Ole Marius Joergensen

セールスマンを主人公とした優雅な小作品

一昔前を象徴するセールスマンは、オレ・マリウス・ヨーゲンセンのシリーズ「Vignettes of a Salesman」の中心的存在です。映画の世界への愛を込めて、オレは鮮やかな映画の照明を用いて、静寂なノルウェーの風景の中や、空っぽの部屋を、彼自身の最後の姿を探し求めて彷徨うセールスマンの物語を紡ぎました。オレはハッセルブラッドH3Dで、これらの見事なシーンを1950年代のスカンジナビアへの叙情詩として、シンプルな時代へのノスタルジアと、顔の見えないセールスマンのミステリアスな雰囲気を取り込んで撮影しました。

The Old House

セールスマン

セールスマンを主人公とした優雅な小作品は、テクノロジーに取って代わられ、もはや世界に居場所をなくしたセールスマンの孤独な姿を追ったものです。現代に行き詰まった彼は、順応できず、代わりに田舎を歩き回り、ホテルの部屋から部屋へと転々とします。顔を見る人に決して明かさず、私たちは謎の男の正体を知ることはありません。このシリーズでは、オレは過去に対する愛情、つまり1950年代、60年代の「よりシンプルな時代」、デジタル時代のずっと前、社会に影響を与えたすべての方法を参考にしています。

Sunset Blues

The Inner Journey

ノルウェーの田舎を彷徨う

ノルウェーでシリーズ全体を撮影するオレは、スカンジナビアの息をのむような美しさの風景の中で、セールスマンと彼の終わりのない旅を組み立てています。「自分の周囲にあるものを用いるアイデアが好きで、完璧な場所を見つけるために世界中を旅することはしません。これらの場所を部分的に撮影したのは、それらが今はまだ存在しますが、すぐに消えてしまう過去を表しているだけでなく、古い場所、おそらく忘れられていた地への私の愛情でもあります」とオレは語ります。

An Old Tune

As a Car was Passing by

H3Dでの撮影

高品質のプリントを作成したいという思いから、オレは2011年に以前のフルサイズからハッセルブラッドH3Dに切り替えました。H3Dでセールスマンのシリーズを撮影しながら、彼はモデルや、個々の撮影地で必要なすべての機材など、外気がどれほど冷たくても、「カメラ内」でできる限りのことをしようとしました。「コンピューターの前に座ってイメージを作成するという考えは理解できません。実際に外で様々なことを感じる必要があります。すべてが機能しなくなり、バッテリーが切れた瞬間なども含めて。」とオレは話します。

A Cliche of a Phone Call

H3Dは私がまさに必要とするものを提供してくれます。膨大な色域を処理できる大きなファイルです。

Last Train Home

Tough Day

Yesterday Was A Good Day

オレ・マリウス・ヨーゲンセンについて

映画の魅力に取り憑かれ、ノルウェーのフォトグラファー、オレ・マリウス・ヨーゲンセンは映画科の学生としてキャリアをスタートしましたが、すぐに写真が自身の媒体であることに気づきました。オレは、映画の照明技術をアーティストのエドワード・ホッパーとアルフレッド・ヒッチコック監督、デビッド・リンチ監督から得たインスピレーションと組み合わせて、謎に包まれた彼自身のユニークな物語を紡いでいます。彼のスタイルについて詳しくは、こちら

4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more

Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more

Gleeson Paulino

ブラジルの大胆な多様性

ブラジルのフォトグラファーのグリーソン・パウリーノは、新しい視点からみた現代のブラジルへと見る人を誘います。その荘厳な色のフローと絶妙な画像の並置によって、人々の感覚を刺激するグリーソンの作品シリーズは、ブラジルの人々からその景観まで、大胆な多様性の美しさを探求しています。

Read more