Göran Liljeberg

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。


Göran Liljeberg

彼が蝶や昆虫に興味を持ったきっかけは少年時代、昆虫の複雑でユニークなディテールにすっかりハマってしまい、それがきっかけとなりました。彼は同時に若い頃から写真にも情熱を注ぎ、昆虫と写真に没頭していくことはある意味自然な流れと言えました。彼の作品は母国のスウェーデンの国立公文書館、ギャラリーから讃えられ、海外からも同様に高い評価を受けています。現在ではインテリアとして邸宅での鑑賞用のプリントにも力を注いでいます。彼はまたストックホルム昆虫学会、自然歴史博物館の委員として貢献しています。昆虫撮影の情熱がどのように高まったのか?彼は“私は長年に渡り、本当に昆虫の周りをずっと旅しているような人生を送っています。いつも、その美しさと魔法に魅せられています。”と語ります。

彼は自身を革新的な人物だとは思っていません。長年にわたり熱心にマクロ撮影とフォーカス・スタッキングの技術の研究を重ねてきました。近年の技術の進化のよりヨーランの作品の撮影の技術的な負荷は大分、軽減されたようです。

デジタルカメラの急激な進化は私の撮影の大半を占めるスタッキング撮影に多大な恩恵を与えています。コンピュータと適切に調整されたモニターを繋げた撮影ワークフローは私の撮影作業を劇的に効率的にしてくれました。


Hasselblad H6D-400c Multi-shot

Play video

マルチショット写真撮影は博物学と同様、彫刻や装飾品等の芸術や文化財の修復作業や保存など、可能な限りで高画質写真が必要とされる分野で標準の機材として認知されるようになりました。しかし、所謂、マルチショット写真撮影は通常の人々が想像する撮影のようなものではなく、熟練を要し、複雑な設定など必要とされます。

マルチショット写真撮影のパイオニアであるH6D-400c MSを使って、ヨーラン はUSB3.0 タイプCのテザー接続撮影、WiFi機能、 スマートフォンのようなタッチ操作、デュアルスロット、トゥルーフォーカスII等の機能を柔軟に活用し、先駆的なマルチショットテクノロジーの性能をフルに簡単に引き出すことができました。H6D-400c MSの6ショット撮影では、その撮影ファイルは実効23200 x 17400 ピクセル(4億画素)、16ビットTIFFで2.4GBのファイルサイズとなります。

H6D-400c MSとHC4/120mm マクロレンズを使用した最新のコレクションで、ヨーランはカメラの性能を如何なく引き出すことができました。その結果を見て、彼は語ります、「ディテールとカラーを最善の形で捉えることができました。昆虫撮影で精緻さは最も重要であり可能な限り事実を捉える必要があるのです。4億画素のマルチショット撮影ではこのユニークなディテールを見事に描写し、まさにプロが必要とするツールです。」

この究極のディテールに富んだマクロ撮影の手法を伝授するとすればヨーランはいくつかの重要な点を強調します。「”被写体がキーとなります。もし撮影するべき美しい蝶や昆虫が見つからなければ、多くのコレクターに連絡を取ってみることです。画像をきれいに並べるテクニックも同様に重要ですし、何と言っても忍耐と経験です。」と語ります。彼の作品はこちらから

Discover the Hasselblad
H6D-400c Multi-shot

Learn more


4人の写真家、ガンジス川を行く

ガブリエル・フローレス、ジョー・グリア、ジェレミー・スネル、ダン・トムの4人の写真家は、1億人以上の信者が集まるヒンドゥー教の巡礼「クンブ・メーラ」が行われるインド中部のガンジス川に向かい、ユニークな視点と個々の写真スタイルでこの異文化の旅を記録しました。

Read more

ハッセルブラッド H6D-100c 

日本画の最大規模の展覧会「院展」の図録の作成およびアーカイブ化に活躍

より多くの光を取り込むことができる、一億画素のセンサーを搭載したハッセルブラッド H6D-100cは、高解像度の画質が求められる美術作品の撮影でも多く活躍しています。公益財団法人日本美術院が主催運営している日本画の公募展覧会の院展の図録の作成およびアーカイブ化でもH6D-100cの最高クラスの画質と解像度は、その性能を最大限に発揮しています。

Read more

TOM OLDHAM

クルーナーズの最後

ポートレートフォトグラファーのトム・オールドハムのシリーズで受賞歴のある、「クルナーズの最後(The Last of the Crooners)」は、ロンドン東部にある彼の地元のパブ「パームツリー(The PalmTree)」で出会ったジャズミュージシャンのグループを撮影した作品です。

Read more

Anna Davis and Daniel Rueda

新製品907X 50Cで視覚的世界を広げる

クリエィティブデュオで、ハッセルブラッドアンバサダーのアンナ・デービスとダニエル・ルエダは、新製品907X 50Cの発売を祝い、ハッセルブラッドの長い歴史からインスピレーションを得て、ハッセルブラッドの最も有名な特徴を表現した作品を発表しました。彼ら独自の視覚的世界が広がる、「クローン作成の状況」、「レコードプレーヤーとの融合」、「自身の星座のマッピング」などの各作品はNASAとの協業へも繋がった、ハッセルブラッドカメラの「優れた耐久性」、「クラシックなデザイン」、「テクノロジーの背後にある革新性」を具現化したものです。

Read more

Adam Weist

冒険心を掻き立てるニュージーランドの亜熱帯雨林と活火山

世界が一変した2020年3月、ロサンゼルスを拠点とするフォトグラファーのアダム・ウェイストは、世の中の喧騒から離れ、地球の反対側のニュージーランドの魅惑的で夢のような景色の中にいました。亜熱帯雨林の豪雨の真っ只中から活火山の雪嵐まで、X1D II 50Cで撮影したアダムの作品は、ニュージーランドの美しさを見事に映し出し、風景写真家の憧れの地に私たちを誘います。

Read more

Ole Marius Joergensen

セールスマンを主人公とした優雅な小作品

一昔前を象徴するセールスマンは、オレ・マリウス・ヨーゲンセンのシリーズ「Vignettes of a Salesman」の中心的存在です。 オレは、ノルウェーの風景を背景に鮮やかな映画のような照明を使用して、この物語を紡ぎました。

Read more

Bjørn Wad

ノルウェー人アーティストの人生

ビヨルン・ワッドは、ハッセルブラッド503CWで19人のノルウェー人の現代アーティストの見事なモノクロフィルムポートレートと、アートブックKunstnerliv(アーティストライフ)のための彼らの作品を撮影しました。

Read more

TERUYASU KITAYAMA

ハッセルブラッドの中判デジタルで広がる天体・星景写真の世界

大きなセンサーで光を捉え、高い描写性にアドバンテージを持つハッセルブラッドの中判デジタルカメラ。ハッセルブラッドで捉えた夜空は、普段肉眼で見ることができない特別な顔を見せてくれます。天体に魅せられ、星景写真家となった北山輝泰さんに、中判デジタルで撮影する星空の魅力について伺いました。

Read more