H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される


ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアISLe(InSight Leonardo)を組み合わせ、レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現し、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。これらのデジタルレンダリングは、レオナルドの描いた絵の本当の色、インクのさまざまな色合い、チョークと金属の先端部分、さらには紙の破れやすい表面の感触など、非常に詳細な情報を有しています。大学の建築学部でソフトウェア開発を担当する研究メンバーのAndrea Ballabeniが、アートキュレーターや歴史の専門家がレオナルド・ダ・ヴィンチの作品をさらに分析する上で、非常に価値のあるツールとしてH6D-400cマルチショットが具体的にどのように役立っているかを語りました。

下記のイメージをズームで見る


写真を使用して芸術作品を再現する際に最も難しい要素は何ですか?

写真を通じて芸術作品を再現することは、常に困難な作業です。特にレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を扱うときは非常に複雑になります。描画、スケッチ、および下書きは、A4よりも小さいサイズの破れやすい紙の上によく描かれています。ストロークは非常に細く鋭く、ペンとインク、赤と黒のチョーク、金属の先端でなぞられています。小さなサイズにもかかわらず、細部の情報量は膨大です。

ボローニャ大学の建築学科は、マルチショットカメラを使用して、どのようにダヴィンチ作品の3Dレンダリングを作成したのですか?

私たちの研究チームは、ISLe(InSight Leonardo)と呼ばれる手法を開発しました。これは、無理のない方法でアートワークを取得し、3Dモデルでデジタルに複製することができます。 レンダリングは、3次元であることに加えて、図面の色だけでなく、表面の不規則性、粗さ、インクの鏡面性も忠実に再現します。レオナルドの作品を表現するために、50 mmの解像度に達する、色再現の正確さのための最先端の技術を使いたいと考えました。

この手法では、特別な照明条件で複数の高解像度画像を撮影します。次に、多数の画像を使って、描画の表面の写像と3次元形状のシートを作成します。3Dモデルが完成し、そこにアートワークの複製が投影されると、シンプルなユーザーインターフェイスのタッチスクリーン式コンピューターで簡単に操作することができます。

下記のイメージをズームで見る


これらの芸術作品を効果的にデジタル再現する技術には、どのような基準が考慮されなければいけないのですか?

この手法は2つの範例に基づいています。1つ目は、「その絵がまるで、あなたの手にあるかのように感じることができるようにすること」です。 つまり、デジタルモデルは、ピンチ操作でズームしたり、画面上で手を動かしてピックアップしたり、回転、さらにシートを反転したりするなど、私たちが日常的に携帯電話でやっているようなシンプルで馴染みのあるジェスチャーを使って、インタラクティブにタッチパネル上で簡単に検索や調査ができる必要があります。

2つ目は、「肉眼では見えないものを見せる」です。 これらの描画は、通常安全な場所に保管され、一般の訪問者はアクセスできません。これらの信頼性の高い、インタラクティブな要素を持つ複製は、それらの作品を研究し、よりよく理解したい専門家と、作品に高い関心を持つ人々の双方にとって素晴らしい機会を提供します。

最も重要なことは、効果的な複製のためには、解像度と色の忠実度の両方の点で写真の品質が大きく影響するということです。


その点、マルチショットは私たちのニーズにぴったりでした。レオナルドのオリジナルは32300 x 17400ピクセルで撮影されており、私たちが目指す50 mmの解像度に達する(さらには超える)ことができます。その上、色をキャプチャするセンサーの能力は驚くべきものです。再現の色精度を測定するためのX-Rite Colour Checker Classicと、色補正のためのSHAFTと呼ばれる社内ソフトウェアを使った結果、平均ΔE00エラーが約0.89に達しました。これは、20年におよぶこの分野での経験の中で、私たちが達成したまさに最高の結果です。



Justin Mott

ベトナムへのラブレター

ベトナムを拠点とするフォトグラファーのジャスティン・モットは、今勢いに乗るプロとしての成功の多くを、個人的なプロジェクトから築きました。ジャスティンを過去10年間旅に連れ出した動機は、枯葉剤の壊滅的な被害に苦しむ犠牲者を対象としたフォトジャーナリズム研究でした。

Read more

Dino Kužnik

孤独なアメリカ西部

アメリカ西部に惹かれ、多くの写真を撮り続けているクリエイティブなスロベニア出身の写真家ディーノ・カズニックは、拠点のニューヨークで数か月間のロックダウンを経験後、コロラド、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコを横断する2週間のロードトリップに出かけました。中判フィルムでの撮影に慣れ親しんでいたディーノは、X1D II 50CとXCD 45mmおよび90mmの中判デジタルを旅の相棒に選びました。険しい砂漠の風景の自然溢れる地域をドライブしながら撮影したディーノの作品は、私たちを一昔前のアメリカへタイムスリップに連れ出します。

Read more

Tom Oldham

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。

Read more

4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more