ハッセルブラッド アンバサダー

クラウス・ティマン

デンマーク

デンマークの著名な写真家であり自然環境活動家であるクラウス・ティマンは、ジャーナリズム、イメージ制作、地図作製、探査などのさまざまな技能を組み合わせて、現代の問題を実証し、現在進行中の気候の緊急事態に対して行動しています。彼の幅広い仕事は、ウガンダとコンゴで、新しいトレッキングルートを使って、氷河とその消失の様子を探ったり、北スウェーデンの北極圏の町キルナの移転を記録したり、ニュージーランドの世界で最も澄んだ湖で単独スキューバダイビングにチャレンジしたりと、活動場所は世界の隅々にまでおよびます。現在は、メキシコのユカタン半島で海底川を探索しています。彼は継続的に探検隊を立ち上げ、6大陸の6300mを超える山々に山岳トレッキングのチームを率いて登頂してきました。クラウスの優れた実績は、NASAやオックスフォード大学などの団体とのコラボレーションを可能とし、BBC、CNN、ナショナルジオグラフィック、ローリングストーン、ニューヨークタイムズなどのメディアで紹介されました。

今まさに起こっている気候の緊急事態に対して、クラウスは2008年に活動家のチャリティProject Pressureを設立しました。これは、アートを使って環境問題を視覚化し、世界規模で意識と行動を促すプロジェクトです。具体的な活動は、著名なアーティストに世界を旅するよう依頼し、気候問題に焦点を当てた、多くの人々に気付きを与える作品を作り出す使命を与えます。これらのクリエイティブは、議論だけでなく、自然保全の面で、社会的および政治的変化を促進するものでないといけません。中でも、World Glacier Monitoring Service(世界氷河モニタリングサービス)やNASAとのパートナーシップを築き、革新的な技術開発の先駆者となりました。ハッセルブラッドは、Klausがハッセルブラッドのカメラを愛用していたことから、光栄にもProject Pressureのパートナーとして、数年前からコラボレーションしています。

IN KLAUS THYMANN'S CAMERA BAG

More Hasselblad Ambassadors