Hasselblad Product Q&A -X SYSTEM-

2020-05-22

Xシステムに関するQ&Aを掲載しています。

Q.イメージセンサーにゴミが付着している。

A.カメラ内イメージセンサーはレンズ交換時や静電気等によりゴミが付着することがあります。お客様ご自身で清掃をご希望の場合、ブロアーで空気を当てて取り除いてください。
※ブロアーでも取れない場合は、当社サービスセンターにクリーニングをお申し付けください。
【ご注意】
イメージセンサー表面はとても傷付きやすいため、クリーニングが必要な際は、できるだけ弊社サービスセンターにお申し付けください。万が一、クリーニング作業中にイメージセンサーに傷を付けたり、破損した場合の修理料金は有償となります。十分にご注意ください。

Q.自然光での撮影時に露出設定をライブビューとEVFに反映させたい。

A.設定の「露出シミュレーション」を適用することで反映が可能です。露出シミュレーションを使用すると、露出設定をEVF、ライブビューに適用することができ、撮影前に露出の確認が可能です。

露出シミュレーションは下記の手順でオンにできます。
【X1D-50cの場合】
メインメニュー >一般設定 (歯車アイコン) >ディスプレイ >露出シミュレーション欄内「M」にチェックを入れる。

【X1D II 50Cの場合】
メインメニュー>一般設定 (歯車アイコン) >ライブビュー >露出シミュレーション欄内「M」のチェックを入れる。

Q.XHアダプターを使用した際、HCレンズのAFが動かない。

A.XHアダプターでAFが使用できるHC(HCD)レンズは、HC120mmを除く鏡胴部にオレンジマークの付いているレンズとなります。
オレンジマークの付いているレンズでオートフォーカスが動作しない場合、レンズもしくはX1Dのファームウェアが原因の可能性があります。
AFの動作には、X1D-50cのファームウェア1.21.0以降が必要であり、HC(D)レンズのファームウェアが18.0.0以降であることが必要です。(X1DIIは最初のファームウェアからHCレンズのAFに対応しております。)
また、オレンジマークのないレンズは、工場出荷時でファームウェアが決定されており、ファームアップを行うことができませんのでご注意ください。

Q.レンズピントリングラバーがゆるい。

A.ラバーを取り外しクリーニングして下さい。レンズのラバー接触面はグリス等が付着している場合もありますので綺麗に拭き取ってください。

Q.撮影データのバックアップについて。

A.撮影時にデーターバックアップを取る場合

①カードスロットに2枚のSDカードを装着

②一般設定画面 → ストレージ →  サブスロットストレージ → バックアップを設定してください

Q.水準器の設定方法について。

A.撮影モードで背面の🔲ボタン(四角ボタン)を押すとディスプレイ表示が変わります。

数度押して頂き、水準器モードでご使用ください。水準器は、カスタマイズ(調整)することも可能です。

Q.ファームアップの手順について。

A.①最新のファームウェアを、ホームページのマイ・ハッセルブラッドよりPCにダウンロードして下さい。

(https://www.hasselblad.com/ja-jp/my-hasselblad)

②ダウンロードしたファイルはSDカード内のフォルダ等に入れず、一番上の階層にコピーし、ボディにセットして下さい。

③一般設定より、サービス →アップデートの確認を選択し、アップデートして下さい。

※この際、事前にバッテリーは、十分に充電しておいて下さい。

Q.Phocusがカメラを認識しない。

A.ソフトウェアを再起動し、ケーブルを再接続してください。改善しない場合は、コンピューターの再起動、ソフトウェアの再ダウンロードもお試しください。ケーブルの不具合も合わせてご確認下さい。
※ソフトウェアPhocus は最新のバージョンをご使用ください。

Q.マニュアル露出撮影時にライブビューとEVFが暗く、何も見えない。

A.ライブビュー設定の「露出シミュレーション」が適用されている可能性があります。
露出シミュレーションを使用すると、露出設定をEVF、ライブビューに適用することができます。
屋内など、暗い場所での撮影時は露出シミュレーションをオフにすることで、明く見やすいEVF、ライブビューで撮影を行うことができます。

露出シミュレーションは下記の手順でオフにできます。
【X1D-50c】
メインメニュー → 一般設定(歯車アイコン) → ディスプレイ → 露出シミュレーション欄内「M」のチェックを外す。

