新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる


クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。


907X 50Cは、私たちの期待を大幅に上回るカメラです!これまで手にした中で最も美しいカメラであるだけでなく、最も精巧にデザインされた製品の1つでもあります。


HAT-MONY

進行形のシリーズ「What the Hat?!」の最新作である「Hat-mony」は、こだわりの衣装と手作りの小道具を使って、Hasselblad 907Xがインスピレーションを得たVシステムカメラのように、デザインの歴史の中で永遠に輝き続ける外観と質感を表現しています。皆さんご想像の通り、この種類の画像には、店から店へと撮影に必要なものを全て探し回らなければならず、多くの手間がかかります。そして時々、実際に探しているものが見つからないのです!何時間もかけて、開いているあらゆる店を精力的に探し回るという現実に直面するのは嫌いですが、黒とピンクのスプレーペイントを使用してレコード盤に変身した、この大きな麦わら帽子のようなファッションアイテムが大好きです。


私たちにとって、907Xは手持ちの場合と同様に三脚を使ったシチュエーションでも快適でした。いつもは手持ちで撮影しますが、初めてウエストレベルで写真を撮ることがとても楽しかったです。ハッセルブラッドのフィルムカメラを彷彿とさせる、この独特な撮影スタイルは、周りの世界を全く新しい(でも古典的な!)視点から見ることができます。


CLONE-CIDENCE

907Xの美しくクラシックな美学に誘発され、私たちは時代を超えて、時間によって装飾された場所を探す旅に出かけました。残念ながら、コロナウイルスの影響のため、実際にはそれほど遠くまで出かけることができませんでした。しかしこの「CLONE-CIDENCE」については、自宅からそれほど遠くない場所で、不朽の建築の興味深い例を見つけることができました。信じられないかもしれませんが、これらの対称的なドアは、私たちのバレンシアのスタジオからわずか数ブロックのところにある宗教的な建物内にあります。


真っ先に私たちが驚いたのは、箱から取り出した907X 50Cのコンパクトさと、まるでポケットに入れられるサイズ感でした。また、この信じられないほど小さなカメラが、トレードマークの優れた製造品質を犠牲にせず、定評あるハッセルブラッドの高画質を提供する点も、注目に値します。自分たちが撮影しているカメラが、中判であると常に意識しなければいけませんでした。このようなテクノロジーの全てが、果たしてどのようにこの小さくて洗練されたパッケージに入っているのでしょうか?詳しくは私たちにはわかりませんが、確かにわかっているのは、このように完全に私たちの心を虜にしたカメラに出会ったのは久しぶりだということです。


RAIN-STORMING

「アイデアスケッチ」の背後にあるアイデアは、(繰り返しになりますが)完璧なデザインのおかげで過去のカメラと現在のテクノロジーを橋渡しすることができる、この907X 50Cの先進的なシステムを可能とした頭脳の力量と革新的な思考を受け入れることでした。創造性は絶対に必要なものですが、精度も同様です!これは、この画像のアイデアスケッチの非常に早い段階で学んだことです。「RAIN-STORMING(暴風雨)」を正しく行うには、衣装と場所を一致させるだけでなく、完璧なポーズも必要です。黄色い傘と切り抜かれた電球の上部をカメラと並べるのは少々難しく、遠近法を正しく機能させるには、予想よりもはるかに多くの試行錯誤が必要でした。途中、私たち諦めかけました。しかし、私たちは粘りました…そして、光が見えました!


身体的な観点から、このカメラを使用することはまったく新しい経験です。最も顕著な違いは、チルトしたリアディスプレイによってもたらされる低い視点で撮影する際の被写体との関係にあると思います。フォトグラファーの顔を覆うカメラがないため、モデルとフォトグラファーの間のやり取りがはるかに簡単であることがすぐにわかりました。これは多くの状況でフォトグラファーに本当に役立つ可能性があると私たちの目には映りました。例えば、カメラの前に立つとおどおどしてしまう人の写真を撮るときなどです。モデルの目を見て指示を与えると、モデルとフォトグラファーの関係が確実に強化され、モデルがカメラで撮られることに対して自信を高めることができます。


YOU-NIVERSE

「You-niverse」は、50年にわたるハッセルブラッドと宇宙探査との関係に対するオマージュです。宇宙は常に人類を魅了してきたと言っても過言ではありません。私たち人間の知識は、かろうじて表面を引っ掻いた程度ですが、すでに私たちは、家で過ごすように星の間でかなり寛いでいるようです。理論的には、これは一連の中でも最も簡単な作品でした。紙の小道具のデザインはかなりシンプルで、習熟に時間がかかるトリッキーな錯覚もなく、私たちはすでに想像していたものと非常によく似た青いドレスを所有していました。しかし残念ながら、最善を尽くしたにもかかわらず、実際の壁でこの特定の青の色合いを見つけることができませんでした。「約束の壁」の探索が尽きた後、ファサードを元の状態に戻すことを条件に知人にお願いして、家の外壁を必要な色に塗ることにしました。予想外に、自分で壁を塗ることは、思っていたよりもずっと楽しいことがわかりました!私たちが乗り越えなければならなかったのはそれだけでした。それを片付けたら、(宇宙へ向けて)打ち上げの準備ができました!


ABOUT ANNA DEVÍS AND DANIEL RUEDA

 ハッセルブラッド アンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダはスペインのバレンシアを拠点に活動する経験豊かな建築家で、幾何学、遠近法、創造に溢れた物語を織り交ぜた作風を特徴とする、クリエィティブなカップルです。風変わりな建物を求めて世界を旅しながら、それらの題材をキャンバスとして作品をつくりだします。二人の最新の作品は、インスタグラム@drcuerda & @anniset. でチェックしてください。


4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more

Ole Marius Joergensen

セールスマンを主人公とした優雅な小作品

一昔前を象徴するセールスマンは、オレ・マリウス・ヨーゲンセンのシリーズ「Vignettes of a Salesman」の中心的存在です。 オレは、ノルウェーの風景を背景に鮮やかな映画のような照明を使用して、この物語を紡ぎました。

Read more

Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more

Gleeson Paulino

ブラジルの大胆な多様性

ブラジルのフォトグラファーのグリーソン・パウリーノは、新しい視点からみた現代のブラジルへと見る人を誘います。その荘厳な色のフローと絶妙な画像の並置によって、人々の感覚を刺激するグリーソンの作品シリーズは、ブラジルの人々からその景観まで、大胆な多様性の美しさを探求しています。

Read more