Search and sort

等伯・墨のコンポジション─南禅寺天授庵襖絵 研究調査報告展と記念クロストークイベント

Hasselblad Multi-Shot Case Study with Tokyo University of the Arts:

Hasegawa Tohaku Sumi Composition: Tenjuan, Nanzenji Fusumae Research Exhibition

hondo1

zen2南禅寺天授庵所蔵の32面の襖絵は、禅の説話をあらわした室中の間の禅機図を中心に、商山四皓図、松鶴図を描いた等伯晩年の秀作で、近年注目を集めるようになった作品です。

東京藝術大学の須賀みほ准教授(日本美術史)ならびに小塚直斗氏(同大大学院博士後期課程(油画技法材料))は2009年より本作の詳細な造形研究を行い、ハッセルブラッドのマルチショットを用いた記録撮影を進めてきました。

本展ではその成果に基づき、研究において制作された実寸大の襖絵記録模本二面と、墨の表現性に注目した画像の展示が行われます。


『等伯の説話画 南禅寺天授庵の襖絵』(青幻舎)

本書は、上記の調査研究の成果を基にしてまとめられた書籍で、天授庵の作例を説話画の観点から捉え、等伯画の新しい魅力を伝える図録です。32面からなる襖絵のすべてがハッセルブラッドのマルチショット撮影による画像で紹介され、解説が和文と英文で収録されています。
□ 判型:A4変
□ 総頁:104頁
□ 並製
□ 定価:本体2,800円+税
□ ISBN978-4-86152-494-3 C0071


須賀 みほ
東京藝術大学 大学院美術研究科/美術学部 准教授(日本美術史)

小塚 直斗
東京藝術大学 大学院美術研究科 博士後期課程(油画技法材料)


記念クロストークイベント

日程: 2015年6月6日(土)
時間: 15:00 – 17:30
会場: ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー
入場: 無料

1. 研究調査報告/須賀 みほ
2. 撮影の手法について ーなぜマルチショットなのか/対談・小塚 直斗、飯田 和男
3. 天授庵、等伯の世界/対談・須賀みほ、エリザベス・アデマン

終了後、マルチショット*のハンズオン体験 及び 個別ご相談会を行います。

※ 中判カメラの世界で最高の高精細を誇る2億画素のカメラ、ハッセルブラッドのH5D-200cMS

協力: EIZO株式会社 4Kモニター CG318-4K

お申し込み: 先着30名 リンク先よりお申し込みください。


研究調査報告展 詳細

会期: 2015年6月2日(火) – 2015年6月26日(金)
時間: 月–金 12:00–18:00 (土曜・日曜・祝日:休廊)
会場: ハッセルブラッド・ジャパン ギャラリー
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-32
TEL: 03-6434-9567
URL: www.hasselblad.com/jp
Blog: www.handsonahasselblad.jp
F B : www.facebook.com/Hasselblad.Japan


Hasegawa Tohaku Sumi Composition:
Tenjuan, Nanzenji Fusumae Research Exhibition

Tenjuan in Nanzenji Temple, Kyoto is home to some 400-year-old fusuma paintings by Hasegawa Tohaku. As the traditional sliding doors are considered important cultural property, they are no longer in situ at the temple but are archived in Fumonden repository.

Dr. Miho Suga from Tokyo University of the Arts (Tokyo Geijutsu Daigaku) carried out research on the 32 fusumae panels, representing a series of Zen fables, between 2009 and 2014. Naoto Kozuka, also from Tokyo University of the Arts, carried out extensive documentation of the paintings, using a Hasselblad Multi-Shot 200MS camera.

The images were reproduced on to washi paper and made in to fusuma, and for a short period of time were replaced in there original position in the temple, so that the ‘ma’ could be truly appreciated. The reproduction work turned out to be just the beginning of the research: the result shows that through the use of the Multi-Shot camera, the old sumi mark makings have a new life as contemporary art.

There is a book available, published by Seigensha Art Publishing, Inc., telling the story Fusuma Paintings by Hasegawa Tohaku: A Narrative Art at Tenjuan, Nanzenji.


Gallery Talk Event:

Date: Saturday 6th June 2015
Time: 15:00 – 17:30
Hasselblad Japan Gallery
Free entrance

1. Research content by Miho Suga
2. Shooting operation – Why use a Hasselblad Multi-shot? by Naoto Kozuka and Kazuo Iida
3. Tohaku’s World at Tenjuan by Miho Suga and Elizabeth Addyman

After the talk session there will be a ‘Hands on a Hasselblad Multi-Shot’, shooting opportunity.

Space is limited so please apply via this link.


Exhibition Duration:

Tuesday 2nd June to Friday 26th June 2015
Time: 12:00 – 18:00 Monday – Friday
Closed on Saturdays, Sundays and National Holidays
Location: Hasselblad Japan Gallery 
Address: 1-10-32 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
TEL: 03-6434-9567
URL: www.hasselblad.com/jp
Blog: www.handsonahasselblad.jp
F B : www.facebook.com/Hasselblad.Japan

 

Our World

Camera model
Exposure time
Aperture
ISO
Exposure mode
Auto exposure Manual exposure Auto bracket
Photographer