特殊モデル

A5D Aerial

ますます需要が高まっている空撮の分野において、ハッセルブラッドは常に進化した製品やアプリケーションをご提供しつづけています。ハッセルブラッドA5Dは、とくに特殊分野用に開発されたハッセルブラッド最先端の空撮カメラです。

ハッセルブラッドA5Dは、顧客調査やマッピングから導き出された画像品質や信頼感に答えられるよう発展してきました。

センサーサイズは 5000万画素、8000万画素。A5Dカメラシリーズは、世界で一番の光学とセンサーを現代的でコンパクトなデザインと融合し、一体型で最高の画像品質を確かに手に入れることができます。ハッセルブラッドの空撮カメラは、求められている画像を確実に提供します。

複数のカメラを使用して地図作成のための高精細な画像を撮影するとき、正確に同時にカメラのセンサーを露出することがとても重要になります。シンクロが同調しなかったり、撮影ごとに変動したりすると現像後の画像統合がとても難しくなります。A5Dは8つのカメラをケーブルで接続し、20μs以内でシンクロさせることができます。この特長により、現像後に同調シンクロで起こるあらゆる問題を完全に排除しています。

Hシステムレンズの9本が空撮用として用意されています。安全ロックマウントで振動を最小限にとどめ、いつでもセンサーを平行に保ち画像を確実に平らにします。これらのユニットはフォーカスが無限大に固定されており、ソフトウェアでシャッターを閉じたり、絞りを調整したりすることができます。

お問い合わせ

空撮や特殊分野のカメラについて、さらに詳しい情報はハッセルブラッド・ジャパン株式会社までお問い合わせください。

新しい特長

  • PODマウントに合うように設計
  • 最大14ストップダイナミックレンジ(センサーによる)
  • LEMOコネクタによるDC電源、FMS、カメラシンクロの外部接続の改善
  • 4つのM4スクリューによる安全カメラマウント
  • 内蔵CFカードストレージまたはFirewire 800を介した外部ストレージの選択

ハッセルブラッド Phocus SDK

ソフトウェア・デベロッパー・キット(SDK)は、ユーザー個別のソフトウェアでカメラのコントロールと画像処理を可能にします。A5Dをすぐに撮影で使えるように、カメラで画像を取り込みRAWファイルで保存することができる簡単かつ効果的なPCアプリケーションを作り出しました。

近赤外線撮影

赤外線フィルターを利用すると750nmから1000nmまでの赤外線撮影が可能となります。環境調査や作物管理に使用される大気分析などの特別な需要に役割を果たします。

コンタクト方法
国を選択
都市を選択

住所
郵便番号
State
電話番号
URL

製品

サービス

レンタル
サービス

デモのご登録

If you would like to have a personal demonstration on the A5D Aerial, please sign in before you can send us a demo request.

メールアドレスとパスワードを入力

カメラモデル
露光時間
絞り
ISO
露出モード
自動露出 マニュアル露出 オートブラケット
フォトグラファー