ヒストリー

ハッセルブラッドの歴史

ハッセルブラッドの名は、写真の黎明期からカメラとともにありました。はじめはカメラ関連の製品販売を行っていましたが、その後、カメラの生産を始めます。フォトグラファーのことを常に考え、カメラの最高の画質、信頼性、万能性を追求するという伝統的は、半世紀以上も前から続いています。ハッセルブラッドのカメラの背景には、製品と同じくらい魅力的なストーリーがあります。

lunar-oldskool3_Flat今から150年以上も前の1841年、スウェーデン西部のヨーテボリという港町で、ハッセルブラッド家は貿易会社F.W. Hasselblad & Co.を設立しました。ヨーロッパ大陸にほど近いヨーテボリは、イギリス、オランダ、デンマーク、ドイツ、および他の多くの国々と歴史的に貿易が盛んで、国際的な貿易会社にとって理想的な土地でした。F.W. Hasselblad & Co.はすぐに、スウェーデンで最も成功している貿易会社となり、新たに急成長していた写真分野の製品の輸入を始めます。

この会社の創業者の息子で、熱心なアマチュアフォトグラファーだったアーヴィッド・ヴィクター・ハッセルブラッドが社内に写真関連部門を立ち上げますが、このとき、「この部門ではあまり利益を得ることができないだろうが、少なくともタダで写真を撮ることができる」と言ったとされています。

アーヴィッド・ヴィクターが、この分野が持つ可能性について誤解していたことはすぐに分かりました。やがてこの写真部門は、F.W. Hasselblad & Co.の中で最も大きな部門に成長したのです。カメラとフィルムの輸入という試験的に始めたビジネスが、最終的にどのように発展するのか、当時の彼には想像もつかなかったでしょう。

カメラを手に旅へ

ハネムーンでイギリスを旅していたとき、アーヴィッド・ヴィクターは、のちにコダック社を設立し、写真を一般の消費者にも身近なものにすることとなった、ジョージ・イーストマンと出会います。二人は簡単な握手を交わすと、ビジネスパートナーとなることを決め、その関係は80年近く続くことになりました。1888年に、ハッセルブラッドはスウェーデンの総代理店としてイーストマン製品の輸入を始めます。写真人気の高まりと、それに伴う写真技術の進歩により、写真関連製品の需要が増えたことは、ハッセルブラッド社にとって追い風となりました。ハッセルブラッド社の写真部門が急速に発展したため、1908年、彼の家族は、この拡大したビジネスを専門とした別会社を立ち上げます。この新しく立ち上げたHasselblad’s Fotografiska ABは当時、イーストマン・コダック社の製品のスウェーデンにおける総輸入代理店となりました。

現像所や全国的な販売経路が設置され、たがいの信頼と尊敬の上に成り立つ協力関係は、非常に大きな成功へとつながっていったのです。

創業者の孫、カール・エリック・ハッセルブラッドは、写真ビジネスでどれほど大きな利益を得たのかを認識し、適切に行動します。1906年に生まれたカール・エリックの息子、ヴィクターは、このファミリービジネスの後継者として育てられました。2人の姉妹と1人の弟を持つヴィクターは、内気で繊細な子どもで、田舎道の散歩を楽しみ、野鳥観察に興味を持っていました。彼のこうした趣味は一生続きました。祖父から受け継いだ写真への熱い情熱を持つヴィクターは、早熟な青年へと成長し、既存の撮影機器を向上させること決意します。

young-victor-in-holland

この時期に、彼は自分が発見したことを詳細に記録に残しています。当時の彼のノートには、既にカメラの改良についても書かれています。今となっては不思議なのですが、カール・エリックは息子が18歳になったとき、学校を中退させ、カメラ産業とレンズの製造について一から学ばせるためドイツのドレスデンへ行かせます。

若いヴィクターにとって、これは恐らく思ってもいなかった幸運だったかもしれません。彼はよく、朝早く起きては学校に行く前に、野鳥を観察するために田舎道を散策しに行きましたが、毎朝早く起きることで疲れ切って、授業中に居眠りをしてしまうことが頻繁にあったのです。この別のかたちの教育は、おそらく彼にとっては良かったのかもしれません。

それから数年間、ヴィクターは父親がふさわしいと考えた教育、つまり、教室ではなく、実社会の中での経験から学ぶことになりました。若いヴィクターは世界を放浪し、カメラ業界で見習いとしてこの時期を過ごします。最初はドイツとフランス、それからアメリカで、カメラやフィルム工場、現像所、カメラ店など、写真の世界についての洞察や理解、そしてカメラやレンズの生産方法に関する知識を得ることができるあらゆる場所で働きました。ヴィクターの父親は息子に、家業を継いだときに役立つ、幅広い経験と知識を積むことを望んだのです。ヴィクターにとって、世界が、研究と開発のための実習の場となったのです。

