Hasselblad Product Q&A -X SYSTEM-

2020-05-22

Xシステムに関するQ&Aを掲載しています。

Q.イメージセンサーにゴミが付着している。

A.カメラ内イメージセンサーはレンズ交換時や静電気等によりゴミが付着することがあります。お客様ご自身で清掃をご希望の場合、ブロアーで空気を当てて取り除いてください。
※ブロアーでも取れない場合は、当社サービスセンターにクリーニングをお申し付けください。
【ご注意】
イメージセンサー表面はとても傷付きやすいため、クリーニングが必要な際は、できるだけ弊社サービスセンターにお申し付けください。万が一、クリーニング作業中にイメージセンサーに傷を付けたり、破損した場合の修理料金は有償となります。十分にご注意ください。

Q.自然光での撮影時に露出設定をライブビューとEVFに反映させたい。

A.設定の「露出シミュレーション」を適用することで反映が可能です。露出シミュレーションを使用すると、露出設定をEVF、ライブビューに適用することができ、撮影前に露出の確認が可能です。

露出シミュレーションは下記の手順でオンにできます。
【X1D-50cの場合】
メインメニュー >一般設定 (歯車アイコン) >ディスプレイ >露出シミュレーション欄内「M」にチェックを入れる。

【X1D II 50Cの場合】
メインメニュー>一般設定 (歯車アイコン) >ライブビュー >露出シミュレーション欄内「M」のチェックを入れる。

Q.XHアダプターを使用した際、HCレンズのAFが動かない。

A.XHアダプターでAFが使用できるHC(HCD)レンズは、HC120mmを除く鏡胴部にオレンジマークの付いているレンズとなります。
オレンジマークの付いているレンズでオートフォーカスが動作しない場合、レンズもしくはX1Dのファームウェアが原因の可能性があります。
AFの動作には、X1D-50cのファームウェア1.21.0以降が必要であり、HC(D)レンズのファームウェアが18.0.0以降であることが必要です。(X1DIIは最初のファームウェアからHCレンズのAFに対応しております。)
また、オレンジマークのないレンズは、工場出荷時でファームウェアが決定されており、ファームアップを行うことができませんのでご注意ください。

Q.レンズピントリングラバーがゆるい。

A.ラバーを取り外しクリーニングして下さい。レンズのラバー接触面はグリス等が付着している場合もありますので綺麗に拭き取ってください。

Q.撮影データのバックアップについて。

A.撮影時にデーターバックアップを取る場合

①カードスロットに2枚のSDカードを装着

②一般設定画面 → ストレージ →  サブスロットストレージ → バックアップを設定してください

Q.水準器の設定方法について。

A.撮影モードで背面の🔲ボタン(四角ボタン)を押すとディスプレイ表示が変わります。

数度押して頂き、水準器モードでご使用ください。水準器は、カスタマイズ(調整)することも可能です。

Q.ファームアップの手順について。

A.①最新のファームウェアを、ホームページのマイハッセルブラッドよりPCにダウンロードして下さい。

(https://www.hasselblad.com/ja-jp/my-hasselblad)

②ダウンロードしたファイルはSDカード内のフォルダ等に入れず、一番上の階層にコピーし、ボディにセットして下さい。

③一般設定より、サービス →アップデートの確認を選択し、アップデートして下さい。

※この際、事前にバッテリーは、十分に充電しておいて下さい。

関連記事