Search and sort

吉田 裕之 写真展|『和美写美』WABIshabi

Hiroyuki Yoshida Photo Exhibition | WABIshabi

2015年9月8日(火) – 10月2日(金)
ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー


 

Photo: Hiroyuki Yoshida, Camera: Hasselblad H4D-40


和美写美

昔、江戸のはずれに新吉原あり。四方を掘りに囲まれ、大門からのみに出入りが限られた隔離された世界。そこで流行りのファッションは歌舞伎に取り入れられて庶民の中に、またそこで流行った歌は江戸の町を賑わし、歌人や絵師などがこぞって描き伝え、文化を生み出す中心となった。

町の中心にいたのが吉原遊女。光が当たる反面、その分大きな影もあったであろう。しかし、彼女たちの誇りとしての『粋』や『張り』が、江戸の文化に影響をあたえたのは間違いなかったであろう。

もはや伝承や写真、浮世絵などから覗くことしかできなくなってしまった御伽の国。その資料などから事実を知れば知るほど光が増して、いつしか吉田氏の頭の中にもその幻想の国が存在していた。今回は、光の中で輝く女性を夢見て作品づくりが始まった。彼の頭の中にある美人画 『和美写美』のお披露目である。

制作にあたり、はじめは浮世絵や日本画の作品に用いられている平面的で遠近法を用いない作品、その中でも独特の形で世界に広がることになった浮世絵を写真にすることにテーマを絞った。展示方法に『掛け軸』の形を取り入れることにより、写真独特の絵のサイズから離れ、広がりのある空間(そら)によって余韻を感じられる作品に仕上がった。江戸時代から現代へ。

江戸時代に始まった浮世絵が時代の流れで包装紙などとしてヨーロッパに渡たり、ゴッホやマネなどに影響を与えてでき上がった作品に対するオマージュとして、現代の包装紙である段ボールにプリントをした作品も合わせて展示している。 軸装は、額装屋と相談して広島の職人に発注。着物は古着を使用。各作品はエディション12で数字の代わりに十二支の落款を用いている。

今回の展示は吉田氏の初の個展。今後も掛け軸写真をモチーフに活動していくのでご期待いただきたい。


吉田 裕之 プロフィール
1967年生まれ。幼少期より西洋の宗教画や日本画、浮世絵の影響を受け画家を目指していたが、祖父の影響をうけて多摩美術大学建築科に進学。在学中の図書館で、建築の資料写真やジャンルー・シーフのファッション写真との出会いから写真に興味を持つことに。当時、学費を稼ぐ必要があったため、働きながら勉強のできるアルバイトでスタジオに入る。写真の魅力に惹かれて大学を中途退学、フォトグラファーを目指しスタジオに就職。

1989年よりフリーのアシスタントとなり、さまざまな分野のフォトグラファーに師事。1994年独立し雑誌等の人物写真をメインに活動。2011年同業種のフォトグラファー数名とsharaku projectを結成し活動を開始、同時に個展に向けて創作活動を始める。

www.hiroyukiyoshida.com


写真展 詳細
会期: 
2015年9月8日(火) – 2015年10月2日(金)
時間: 月–金 12時–18時 (休廊:土曜・日曜)
会場: ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-32
TEL: 03-6434-9567
URL: www.hasselblad.com/jp
F B : www.facebook.com/Hasselblad.Japan


Hiroyuki Yoshida | WABIshabi 

The Yoshiwara Pleasure Quarter was once an isolated world, on the outskirts of Edo, surrounded by a moat on all sides, and only accessible thorough the Daimon gate.

The inhabitants, the Yoshiwara courtesans, soon became the centre of popular culture with their iki and hari geisha-like sensuality and affected the way Edo of life; the Kabuki began to incorporate the dressing style into their acts and the songs sang became fashionable amongst common people. The pleasure land became a source of inspiration for poets and painters who depicted the scene, and through prints also influenced the Western art world.

Yoshida believes that where there is light, there is always a dark side, and acknowledges the suffering and unpleasantness. However, it is fact that the Yoshiwara courtesans influenced Edo culture and history.

By using traditional crafts makers in Hiroshima to create the Kakejiku, that has vast negative space or sora (sky), Yoshida has brought the Edo period to modern day through photography. Similar to Ukiyoe prints that were used as wrapping paper in Europe giving Van Gogh and Manet inspiration, Yoshida printed on cardboard. This is homage to the great masters and a sense of history.

This exhibition is Yoshida’s first solo exhibition and the title, WABIshabi, is a play on the Japanese aesthetics word wabi sabi: by replacing the word sa to sha (form the word shashin meaning photography). The prints are an edition of twelve to represent the twelve signs of the Zodiac and are sealed with a unique stamp.


Hiroyuki Yoshida Biography

Born in 1967. From a young age Yoshida had a keen interest in Western religious art as well as Japanese traditional paintings. Taking influences from Ukiyoe, Yoshida wanted to be a painter, however convinced by his grandfather he started to study architecture at Tama Art University.

Whilst at University, Yoshida was aware of the importance of photography especially architectural photography and especially French fashion photographers like Jeanloup Sieff. This prompted him to take a part time job in a photo studio during the summer holidays. This is where he found his true passion and never returned to university.

From 1989, Yoshida began working as a freelance photographic assistant gaining knowledge in various photographic genres, from 1994 he began specialising in portrait photography.

In 2011, Yoshida started the sharaku project with several photographers and began to exhibit his work. Initially taking inspiration from Ukiyoe and Japanese paintings, which are 2D and have no perspective, he began to question why this became universally popular.

www.hiroyukiyoshida.com


Exhibition Duration: 

Tuesday 8th Sept to Friday 2nd Oct 2015
Time: 12:00 – 18:00 Monday – Friday
Closed on Saturdays, Sundays and National Holidays
Location: Hasselblad Japan Gallery 
Address:  1-10-32 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
TEL: 03-6434-9567
URL: www.hasselblad.com/jp
F B : www.facebook.com/Hasselblad.Japan

Our World

Camera model
Exposure time
Aperture
ISO
Exposure mode
Auto exposure Manual exposure Auto bracket
Photographer