ハンス・ストランド
Hans Strand

Manmade Land

風景写真家のハンス・ストランドは、凍てつく氷河から、熱帯雨林、乾燥した砂漠地帯にいたるまで、母なる自然が持つ様々な側面に常に魅了されてきました。ハンスはプロジェクト「Manmade Land」において、人間による環境への介入や干渉を、Hasselblad H6D-100cを使い空からの視点で撮影することで探求します。

Camera: Hasselblad H6D-100c
Shutter Speed: 1/750 Sec
Aperture: F/5,6
Focal Length: 50mm (HC 3,5/50mm II)
© Hans Strand

Camera: Hasselblad H6D-100c
Shutter Speed: 1/750 Sec
Aperture: F/5,6
Focal Length: 50mm (HC 3,5/50mm II)
© Hans Strand

空撮で撮影された幾何学的な形は、一見スペイン絵画の中に見られる筆跡のように見えます。しかしより近づいて注視したときに、これらが自然にできたものではなく、この地球を支配する人間によるものだと気づかされます。

ハンスは飛行機の座席から世界中の様々な風景を撮影するようになって何年も経た結果、人間がどれほど環境に大きな影響を与える存在であるか疑う余地がないほど気づくようになりました。人間は深く考えることなく消費と破壊を繰り返し、地球の豊かな資源を搾取することで、結果として多くの動植物を失ってきました。「私は、直接的にも比喩的にも、人間による環境破壊を写し取りたかったんです。」「人間が与えた影響によって地球の表面上に生まれる模様は、それ自体がグラフィックアートのようなものです。それを見ることで我々の行動の先に、どんな影響が起こるのかを我々自身が気付けるようになればと思います。」とハンスは説明します。

Camera: Hasselblad H6D-100c
Shutter Speed: 1/750 Sec
Aperture: F/5,6
Focal Length: 50mm (HC 3,5/50mm II)
© Hans Strand

ハンスが取り組んだプロジェクトの一つに、農業がいかに風景を人工的に変えていくのかについて目を向けさせるものがあります。灌漑対策や農地としての開墾のために森林伐採を行ったり土地を掘り起こすことで、人間は地上に傷を刻み込みました。「野の形は地形学や農業技術の結果であり、空から見る美しい形というのはただの副産物です。」とハンスは話します。人口が増加し続ける現状と、それに比例して増える食物の需要により、将来的にこのような風景はより一般的になるだろう、と付け加えています。

また、プロジェクトではアンダルシア地方の山にあるリオ・ティント鉱山にできた、山や谷、村をも飲み込むようなとてつもなく大きな穴が主題のひとつとなっています。この地区はかつてその地区を流れていた川の名前に由来していますが、その周辺で出土した鉱物の発掘により公害がもたらされ、地表が赤く染まりました。

ハンスの空撮写真は、人間の行為によって地上を様々な色の物質で彩り、、地球の本来の美しさを脅かしていることを明らかにします。

Camera: Hasselblad H6D-100c
Shutter Speed: 1/800 sec
Aperture: F/8
Focal Length: 50mm (HC 3,5/50mm II)
© Hans Strand

このような状況を伝えるために、ハンスはHasselblad H6D-100cHC 3.5/ 50mm IIHC 2.8/80mmレンズのシステムで正確で高解像度の撮影に臨みました。。彼は、この中判デジタルカメラの持つ15ストップのダイナミックレンジと、色の正確さを高く評価しています。これは最高のプリントを作成するのに重要だったからです。「H6D-100cを選んだ理由は、目前のの写真展覧会にむけて作品を非常に大きくプリントする必要があり、1億画素のセンサーだけがその可能性を与えてくれたからです。その展覧会に向けて、私は140x140cmのプリントを20枚作成しましたが、全く問題ありませんでした。」と説明します。

ハンスのドキュメンタリープロジェクトである「Manmade Land」は、自然に優しい方法での地球資源の管理方法について考えさせるだけでなく、どれだけありのままの自然環境が残っているかを考えさせます。

ハンスについて詳しくはこちら

DISCOVER THE HASSELBLAD H6D-100C

Related articles