ハッセルブラッド アンバサダー

エリック・ヨハンソン

スウェーデン/チェコ共和国

エリック・ヨハンソンは、チェコ共和国プラハを拠点とするスウェーデン出身のシュールなフォトグラファー で、個人的な作品作りとクライアントから委託されたプロジェクトの両方を手掛けています。フォトグラファー として、エリック・ヨハンソンは、現実とフィクションの境界を試すユニークなスタイルで、彼自身は「現実的な方法で実現された非現実的なアイデア」と表現しています。 彼にとって、写真を撮ることは彼のアイデアを実現するための資料集めと似ていて、完成した作品は何百もの写真画像で構成されています。 新しいプロジェクトはそれぞれいつも新しいチャレンジで、エリックの目標は、各作品をできるだけ実在するように現実的に見せることです。

エリックはスウェーデンのヨーテーネにある農場で育ちました。 「スウェーデンの田舎で育ったことは、私の視覚スタイルに大きな影響を与えています。 私の写真で使用している環境の多くは、大きく開けた風景と小さな赤い家があり、育った場所の原風景です。」 エリックは、幼い頃から絵を描くこととコンピューターに興味があり、コンピューターゲームを通じて異空間に出かけていました。 「15歳のとき、最初のデジタルカメラを手に入れ、新しい扉が開かれました」と彼は語ります。 しかし、写真を操作する上で、彼の興味を一番惹いたのは、カメラではキャプチャできないものを作ることができる点でした。

2005年にヨーテボリに移り、チャルマース工科大学でコンピューターエンジニアリングを学びました。 在学中、彼は写真をオンラインで公開し始め、それがきっかけでさまざまな広告代理店からの仕事の依頼を得ました。彼は研究と並行してフリーランスで仕事を始め、多くの作品を完成させました。大学を卒業後、彼はフリーランスフォトグラファー として独立しました。「エンジニアとして働いた経験はありませんが、自分の写真を作成する方法には、問題解決のアプローチを採り入れています。」

Erik Johansson | Drained Memories

IN ERIK JOHANSSON'S CAMERA BAG

More Hasselblad Ambassadors