Hasselblad Product Q&A -V SYSTEM-

2020-05-22

Vシステムに関するQ&Aを掲載しています。

Q.500シリーズのレリーズボタンを押すことができない。

A.レリーズボタンを押すことができない場合、下記の問題が考えられます。

・シャッターチャージが出来ていないとき → ボディの巻き上げレバーでチャージして下さい。     

・マガジンスライドが挿入されているとき → マガジンよりマガジンスライドを抜いて下さい。         

・規定枚数を取り終えているとき → フイルム交換をして下さい。

Q.CFVの使用時にピントがあわない。

A.ご使用のカメラボディに原因がある事が考えられます。ミラー、スクリーン位置等の調整が必要となります。
その場合、お預かりなどで点検をすることが考えられますので、一度弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.CFVの使用時にシャッターを切っても記録されません。

A.以下の順序で設定のご確認をお願いいたします。

一般設定 → カメラモード → ボディ

この順序でお持ちのカメラボディを選択してください。

Q.500シリーズカメラボディにレンズを装着できない。

A.ボディもしくは、レンズのシャッターチャージが切れている事が考えられます。

ボディは巻き上げレバーを回してチャージして下さい。

レンズのシャッターが閉じている場合は、後部のコッキングシャフトを、コインでゆっくり時計回りに止まるまで回してチャージして

下さい。

Q.フィルムを現像したが、フィルムの端が白く感光している。

A.フイルムマガジンの、遮光板挿入部より光が入っており、光線漏れ防止部品の経年劣化が考えられます。

その場合、部品の交換が必要となることが想定されますので、一度、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.ミラーボックス内の壁が白くなってしまう。

A.カメラボディの内面反射防止材が劣化している事が考えられます。修理作業工程上オーバーホールが必要となりますので、一度、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.現像後にフィルムのコマとコマの間が重なる現象について。

A.フイルムマガジン内の、フイルム送り部品の偏摩耗、劣化が考えられますますので、一度、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.レンズ内のカビ除去とその対策の方法について。

A.カビの完全な除去はいたしかねます。弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。
※保管の際は、湿気の少ない、風通しの良い場所をお選び下さい。しばらくご使用にならない時は、レンズの空シャッターを切って頂くことをお勧めします。

Q.フィルムを現像しましたが、フォーカスした位置にピントがあっていない。

A.カメラボディ精度に原因がある事が考えられます。ミラー、スクリーン位置等の調整が必要となります。
弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.剥がれてきたレザーの交換修理について。

A.修理交換パーツが払底しており供給がございませんので、張替えはお受け致しかねます。

Q.フォーカシングスクリーンの中に汚れの清掃について。

A.フォーカシングスクリーンは通常分解清掃が出来ないため内部の汚れについては除去致しかねます。

Q.レンズシャッターが作動しない。

A.レンズシャターユニット関係の故障が考えられますので、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.シャッター羽根が1枚だけ曲がっている。

A.レンズ前面から見た際、一番手前のシャッター羽根は開閉の衝突を防ぐため構造上曲がっていますので、異常ではございません。

Q.レンズのチャージはされているのに装着することができない。

A.レンズ、ボディ共にチャージ(巻上)をしてから、取り付けください。チャージ済みで取り付けが出来ない場合は、故障が考えられますので、弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.500Cの固定されているスクリーンの交換について。

A.保有パーツ在庫払底のため、交換は出来かねます。予めご了承ください。

Q.553ELX・555ELDのバッテリーカバーロックの故障対応について。

A.修理対象となります。弊社サービスセンター(hasselbladrepairjp@hasselblad.com)へご相談ください。

Q.アキュートマットD対応の露出計内蔵ファインダーについて。

A.メータープリズムファインダーPME45、PME90が対応となります。

※露出計作動確認されても経年変化が考えられますので、お客様の御判断でご使用いただくことになります。
また、現在、修理の受付は終了しておりますので、ご注意ください。

Q.大判カメラでCFVを使用したい。

A.付属のFlash Syncケーブルを使用し、レンズシャッターのシンクロX接点と本体を接続して同期を取ることで使用して頂けます。   ※デジタルバックの取り付けにはサードパーティのVマウントアダプターが必要です。

Q.CFVをフラッシュシンクモードで使用時にストロボを使用したい。

A.付属のFlash Syncインプットケーブルを使用し、レンズのX接点とCFVのインターミナルを接続します。

または、CFVのアウトターミナルにアウトプットケーブルを接続し、ストロボのジャックに接続することで、フラッシュシンク時にストロボを使用することも可能です。(製品に付属するアウトプットケーブルは、ストロボによってはジャックの規格が異なる場合がございますので、よくご確認のいただきましてご使用ください。)

関連記事