DISCOVERY MISSION 51A - LAUNCH COMPLEX 39A REMOTE SITE 2 FRAME 8 – 1984
© JOHN A. CHAKERES
CAMERA: HASSELBLAD 500 EL/M
LENS: SONNAR C F/5.6 250MM T*

ハッセルブラッド500EL/Mでスペースシャトルを撮影

ジョン・A・チャーカーズは、ハッセルブラッド500 EL/Mカメラで、30年以上前の1981年に最初のスペースシャトル・コロンビア号の打ち上げを撮影、以降NASAのスペースシャトルの飛行を記録し始めました。1986年にチャレンジャー号の事故を目の当たりにしてから5年間活動を休止したジョンは、このプロジェクトから距離を置き、当時撮影したネガを保管したまま、最近まで現像しませんでした。画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョンの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

リモートカメラ作動装置

ケネディ宇宙センターでこれらの打ち上げを撮影した際、ジョンはスペースシャトルから1000フィート(約300メートル)以内にカメラを設置することを許可されました。つまり、モーター駆動のハッセルブラッドカメラを起動するには、リモートで動くカメラ作動装置が必要でした。ジョンは複雑なプロセスを経て、ロケットエンジンの音やエンジンが発する光を使ってハッセルブラッド500 EL/Mのモーターを起動できる独自のリモートカメラ作動装置を開発しました。 「カメラがシャトルの近くに設置されている場合、ロケットエンジン音をトリガーとして使い、遠くに設置されている場合は、光を使用します。」とジョンは説明します。この革新的な装置は、あらゆるカメラに適応可能なためオムニ・トリガーと呼ばれ、宇宙センターで最も優れたリモートカメラ作動装置として、多くのメジャーな団体から探し求められました。


ハッセルブラッドのハウジング

ジョンと愛機のハッセルブラッドは、スペースシャトルの画像を捉えるために、距離とリモートカメラ作動装置を工夫するだけでなく、湿度の高いフロリダの天候を克服する装備も備えていました。ハッセルブラッドのカメラを過酷な環境から保護するために、ジョンは個々のカスタムメイドのハウジングを作りました。アルミニウムで作られたこれらのハウジングは、熱を反射するために白く塗られ、ハウジング内部を涼しく保つための「屋根」がありました。また内部の乾燥を保つため、ジョンはシリカゲルを使用しました。ハウジングは、カメラとカラーフィルムの保護に非常にうまく機能しました。


ディスカバリー号 ミッション 51A 上昇飛行

1984年プレスサイト

この画像は、プレスサイトから、実際の打ち上げの様子が伝わる写真にしたいと思い撮影したことを覚えています。 この日の朝は特別でした。早朝の打ち上げだったので、太陽の角度は低く、素晴らしいサイドライトとなりました。また、嵐の前線が接近していて、ドラマチックな雲がいくつかありました。そして、私にとってこの画像が特別なのは、雲の小さな穴の中にシャトルが見えることです。

© John A. Chakeres
Camera: Hasselblad 500 EL/M
Lens: Sonnar C F/2.8 80mm T*

© John A. Chakeres
Camera: Hasselblad 500 EL/M
Lens: Sonnar C F/4 150mm T*

ディスカバリー号 夕暮れ時の打ち上げ 1984年39A発射施設

打ち上げの前夜、NASAはフォトグラファー全員を発射施設に連れて行き、準備のための機構が外され、打ち上げられる姿のシャトルを初めて公開しました。ちょうどその時太陽が沈み、キセノンライトが点灯して夜間のシャトルを照らしました。シャトルを照らすキセノンライトの光と夕日のバランスがとれた瞬間、最も撮りたかった一枚が撮影できました。


