検索&並べ替え

文化財保存・修復技術展|Japan Culture Show

2015-8-11 ハッセルブラッドのテクノロジーを「文化財保存・修復技術展」で紹介

JP-culture1

 

ハッセルブラッド・ジャパンは、先月7月に東京で行われた「文化財保存・修復技術展」で、スキャナーやモニター、さらに赤外線撮影カメラのH5D-40や600MB で8ビットのTIFFファイルを生成するマルチショットH5D=200c MSを披露しました。この展示会は、文化財の保存、修復を支援するための最新技術を紹介するイベントです。

ハッセルブラッド・ジャパンのウィリアム・ペンライス社長は「3日間で延べ3万人以上が参加したこのイベントは、撮影機材やスキャナーなど当社の最先端の製品を美術館などの顧客に対してご紹介する理想的な機会となりました。」と話しています。

カメラモデル
露光時間
絞り
ISO
露出モード
自動露出 マニュアル露出 オートブラケット
フォトグラファー