【X1D II 50C】
メインメニュー → 一般設定(歯車アイコン) → ライブビュー → 露出シミュレーション欄内「M」のチェックを外す。

Q.XHレンズアダプターとHTS1.5を同時に使用できるか

A.XHレンズアダプターと組み合わせてお使いいただくことが可能です。

ただし使用できるレンズは、HTS1.5に対応したHC(D)レンズに限られるほか、Phocus上でチルト、シフト量のメタデータは残りません。

※HTS1.5に対応したレンズおよびアクセサリー
レンズ: HCD24mm、HCD28mm、HC35mm、HC50mmII、HC80mm、HC100mm
アクセサリー:エクステンションチューブH 13mm、26mm、52mm マクロコンバーターH

Q.レンズを認識しない。

A.電源を切りレンズを取り外し、再度取付けてください。 現象が改善しない場合、カメラボディレンズ接点ピンもしくはレンズの点検修理が必要と考えられるため、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.SDカードを認識しない。

A.本体でSDカードを本体でフォーマットをしてみて下さい。 

※フォーマットをする前にSDカード内のデーターは、バックアップをしておいて下さい。

以下の推奨SDカードでお試し下さい。
・Panasonic V90 UHS-II 280MB/s
・Toshiba EXCERIA PRO UHS-II 270MB/s
・SONY M UHS-II 260MB/s

Q.ダイヤルホイール作動がディスプレイ表示されない。

A.ダイヤルホイール(フロント・リア)の作動がディスプレイへ反映されない場合、カメラ内部のホイール基盤の修理が必要と考えられるため、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.XVレンズアダプター装着時にC(CF)レンズがロックされない。

A.Vシステムレンズリアマウントの公差により、XVアダプター装着時にロックされない場合がございます。XVアダプター内部の微調整により改善する場合がございますので、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.電子シャッターへの切り替え方について。

A.電子シャッター屁の切り替えは以下の手順を行ってください。

コントロールパネルのカメラ設定 → メディア露出 → シャッター機能 → 電子シャッターにチェック

Q.電子シャッター時にストロボが使えない。

A.電子シャッターご使用時は、構造上、ストロボが同調しませんので、発光しません。ストロボをお使いの際は、レンズシャッターをご使用下さい。

Q.電子シャッター時に画像に線が入る。

A.フリッカー現象により、画像にラインが生じることがあります。お使いの地域の周波数の倍数で撮影を行うことで低減できる場合がございます。
※フリッカー現象とは…蛍光灯や水銀灯、LED照明などの人工光源下で高速シャッターで撮影を行うと、人工光源によるフリッカー(ちらつき)の影響で露出や色にばらつきが出たり、上下に露出ムラが生じたりすること。

Q.電子シャッター時に画像が歪む。

A.ローリングシャッター現象により、被写体の形が歪んで撮影されることがあリます。

※ローリングシャッター現象とは…電子シャッターで動く被写体を撮る場合、センサーからデータを読み込む速度よりも被写体の動きが速い場合、被写体の形が歪んで写ってしまうことがある現象。

Q.ISO感度が3200までしか上がらない。

A.設定がオートISOになっていないかご確認ください。オートISOで任意の設定がされている場合、その範囲内となります。

設定の変更は以下の手順を行ってください。

コントロールパネルのカメラ設定 → 機器構成 → オートISOの限界

または、電子シャッターに設定されている場合、電子シャッターの最大ISO感度は3200となります。

Q.AFポイントの数を変更させたい、また移動させたい。

A.ボディ上部にある、AF/MFのボタンを長押ししてください。画面上にフォーカスポイントが表示されます。
ポイント数は、背面の🔲ボタンを押す事で変更出来ます。

またポイントの位置は、タッチパネルに直接触れてたり、フロント&リヤホイールの操作で移動したいりできます。
さらに、EVF使用時は、ファインダーを覗きながらタッチパネルにタッチパネルに直接触れて移動する事が出来ます。
触れる位置は、下記の手順で任意の場所に設定できます。

一般設定 → タッチ → AFポイントの移動に進み、EVF用タッチディスプレイの項目でエリアを設定して下さい。(右、左、上部右、上部左、左下、右)

Q.使用時のカメラボディの発熱について

A.X1D(X1DII)カメラボディにはアルミニウム製の受動冷却が組み込まれています。
プロセッサーとセンサーからの熱はアルミボディを通って伝わり、これをヒートシンクとして使用しています。

またカメラシステムは、オーバーヒートが発生した場合に警告を発し、内部部品を保護するために適宜シャットダウンする場合がございます。
熱により画像にノイズなどの問題が発生した場合は、データを確認させていただきますので、3FRか.fffファイルをハッセルブラッドストア東京へお持込いただくか、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へメールにてご相談ください。

関連記事