ハッセルブラッド アンバサダー

ヘンキ・コエントジョロ

インドネシア

著名なフォトグラファー のヘンキ・コエントジョロは、黒と白の色合いの中にあるスペクトル領域の撮影を専門に活動しています。 1963年3月24日にインドネシア中部ジャワのスマランで生まれ、カリフォルニア州サンタバーバラのBrooks Institute of Photographyで学び、ビデオ制作とファインアートフォトグラフィーのプロとなりました。 11歳の誕生日にカメラと出会い、精巧な構図、質感、形、線を生み出すことに夢中になりました。

インドネシアに帰国したヘンギは、ジャカルタを拠点に自然のドキュメンタリーや企業案内を撮影するフリーランスのビデオグラファー兼ビデオエディターとなりました。彼は、人生をかけた表現の旅において、自身が信じる真の目的を徹底的に掘り下げ、光と影の境界、陰と陽を探求する白黒写真の芸術表現にはまり、そのミニマリズムの複雑さを写真を通じて褒め称えています。

MONOCHROMATIC MINIMALISM WITH THE X1D

IN HENGKI KOENTJORO'S CAMERA BAG

More Hasselblad Ambassadors