ハッセルブラッド アンバサダー

プラトン

アメリカ

プラトンは英ヴォーグで数年間働いた後、晩年の故ジョン・ケネディ・ジュニアと彼の政治誌「ジョージ」で働くためにニューヨークに招かれました。ローリングストーン誌やニューヨーク・タイムズ・マガジン、バニティフェア、エスクァイア、GQなど、さまざまな国際的に著名な出版社のポートレートを撮影。中でもプラトンはタイム誌と特別な関係を築き、25以上の表紙を撮影しました。 2007年には、ロシア連邦大統領ウラジミール・プーチンをタイム誌のパーソンオブザイヤーの表紙に起用し、撮影しました。プラトンは現在、芸術と文化のための世界経済フォーラムの理事会メンバーで、非営利組織The People’s Portfolioの創設者です。

HISTORY IN FRONT OF A CAMERA

More Hasselblad Ambassadors