Göran Liljeberg

ハッセルブラッド 4億画素マルチショットの実力を検証する

自然界の最も美しい昆虫を撮影する専門家、ヨーラン・リリベリは発売当初のハッセルブラッドH6D-400c MSをテストしたフォトグラファーの1人です。


Göran Liljeberg

彼が蝶や昆虫に興味を持ったきっかけは少年時代、昆虫の複雑でユニークなディテールにすっかりハマってしまい、それがきっかけとなりました。彼は同時に若い頃から写真にも情熱を注ぎ、昆虫と写真に没頭していくことはある意味自然な流れと言えました。彼の作品は母国のスウェーデンの国立公文書館、ギャラリーから讃えられ、海外からも同様に高い評価を受けています。現在ではインテリアとして邸宅での鑑賞用のプリントにも力を注いでいます。彼はまたストックホルム昆虫学会、自然歴史博物館の委員として貢献しています。昆虫撮影の情熱がどのように高まったのか?彼は“私は長年に渡り、本当に昆虫の周りをずっと旅しているような人生を送っています。いつも、その美しさと魔法に魅せられています。”と語ります。

彼は自身を革新的な人物だとは思っていません。長年にわたり熱心にマクロ撮影とフォーカス・スタッキングの技術の研究を重ねてきました。近年の技術の進化のよりヨーランの作品の撮影の技術的な負荷は大分、軽減されたようです。

デジタルカメラの急激な進化は私の撮影の大半を占めるスタッキング撮影に多大な恩恵を与えています。コンピュータと適切に調整されたモニターを繋げた撮影ワークフローは私の撮影作業を劇的に効率的にしてくれました。


Hasselblad H6D-400c Multi-shot

Play video

マルチショット写真撮影は博物学と同様、彫刻や装飾品等の芸術や文化財の修復作業や保存など、可能な限りで高画質写真が必要とされる分野で標準の機材として認知されるようになりました。しかし、所謂、マルチショット写真撮影は通常の人々が想像する撮影のようなものではなく、熟練を要し、複雑な設定など必要とされます。

マルチショット写真撮影のパイオニアであるH6D-400c MSを使って、ヨーラン はUSB3.0 タイプCのテザー接続撮影、WiFi機能、 スマートフォンのようなタッチ操作、デュアルスロット、トゥルーフォーカスII等の機能を柔軟に活用し、先駆的なマルチショットテクノロジーの性能をフルに簡単に引き出すことができました。H6D-400c MSの6ショット撮影では、その撮影ファイルは実効23200 x 17400 ピクセル(4億画素)、16ビットTIFFで2.4GBのファイルサイズとなります。

H6D-400c MSとHC4/120mm マクロレンズを使用した最新のコレクションで、ヨーランはカメラの性能を如何なく引き出すことができました。その結果を見て、彼は語ります、「ディテールとカラーを最善の形で捉えることができました。昆虫撮影で精緻さは最も重要であり可能な限り事実を捉える必要があるのです。4億画素のマルチショット撮影ではこのユニークなディテールを見事に描写し、まさにプロが必要とするツールです。」

この究極のディテールに富んだマクロ撮影の手法を伝授するとすればヨーランはいくつかの重要な点を強調します。「”被写体がキーとなります。もし撮影するべき美しい蝶や昆虫が見つからなければ、多くのコレクターに連絡を取ってみることです。画像をきれいに並べるテクニックも同様に重要ですし、何と言っても忍耐と経験です。」と語ります。彼の作品はこちらから

Discover the Hasselblad
H6D-400c Multi-shot

Learn more


Brock Elbank

多様性への情熱

イギリスのフォトグラファーであるブロック・エルバンクは、ひげを生やした男性から白斑模様のある人物まで、地球上で最も美しく個性的な人々の素晴らしいポートレイトを撮影することで国際的に高い評価を得ています。

Read more

Sven Baum

X Vアダプターで、生まれたばかりの娘の日常をシネマチックに記録

独学のフォトジャーナリストのスヴェン・バウムは、ほぼ1年間にわたって彼の最初の娘のロミーの日常を記録しました。ポーズをとった硬い表情の赤ちゃんのポートレートから一線を画し、スヴェンはX1DといくつかのXCDレンズ、そしてXVアダプターと昔のカール・ツァイス・プラナー 80mmレンズ、ディスタゴン50mmレンズ、21mmエクステンション・チューブを接続して、映画のようなカットでカラーグレーディングした写真を撮影し、娘の飾り気のない日々の成長のストーリーを紡ぎました。

Read more

SEIJI SHIRONO

ハッセルブラッドのHシステム マルチショットで日本の歴史的遺産を後世へ継承する。

多くの歴史的遺産を撮影し、後世に伝えるお仕事に30 年以上にわたって携わっていらっしゃる城野誠治さんは、ハッセルブラッドのH システム マルチショットを長年愛用しています。

Read more

Gered Mankowitz

ハッセルブラッド 500Cと音楽の歴史

ゲレッド・マンコヴィッツは、ハッセルブラッドで歴史上の象徴的で重要なロックミュージックのシーンの数々を捉えてきました。その中でもローリングストーンズやジミ・ヘンドリックスの写真はその時代の雰囲気をリアルに捉えた一枚として高く評価されています。

Read more

John A. Chakeres

ハッセルブラッド 500EL/Mでスペースシャトルを撮影 

画像をより近くでキャプチャーするために自作のリモートカメラ作動装置を使って撮影された、ジョン・A・チャーカーズの雄大なスペースシャトルの「ポートレイト」は、歴史上、最も歴史に残るいくつかの瞬間を最前列で見ているような迫力を伝えています。

Read more

H6D-400cマルチショットの画像を元に製作された3D インタラクティブモデルでレオナルド・ダ・ヴィンチの初期作品がデジタル復元技術を駆使し再現される

レオナルド・ダ・ヴィンチの初期のスケッチの一部をデジタルバージョンとして再現するため、ボローニャ大学の建築学部は、H6D-400cマルチショットと独自に開発したソフトウェアを組み合わせ、何百年も前の芸術作品の3Dモデルを作成しました。

Read more

Stephen Sweeney

ロックダウン下の家族の肖像

ロンドン在住のフリーランスフォトグラファー、ステファン・スウィーニーはロンドンの大都会を駆け回りながらポートレートや広告写真を撮ってきました。それがこの数か月は、家にいることを強いられ、普段していることをできずに過ごしています。両親と4人の兄弟と共にロックダウンを過ごすうちに、彼はこの珍しい「ひとつ屋根の下」のシチュエーションをクリエイティブに活かし、6人の家族を美しく照らし出したポートレートを撮ることを決めました。

Read more

100周年記念

シド・アヴェリーとハッセルブラッド

オードリー・ヘップバーン、ジェームス・ディーン、エリザベス・テーラー。アメリカを象徴するフォトグラファー、シド・アヴェリーは彼らを撮影し、ほとんどの撮影でハッセルブラッド500Cを使用しました。ハリウッドの黄金時代のスターを撮影したことで知られ、気さく撮影スタイルでセレブたちの素顔を捉えてきました。1928年10月12日に生まれ2018年の10月12日には生誕100周年として彼の写真芸術に対しての貢献と彼のレンズを通して刻まれた歴史が讃えられました。

Read more