ハッセルブラッド H6D-100C

日本画の最大規模の展覧会「院展」の

図録の作成およびアーカイブ化に活躍

内閣総理大臣賞 神々の視座・(同人)井出康人

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

日本美術院賞(大観賞)夜宴・𠮷村佳洋

院展の概要について教えてください。

公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会で、春と秋の年2回開催しています。春の院展は800点ほど、秋の再興院展には500点近くの作品応募があり、日本画の展覧会としては日本最大の規模を誇ります。

院展を主催運営している日本美術院は、1898年(明治31)に、新時代における日本美術の維持と開発を指標として、東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)を辞職した岡倉天心が、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村観山らと創設した研究団体です。再興院展は1914(大正3)年の日本美術院再興開院から今年で105回となります。

日本美術院賞(大観賞)夜行<やぎょう>・木下千春(無鑑査)

入選作品を集めた図録の撮影にハッセルブラッドH6D-100cをお使いいただいています。図録では、作品の色を忠実に再現することが求められますが、どのような点に気を使って撮影されていますか?

院展の図録の撮影以外に入選作品のアーカイブとしてもハッセルブラッドH6D-100cを活用しています。これら250〜300点に及ぶ絵画を撮影していくわけですが、まず初めに光源にも最新の注意を払っています。色は光源によって見え方が異なるため、基準となる太陽光にできるだけ近づけるよう、照明用のストロボ、撮影した画像を映し出すディスプレイの色も調整し、印刷まで一貫した色の環境で可能な限り作品に近い色再現で作業できるよう努めています。

そして実際の撮影の際は、エックスライト社のカラーチェッカーを使用し、この作業の光源下で色が正確にデータとして取り込めるよう確認を行います。ハッセルブラッドの画像処理ソフトウェアPhocusでは、撮影画像から自動的にカラーチェッカーを認識し、データの色を最適化する機能があります。

Phocusでは一度画像に加えた調整や設定は撮影中リアルタイムで次のカットに引き継がれていきますので、図録やアーカイブのような大量の撮影のワークフローにおいても有利です。

実際の図録の撮影では、このカラーチェッカーを基準にPhocusのリプロダクションモードで撮影を行います。リプロダクションモードでは取り込んだカラーチェッカーのデータを基に各色の相互関係を保ちながら撮影ができるので、美術品のアーカイブのような作品のありのままを写すことを求められる撮影でも、被写体の本来の色から色相がずれることなく絵作りができます。

このように被写体の情報を忠実にあますことなく取り込み、そこから本来作家の方が表現したかったレベルが実現できるよう編集のベースのデータを作成します。

奨励賞 ミゼレーレ・岡田眞治

作品の撮影におけるハッセルブラッドの利点を教えてください。

図録など出力のサイズが小さくなる時、また印刷で表現できる色域がモニター上とは異なることによって、色域が狭くなり印象が少し違うな?などという場合は、先ほどのデータを基に編集を行うことになります。ハッセルブラッドの中判センサーで得られるRAWデータは補正に対しても耐性が強く、Phocus上の処理で使用されるハッセルブラッド独自の色空間と相まって、補正後も色転びやトーンジャンプのような劣化がほとんど起きないことは大きなメリットです。

さらにはPhocusの機能として、EIZOのセンサー内蔵モニターと連携し自動でハッセルブラッドの色空間に最適化された色調を設定する機能もあるため、このような色の見え方の要求度が高い撮影でも、ワンストップで設定が可能です。

他にもPhocus上でライブビューの機能もあるため、絵画のようなピント面がシビアな被写体でも、大きなモニターでのピント合わせができるのも魅力です。

このように中判デジタルといってもただ解像度が大きいだけではなく、アーカイブ撮影のようなニッチな撮影にも対応したワークフローが用意されているのはハッセルブラッドを使う大きな利点だと思います。

奨励賞 白兎予祝<はくとよしゅく>・川﨑麻央(無鑑査)

再興第105回 院展の巡回予定を教えてください。

9月17日(木)まで開催されていた東京展を皮切りに来年7月まで全国各地を巡回予定です。

東京展 2020年 9月1日(火)〜 9月17日(木) 東京都美術館

京都展 2020年10月20日(火)〜10月25日(日) 京都市京セラ美術館

島根(東)展 2020年10月31日(土)〜11月23日(月・祝)足立美術館

名古屋展 2020年11月28日(土)〜12月6日(日) 松坂屋美術館

岡山展 2021年1月2日(土)〜1月17日(日) 岡山市・天満屋

広島展 2021年1月21日(木)〜2月2日(火) 広島市・福屋

横浜展 2021年2月6日(土)〜3月14日(日) そごう美術館

北九州展 2021年4月21日(水)〜5月16日(日) 北九州市立美術館本館

島根(西)展 2021年5月22日(土)〜6月13日(日) 今井美術館

福井展 2021年6月18日(金)〜7月4日(日) 福井県立美術館

*掲載されている作品は各作者の方々から許諾をいただいて掲載しています。無断転載・保存は著作権侵害となりますので、固くお断りいたします。

More Hasselblad stories

All stories
 Linus Englund | Finding the Dramatic and the Delicate in Swedish Nature

LINUS ENGLUND

スウェーデンで見つけた印象的で、繊細な自然

それが森の中や、あるいは農地を彷徨っている時でも、スウェーデン人のフォトグラファーのライナス・イングルンドは、X1D II 50Cを使って、動植物の写真を新たなレベルに引き上げる、素晴らしい光を見つけます。

Gavin Goodman | The Powerful Simplicity of Symmetry

GAVIN GOODMAN

シンメトリーの力強いシンプルさ

 南アフリカのフォトグラファー、ギャビン・グッドマンと彼のチームは、限られた色調のパレットとシンプルでありながらシャープな小道具を組み合わせて、形、色、シンメトリーに焦点を当てた素晴らしい写真撮影を行いました。

 COOPER & GORFER | DELIRIUM (せん妄)

COOPER & GORFER

デリリウム

スウェーデンを拠点とするハッセルブラッドアンバサダーのクーパー&ゴルファーは、Covid-19のパンデミックを体現する新しい作品、デリリウムの制作に取り組み、この歴史的な悲劇に立ち向かう医療従事者の絶え間ない闘いを捉えました。

 KARIM ILIYA | ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

KARIM ILIYA

ハッセルブラッド、クジラとウミガメとともに海中へ

フリーダイバーで、2018年のハッセルブラッドマスターのカリム・イリヤは、ハッセルブラッドX1D II50C用のAquaTech REFLEX水中ハウジングを使って海中を探索し、フランス領ポリネシアのモーレア島とハワイのマウイ島周辺の自然界で穏やかに暮らすクジラとウミガメの様子を撮影しました。

 SEIJI SHIRONOハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

 TERUYASU KITAYAMA  ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。