検索&並べ替え

Essential Elements:エドワード・バーティンスキー

「私たちは自然に由来する。だから自然を壊すということは、自分たち自身を壊すことなのだ。」と世界的にもファインアートフォトグラファーとして知られるEdward Burtynsky(エドワード・バーティンスキー)は語ります。ハッセルブラッドのカメラを使う現在61歳のエドワードは、40年に渡り、グローバル化経済の進んだ結果、人類が環境に与えたインパクトを撮影しています。

Edward_B_Xiaolangdi_Dam1 Xiaolangdi Dam #1, Yellow River, Henan Province, China 2011 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, Toronto

Imperial Valley Row-Irrigation,Imperial Valley, California 2009 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, Toronto

現在彼は、この秋発表される素晴らしい本の出版を控えています。世界中が待ちわびる本「 Essential Elements」は、これまでの印象的な写真だけでなくこれまで出版されることのなかった図版を含む144枚の写真を含んでいます。コンテンポラリーアート・フォトグラファーとして評価の高いフォトグラファーの一人として、バーティンスキーの撮影した近代的な風景はカナダのナショナル・ギャラリー、ニューヨークのMoMA (Museum of Modern Arts)、グッゲンハイム美術館、マドリッドのソフィア王妃芸術センター、カリフォルニアのロサンゼルス・カウンティ美術館などを含む世界中60以上のメジャーな美術館の壁を飾ってきました。

Picture 158 Silver Lake Operations #16 Lake Lefroy, Wester Australia 2006 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, TorontoEdward_B_VeronaWalk VeronaWalk, Naples, Florida 2012 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, Toronto

2005年に誰もが欲しがるTED Prizeを受賞。ヴィジュアル&メディア・アート部門でGovernor General’s Awardsを、フランス・アルルのRencontres d’ArlesではOutreach Awardを受賞した他に、Roloff Berry book award、Rogers best Canadian Film Awardも受賞しました。バーティンスキーの作品は、ハーパース・マガジン、ザ・スミソニアン・マガジン、ナショナルジオグラフィックやニューヨークタイムズなどでも定期的に特集も組まれています。数々の賞を受賞したドキュメンタリー映画Manufactured Landscapesでは主題となり、2013年のWatermarkでは共同監督を務めました。彼は現在次回作となる映画、 Anthropoceneを製作中であり、共同監督としてジェニファー・ベイチウォールが名を連ねています。

Edward_B_Oil Spill #13 Oil Spill #13, Mississippi Delta, Gulf of Mexico June 24, 2010 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, TorontoEdward_B_Salt_Pans7 Salt Pans #7, Little Rann of Kutch, Gujarat, India 2016 – Courtesy of Nicholas Metivier Gallery, Toronto

「私の作品の鍵となるテーマは、産業により変貌する自然です。私のイメージは、現代が包括するジレンマを隠喩しています。それらのジレンマから吸引や反発力、誘惑や恐れといった対話を探します。私たちは 快適な生活を望むうちに欲望に流されます。しかしこの地球が、私たちの望む成功に近づくにつれ、無知覚のうちに脅かされていることにも気づいています。私たちが消費するために自然が与えてくれるマテリアルに頼りながらも、同時に地球のことを考えるというのは難しく、矛盾に直面させられます。」

彼は続けて言います。「私は常に被写体となるディテールとスケールが豊かで広い意味合いを内包する主題を探しています。リサイクル置き場、鉱くず、採石場、製油所は普段我々の生活で普通に出かける場所ではありませんが、そこで生成されるものは日常生活に関わりがあります。」

www.edwardburtynsky.com

カメラモデル
露光時間
絞り
ISO
露出モード
自動露出 マニュアル露出 オートブラケット
フォトグラファー