H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される


ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアISLe(InSight Leonardo)を組み合わせ、レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現し、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。これらのデジタルレンダリングは、レオナルドの描いた絵の本当の色、インクのさまざまな色合い、チョークと金属の先端部分、さらには紙の破れやすい表面の感触など、非常に詳細な情報を有しています。大学の建築学部でソフトウェア開発を担当する研究メンバーのAndrea Ballabeniが、アートキュレーターや歴史の専門家がレオナルド・ダ・ヴィンチの作品をさらに分析する上で、非常に価値のあるツールとしてH6D-400cマルチショットが具体的にどのように役立っているかを語りました。

下記のイメージをズームで見る


写真を使用して芸術作品を再現する際に最も難しい要素は何ですか?

写真を通じて芸術作品を再現することは、常に困難な作業です。特にレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を扱うときは非常に複雑になります。描画、スケッチ、および下書きは、A4よりも小さいサイズの破れやすい紙の上によく描かれています。ストロークは非常に細く鋭く、ペンとインク、赤と黒のチョーク、金属の先端でなぞられています。小さなサイズにもかかわらず、細部の情報量は膨大です。

ボローニャ大学の建築学科は、マルチショットカメラを使用して、どのようにダヴィンチ作品の3Dレンダリングを作成したのですか?

私たちの研究チームは、ISLe(InSight Leonardo)と呼ばれる手法を開発しました。これは、無理のない方法でアートワークを取得し、3Dモデルでデジタルに複製することができます。 レンダリングは、3次元であることに加えて、図面の色だけでなく、表面の不規則性、粗さ、インクの鏡面性も忠実に再現します。レオナルドの作品を表現するために、50 mmの解像度に達する、色再現の正確さのための最先端の技術を使いたいと考えました。

この手法では、特別な照明条件で複数の高解像度画像を撮影します。次に、多数の画像を使って、描画の表面の写像と3次元形状のシートを作成します。3Dモデルが完成し、そこにアートワークの複製が投影されると、シンプルなユーザーインターフェイスのタッチスクリーン式コンピューターで簡単に操作することができます。

下記のイメージをズームで見る


これらの芸術作品を効果的にデジタル再現する技術には、どのような基準が考慮されなければいけないのですか?

この手法は2つの範例に基づいています。1つ目は、「その絵がまるで、あなたの手にあるかのように感じることができるようにすること」です。 つまり、デジタルモデルは、ピンチ操作でズームしたり、画面上で手を動かしてピックアップしたり、回転、さらにシートを反転したりするなど、私たちが日常的に携帯電話でやっているようなシンプルで馴染みのあるジェスチャーを使って、インタラクティブにタッチパネル上で簡単に検索や調査ができる必要があります。

2つ目は、「肉眼では見えないものを見せる」です。 これらの描画は、通常安全な場所に保管され、一般の訪問者はアクセスできません。これらの信頼性の高い、インタラクティブな要素を持つ複製は、それらの作品を研究し、よりよく理解したい専門家と、作品に高い関心を持つ人々の双方にとって素晴らしい機会を提供します。

最も重要なことは、効果的な複製のためには、解像度と色の忠実度の両方の点で写真の品質が大きく影響するということです。


その点、マルチショットは私たちのニーズにぴったりでした。レオナルドのオリジナルは32300 x 17400ピクセルで撮影されており、私たちが目指す50 mmの解像度に達する(さらには超える)ことができます。その上、色をキャプチャするセンサーの能力は驚くべきものです。再現の色精度を測定するためのX-Rite Colour Checker Classicと、色補正のためのSHAFTと呼ばれる社内ソフトウェアを使った結果、平均ΔE00エラーが約0.89に達しました。これは、20年におよぶこの分野での経験の中で、私たちが達成したまさに最高の結果です。



Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more

Gleeson Paulino

ブラジルの大胆な多様性

ブラジルのフォトグラファーのグリーソン・パウリーノは、新しい視点からみた現代のブラジルへと見る人を誘います。その荘厳な色のフローと絶妙な画像の並置によって、人々の感覚を刺激するグリーソンの作品シリーズは、ブラジルの人々からその景観まで、大胆な多様性の美しさを探求しています。

Read more

Brock Elbank

多様性への情熱

イギリスのフォトグラファーであるブロック・エルバンクは、ひげを生やした男性から白斑模様のある人物まで、地球上で最も美しく個性的な人々の素晴らしいポートレイトを撮影することで国際的に高い評価を得ています。

Read more

Sven Baum

X Vアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

Read more

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more