検索&並べ替え

ハッセルブラッド マスターズ アワード2016:アート部門受賞者 Katerina Belkina

2016-02-04 「わたしはいつも創造的な職業に就く運命にあったと信じています」

ロシアのヴォルガ川沿いのサマラで生まれ育ったKaterina Belkina(カテリーナ・ベルキナ)は、自身のキャリアにとってためになると確信し、3年前にベルリンに移りました。

hasselblad_masters_2016_fineart_katerina_belkina Winning entry in the Art category photographed by Hasselblad Master Katerina Belkina

「わたしはいつも創造的な職業に就く運命にあったと信じています」と彼女は言います。「美術教育を受け、わたしのバックグラウンドは、おそらくフォトグラファーより画家に近いと思います。

わたしの母は芸術家で、父は数学者であり美術の鑑定家でしたが、わたしの家族の中に写真を愛する人たちがいて、写真は子供の頃からのわたしの情熱となっていました。わたしは写真専門学校で学び、必要なスキルを得るために、長い間、熱心に実践しました。わたしの最初の本格的な写真は、まだ14歳だった時に撮影したもので、今も、まだ学んでいる最中です」。

カテリーナがマスターズを受賞した作品は、『The Sinner(罪人)』と題したもので、昨年、ドイツ人の偉大なルネサンス芸術家ルーカス・クラナッハ(子)の生誕500周年を記念して作成されたものです。「わたしは常に過去の芸術と現在の芸術との関係をテーマにした寓話を作りたいと思っていました」と彼女は言います。 「当初は、研究に没頭していました。記事を読み、映画を見て、クラナッハの家族についてできる限りのすべてのものを見つけるなど、です」。

「わたしは特に、クラナッハの『キリストと姦淫の女』にインスピレーションを受けました。彼は定期的に宗教的なインスピレーションとモチーフを用いています。そしてこれは、イエスが『あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい』と言うことによって、群衆がマグダラのマリアに石を投げるのを止めている瞬間です。

わたしは、マグダラのマリアの人物像の現代の解釈について考えるようになりました。そして偶然にも、わたし自身がそのとき妊娠していました。わたしたちはみんな罪人であり、毎日簡単に罪を犯しますが、同時に、わたしたちは、子宮のなかにいる赤ちゃんによってここに象徴されるような純粋さを、それぞれに内在しています。わたしの後ろのワードローブとわたしが座っているIKEAの椅子など現代的な小道具を選択して、わたしは簡単な髪型と衣装を身につけるなど、残りの部分は簡単でした。夫に手伝ってもらい、その日に撮影した30ショットのうち、わたしが表現に完全に満足したのはたったの1ショットでした。わたしはその後、見た目をちょうど良い感じにするために、5日間をポストプロダクションに費やし、最終的な出来栄えをとても気に入りました」。

受賞することは、ベルキナにとって大きな意味があります。「過去にハッセルブラッド マスターズ アワードを受賞した偉大な人たちと名を連ねるのは驚くべきことです」と彼女は言います。「また、長いあいだ待って、わたしはついに自分のハッセルブラッドを持つのだ、と考えると信じられません。今、わたしはそれを自分の手にするのが待ちきれません!」

www.belkina.ru

Facebook: Katerina Belkina

Instagram: @thebelki

すべてのハッセルブラッドマスターズ2016受賞者はこちらからご覧いただけます。

10人の受賞者は、ハッセルブラッド75周年にあたる年に発表されるハッセルブラッド マスターズ 記念写真集の最新版のために、テーマ「インスパイア」を含む新しい独創的な作品をハッセルブラッドの中判デジタルカメラを使って作成する課題が与えられます。受賞者は、9月にケルンで行われるフォトキナ2016のセレモニーで名誉あるトロフィーとハッセルブラッドのカメラを授与されます。

カメラモデル
露光時間
絞り
ISO
露出モード
自動露出 マニュアル露出 オートブラケット
フォトグラファー