ハッセルブラッド・ジャパン ALPA製品
取扱い開始のご案内

ハッセルブラッド・ジャパンは、スイス・ALPA Capaul & Weber Ltd.社製品の取扱いを開始いたします。 

ALPA製品取扱い開始にともない、ハッセルブラッド・ジャパンはカメラと写真映像のワールドプレミアショーCP+ 2019において、 2つのALPA製品を展示します。 

1. ALPA 12 TC 

展示:DJIブース G-24

今回展示するのは、 Hasselblad X1D-50cに取り付け、 Rodenstok製のAlpagonレンズが装着できるシステムとなります。

展示機材:ALPA 12 TC、バックアダプターHXD、 HR Alpagon 4.0/40 mm SB17レンズ、 High Precision Focus Ring
展示機材参考価格:¥1,231,934(税別、 X1D-50c含まず)

CP+では展示のみとなりますが、 CP+後はハッセルブラッド ストア 東京で実際にお試しいただけます。

2. ALPA Platon 65mm Cinema Camera System

展示:パシフィコ横浜会議センター プロ向け動画エリア

Hasselblad H6DデジタルバックでPLマウントレンズを使用できるカメラシステムです。

この機会にぜひCP+ 2019へ足をお運びください。

ALPAについて

今日、 ALPAはスイスでカメラを製造する限られたメーカーの1つで、世界市場でも突出したメーカーです。 ALPAカメラは、少数の愛好家のために、情熱と熟練した職人技で作られた精密な道具です。まるで楽器のように、これらの道具は鍛錬を費やした指と熟練者の審美眼を必要とします。 ALPAを愛用するフォトグラファーは、オート機能や常に新しいモデルが発売されることを求めません。 ALPAは、道具や楽器におけるすべての優れたメーカーが提供するのと同じクオリティを提供します。 ALPAはデザイン、素材について最高の品質を提供し、お客様のすべての要望に耳を傾けます。

ALPAは1944年に最初のカメラ、 ALPA-Reflex Model Cを発売して以来、 1960年代から1970年代にかけて一眼レフカメラを生産してきました。そして1990年代からはALPA 12中判フォーマットのプラットフォームを手がけ、 2016年ALPA 12プラットフォームは20年を迎えました。

- ALPA Webサイトより引用 -
https://www.alpa.ch/en/site/about-alpa

Related articles