ヴィクター・ハッセルブラッド

1906年スウェーデン ヨーテボリ生まれのヴィクター・ハッセルブラッドは、歴史上最もアイコニックなカメラのを発明した人物のうちの1人です。

詳しく見る

すべての始まり

ハッセルブラッドの始まりは空撮カメラHK-7でした。

詳しく見る

エルナとヴィクター

エルナとヴィクター・ハッセルブラッドと交流のある人は皆、二人の仲睦まじさに驚くのでした。

詳しく見る

ハッセルブラッド宇宙への挑戦

アメリカの宇宙機関とスウェーデンのカメラメーカーとの協力について。そしていかにしてハッセルブラッドが月面着陸した最初のカメラになったかについてのストーリーをご紹介します。

詳しく見る

最初のコンシューマー用カメラ

野鳥を撮影する熱心なカメラマンだったヴィクター・ハッセルブラッドは、自然の美しさを捉え、かつ手に収まるカメラを創りたいと考えていました。

詳しく見る

500シリーズ

Hasselblad 500シリーズは革新的な500Cで始まりました。これは写真の歴史において最も象徴的なカメラの1つとなりました。

詳しく見る

Hasselblad XPan

独創的なデュアルフォーマットカメラ。

詳しく見る

世界初 ミラーレス中判デジタルカメラ

2016年、ハッセルブラッドはX1D-50cを発表しました。中判のポータビリティに革命をもたらすカメラとなりました。

詳しく見る