ハッセルブラッド アンバサダー

クーパー & ゴルファー

スウェーデン

クーパー&ゴルファーの作品は、18世紀と19世紀の絵画にルーツを持つ、写真の物語的な様式に基づいています。彼らが”上演”した写真には、歴史、神話、文化遺産への明確な言及が見て取れます。サラ・クーパーとニナ・ゴルファーは、まるで彼らのイメージの背後にいる振付師のようです。彼らの写真は、彼らが描く人々との密接なコラボレーションで成り立っています。決定的な瞬間を待つ個々の通行人とは違って、クーパーとゴルファーは丁寧に作品全体をディレクションします。元は写真家ですが、彼らは現実的な写真表現から距離を置いています。彼らはプロポーションを歪め、時間と空間を変化させ、厳密にステージングし、様式化されたポーズとジェスチャーを使って世界を一旦バラバラに分解し、それらを謎めいた誇張されたアンサンブルに再配置します。美術史のマニエリスム、前ラファエル派、シュールレアリストのように、クーパー&ゴルファーは、夢、ムード、恐れ、傷など、彼ら自身が内に持つものと彼らの体験を複雑な心理的フィルターを通し、注目すべき現実として、研ぎ澄まします。

クーパー&ゴルファーは、2人のアーティスト、サラ・クーパー(USA、1974)とニナ・ゴルファー(オーストリア、1979)で構成されています。 彼らのコラボレーションは2006年に始まり、スウェーデンのヨーテボリ在住です。

UTOPIA OR THE MISTAKE OF THE INTELLECT

IN COOPER AND GORFER'S CAMERA BAG

More Hasselblad Ambassadors