オードリー・ヘップバーンからブリジット・バルドー、フランク・シナトラまで、全員を撮影しました。これらの名前はほんの氷山の一角にすぎません。 彼のハッセルブラッド500CMは、歴史上最も大きなポップカルチャー時代のアイコン達の象徴的なスナップショットを捉えました。

Read more

Pål Hansen

アリシア・ヴィキャンデル, キット・ハリントンら、ハッセルブラッドで捉えたハリウッドスター達

ノルウェーの写真家ポール・ハンセンは、俳優、ミュージシャン、およびアリシア・ヴィキャンデル, キット・ハリントン, ニコール・キッドマン, コートニー・ラブ, ジャッキー・チェンなどの多くのセレブリティや著名人を撮影しています。誰もがカメラの前で安心できるという彼の評判によって、これらのスター達を撮影する際の彼独自のユニークなエピソードを数多く持っています。

Read more