PHOCUS MOBILE 2

外出先でのワークフロー

ハッセルブラッドのワークフローの可能性を広げるPhocus Mobile 2アプリケーションは、画像編集を外出先でも可能にします。Phocus Mobile 2はX1D II 50Cおよび907Xスペシャルエディション、907X 50Cと互換性があり、USB-CまたはWi-Fi経由で端末と接続します。端末としては現在、iPad Proおよび2019 iPad AirモデルとiPhone*がサポートされており、外出先やスタジオでのワークフローをより速く、一貫して行えるようになります。


Phocus Mobile 2では、RAW画像のインポート、編集、レーティングが可能で、フルサイズのJPEG画像のインポートやレーティングも可能です。 さらに、フルサイズの画像エクスポート、テザー撮影、カメラのコントロールもサポートしています。

ライブビュー

Phocus Mobile 2でさらにカメラをコントロールできるようになり、X1D II 50C、907Xスペシャルエディション、907X 50Cをワイヤレスで、またはiPadにテザリングして、より大きな画面でのライブビュー表示が可能となりました。また、新設計のフォーカスホイールにより、リモートでのマニュアルフォーカスコントロールが可能になりました。さらに、ライブビューは、露出のシミュレーション、被写界深度のプレビュー、便利なAFエリアの位置のコントロール機能に加えて、フォーカスピーキングをサポートしています。この機能には、Phocus Mobile 2のバージョン1.1以降と、X1D II 50C、907Xスペシャルエディション、907X 50Cの最新版ファームウェア1.3.0の両方が必要です。

USB-CまたはWI-FI経由で

フルサイズの画像をインポート

Phocus Mobile 2はUSB-CまたはWi-Fi経由でカメラと簡単に接続でき、スムーズで携帯性に優れたワークフローを実現します。端末にRAWおよびフルサイズのJPEG画像をインポートできます。テザー撮影をすれば、接続した端末上で瞬時に画像を見ることができます。カメラのSDカードまたはデバイスのローカルライブラリに保存された画像とメタデータの閲覧、および詳細表示が可能です**。

外出先で画像編集

Phocus Mobile2のローカルライブラリにインポートされたRAW画像は、Phocusの白とび軽減、黒つぶれ軽減、鮮明度などの補正ツールで簡単に編集が可能です。(現在はiPadでのみ利用可)

リモートカメラコントロール****

USB-CまたはWi-Fiで接続したiPadから、Phocus Mobile 2を通してカメラの露出、シャッタースピードやISOを直接コントロールできます。さらに、iPadからシャッターを切ることも可能で、画像はSDカードまたはローカルライブラリに保存されます。

画像のレーティング

ローカルライブラリのRAWとJPEG両方の画像にレーティングが可能です。レーティングによって並べ替えたり好みの画像のみを表示できます。

フルサイズ画像のエクスポート

Phocus Mobile 2はJPEGまたは3FRフォーマットでのフルサイズ画像のエクスポートが可能です。エクスポートした画像は簡単に共有できます。

Hasselblad Phocus Mobile 2

Play video

ハッセルブラッドナチュラルカラーソリューション(HNCS)

HNCSはPhocusソフトウェアと完全に一体化しており、非常に信頼性の高い色を再現します。肌のトーンや特殊な製品の色調、そして難しいグラデーションも、複数のカラープロファイルを経ることなく美しく再現されます。

ハッセルブラッド ナチュラルカラー ソリューションについて詳しく見る  ⟶ 

*PHOCUS MOBILE 2は、IPAD AIR 2019とIPAD PRO 第2世代より後継の最低3GBのRAMを搭載したモデル、およびIPHONE  IOS 12以降の機種に対応しています。

**100%拡大機能は最低3GBのRAMを搭載したIPHONE(7 PLUS, 8 PLUS, X MODELとその後継モデル)に対応しています。