チャレンジャー号 ミッション51B 1985年 41リモート発射施設

この写真撮影はチャレンジングでした。私はナショナルジオグラフィックに雇われて、これまで使用されたことのない場所からのリモートカメラショットを手伝いました。ナショナルジオグラフィックは空軍から地上200フィートの高さにある発射塔にカメラを設置する許可を得ました。これは1回限りの機会だったので、カメラを確実に機能させる必要がありました。 通常、ロケットエンジン音はリモートでカメラを作動させるために使用されますが、この場合、音がカメラ作動装置に到達するまでに、シャトルはカメラフレームの外に出てしまいます。そこで、このリモートセットアップでは、光センサーを開発し、カメラを作動させました。

© John A. Chakeres
Camera: Hasselblad 500 EL/M
Lens: Sonnar C F/5.6 350mm T*

Challenger - Xenon Lights Launch Complex 39A - 1984
© John A. Chakeres
Camera: Hasselblad 500 EL/M
Lens: Sonnar C F/5.6 350mm T*

私はこれらの写真を、アメリカの宇宙計画の歴史におけるユニークな瞬間のタイムカプセルとして捉えています。1981年から1986年の間に、シャトルは研究開発から完全に運用可能な商業宇宙プログラムへと移行しました。それらの初期の頃は、宇宙旅行の将来についての興奮と希望に満ちていました。スペースシャトルの発射を目撃した度に、まるで未来の最前列の席に座っているかのように感じました。


1981年から1986年の間にジョンがハッセルブラッドEL/Mカメラで撮影したケネディ宇宙センターでのスペースシャトルの離着陸の魅惑的な画像は、First Fleetに美しく収められています。


ジョン・A・チャーカーズについて

アメリカの写真家ジョン・A・チャーカーズは、40年以上にわたって、中判フィルムカメラのアーティストとして活躍しています。First Fleetは、彼の4冊目の写真集です。彼の作品は数多くの展覧会や出版物に掲載されており、ニューヨーク近代美術館を含む複数の常設コレクションとしても展示されています。ジョンはこれまでの自身の知識と経験を伝えるため、オハイオ大学、コロンバスカレッジオブアートアンドデザイン、およびコロンバスステートコミュニティカレッジで写真、版画、デジタルイメージングを教えています。彼の作品の詳細はこちらをご覧ください。


Justin Mott

ベトナムへのラブレター

ベトナムを拠点とするフォトグラファーのジャスティン・モットは、今勢いに乗るプロとしての成功の多くを、個人的なプロジェクトから築きました。ジャスティンを過去10年間旅に連れ出した動機は、枯葉剤の壊滅的な被害に苦しむ犠牲者を対象としたフォトジャーナリズム研究でした。

Read more

Dino Kužnik

孤独なアメリカ西部

アメリカ西部に惹かれ、多くの写真を撮り続けているクリエイティブなスロベニア出身の写真家ディーノ・カズニックは、拠点のニューヨークで数か月間のロックダウンを経験後、コロラド、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコを横断する2週間のロードトリップに出かけました。中判フィルムでの撮影に慣れ親しんでいたディーノは、X1D II 50CとXCD 45mmおよび90mmの中判デジタルを旅の相棒に選びました。険しい砂漠の風景の自然溢れる地域をドライブしながら撮影したディーノの作品は、私たちを一昔前のアメリカへタイムスリップに連れ出します。

Read more

Tom Oldham

XH コンバーター 0,8でレンズの新しい可能性を開く

907X 50Cで新しいXH コンバーター 0,8を最初に試した一人として、英国のフォトグラファーのトム・オールドハムはギリシャ人のモデルで活動家のビリー・デリオスと驚くべくダイナミックなスタジオセッションを行いました。907X、およびXシステムのカメラでHC/HCDレンズを使用するためのアクセサリーのXHコンバーター 0,8は、より広い画角と、改良された最大絞りを提供し、トムの典型的なポートレート撮影スタイルをf/11からf/1,8に至るワイドな範囲に広げ、驚くほど大胆なビジュアルを作成しました。

Read more

4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more