HK-7

ハッセルブラッドのカメラは、空撮カメラROSS HK-7から始まりました。HK-7はハッセルブラッドの最初の民生用カメラではありませんが、ヴィクターがRoss ABという社名の下、最初の工場を設けるために必要な第1号機でした。こんにち知られるハッセルブラッドの元となったのがRoss ABでした。

1940年のこと、スウェーデン空軍はふさわしい空撮機器を探すのに苦労していました。当時ヴィクターは34歳にして、カメラのエキスパートとして評判を得ており、写真と写真技術に関する記事をいくつも発表していました。そしてもちろん、ハッセルブラッドの名前は国内で最も成功した写真用品店として有名でした。スウェーデン軍がヴィクターに助けを求めたのは自然な流れだったのです。ドイツ軍の空撮カメラがスウェーデンで回収され、HK-7のアイデアの元となりました。スウェーデン空軍が、回収したカメラと同じものを作るようにヴィクターに頼んだとき、ヴィクターは次のように答えました。「できません。しかし、それ以上に優れたものならば作れます」と。

最初の工場

1940年の4月、ヴィクターはヨーテボリ中心の自動車工場の小屋にカメラ工場を設立しました。 その近くには廃品置き場があり、資源や原材料の入手先として重宝しました。夜になると、自動車工場の熟練の整備士と彼の兄弟の助けを借りて、ハッセルブラッドはドイツのカメラをリバースエンジニアリングし、最初のハッセルブラッドカメラ、HK-7の設計を始めました。数か月の内に会社は20名の社員を抱え、1941年には、小さな工場は適切な大きさの敷地に移り、そして手持ち用HK-7の生産を始めました。

HK-7の詳細

HK-7は、1941年から1943年の間に、合計で240台が製造されました。サイズは31×26×17.6 cm、重量は4.8 kgで、13.5 cm(135 mm)のレンズが取り付けられていました。 カメラは、1/150秒から1/400秒までの基本的なシャッタースピードを備え、シャッターはレンズの後ろに配置されていました。このカメラは80mmフィルムを使用し、7×9cmの画像を記録するようになっていました。当時、他のカメラはそれほど精密な技術を持っていなかったため、HK-7は画期的なカメラでした。カメラの機構と精度を向上させることで、高い信頼性と精度を備えた航空写真の撮影が可能となりました。

1941年の終わりに、ヴィクターは新しいカメラの注文を空軍から受けました。これはより大きなネガティブフィルムを使ったフォーマットで、航空機に固定するタイプのものでした。スウェーデン軍は、HK-7とその後継機であるSKa4に非常に満足しました。SKa4は、交換可能なフィルムマガジンを含め、ハッセルブラッドの戦後のカメラが持つ重要な、いくつかのユニークな特徴をすでに備えていました。

ハッセルブラッドは1941 - 45年の間に合計342台のカメラを納入しました。ヴィクターは軍用カメラの製造は民生用カメラの開発に向けた最初の一歩に過ぎないと考え、軍用カメラだけを製造するつもりはないと言いました。彼は新しいタイプのカメラ、すなわち彼の手にフィットする最高品質のポータブルカメラを生み出すことを目指していました。

エルナとヴィクター

エルナとヴィクター・ハッセルブラッドと交流のある人は皆、二人の仲睦まじさに驚くのでした。

詳しく見る