ある意味、それは本当でした。工場や店でカメラに関するビジネスや製造を学んでいるとき以外は、ヴィクターは近くの田舎にでかけ、忍耐強く、野鳥や野生動物が来るのを待っては、自分のカメラを使ってそれらを撮影していました。このように森の中で何時間も過ごすあいだに得た撮影の経験、そして忍耐が、非常に価値のあるものとなったのです。

同様に大きな価値を持つことになるのが、カメラ産業におけるビジネス面での経験でした。ハッセルブラッド家の社会的地位と人脈により、ヴィクター青年は国際的な交流や、世界をリードする事業家と出会う機会を得ました。そしてヴィクターは、彼の家族のビジネスパートナーであったジョージ・イーストマンと交友関係を築くようになります。世界で最も先見の明があり、最も成功した企業家の一人、そしてコダック社の創業者であるイーストマンはロールフィルムを完成させた人であり、写真の世界では最も重要な人物の一人でした。

この年上の事業家は、彼を弟子として自身の会社の本社で働かせ、ニューヨーク州ロチェスターにある自宅に住まわせました。この交友関係が、その後、大変有益なものとなりました。イーストマンを通して、ヴィクターは才能豊かなフォトグラファーや技術者と知り合うことができました。最終的にヴィクターはスウェーデンに戻り、家業を継ぎますが、大西洋を越えた、まだ若いアメリカという国との生涯にわたる友好的な関係は始まったばかりでした。

空にいたもの

ヨーロッパに戻ると、ヴィクターは旅を続けました。最初にオランダ、次にフランス、モロッコを旅し、珍しい野鳥を追っては写真に収めました。1928年に、ヨーテボリで開催された大規模な写真展に参加し、1934年に、当時19歳であったエルナ・ナトホルストと出会い、結婚しました。1935年には、ヴィクターは当時としては珍しい、飛んでいる鳥の写真を数多く掲載した「Migratory Bird Passages(渡り鳥の通り道)」と題した本を出版しました。

VH bird book

ヴィクターは、家族の会社で働くために帰郷しますが、家族間の対立や父親との意見の相違に悩まされ、自分の会社を設立するのは時間の問題でした。1937年、ヴィクター・ハッセルブラッドはヨーテボリの中心地に「Victor Foto」という名の写真店を開業します。店には現像所も完備され、彼自身にとって家族から独立してビジネスを立ち上げる第一歩となりました。ビジネスとマーケティングの才能があったヴィクターは、店も家庭も順調でした。

1939年に第二次世界大戦が始まり、ドイツはデンマークに侵攻し、その後、ノルウェーにも侵攻しました。1940年代の始めには、ヨーロッパ全体に戦火は広がっていました。ドイツが周辺のスカンジナビア半島諸国に侵攻したことで、まだ準備が整っていなかったスウェーデン軍が総動員されることになりました。頑に中立の立場をとっていたこの国は、急いで装備を整えます。

その一方で、ドイツ軍はノルウェーとの国境の向こう側で進軍する体勢にありました。そしてドイツ軍の偵察機がスウェーデン領空を侵犯し、何機かがスウェーデン国内に墜落しました。それらの偵察機および装備品のほとんどは壊滅していましたが、そのうち一機の積み荷が無傷の状態でした。それは、まだ十分に機能するドイツの偵察用カメラだったのです。スウェーデン軍がどこで、どのようにしてそのカメラを回収したのかは正確には分かっていませんが、確かなことは、そのカメラは、スウェーデン軍にとって非常に利用できるものだったということです。しかし、ドイツ軍のカメラを回収することと、似たようなカメラを製造することは全く別の問題でした。スウェーデン政府はこのことにすぐに気づきました。

この頃、ヴィクター・ハッセルブラッドは30代で、カメラの専門家としてかなり高い評判を得ていました。彼は写真の撮影に関して、技術的なことなど、いくつかの記事を書いていましたし、もちろんハッセルブラッドの名は、国内で写真関連製品を扱う会社として有名でした。スウェーデン軍がヴィクターのところに協力を求めたのは当然のことでした。

小さな手を持つ男

1940年の春、スウェーデン政府は34歳のヴィクター・ハッセルブラッドに、回収されたドイツ軍のカメラと全く同じものを作ることができるか、と尋ねました。そのときヴィクターが、「できません。しかし、それ以上に優れたものならば作れます」と答えたことは伝説となっています。その年の4月、ヴィクターは、ヨーテボリの中心地にある自動車工場の中の小屋に、小さなカメラ工場を構えました。

すぐ近くには廃品置き場があり、そこで必要な材料を手に入れることができました。夜になると、自動車工場で働く非常に優秀な整備工とその兄弟も手伝い、ヴィクターはそのドイツ軍のカメラを研究し、最初のハッセルブラッドカメラとなるHK7の設計を進めました。

HK-7-bw

それから数ヶ月後には、会社は20人の従業員が働くきちんとした工場を持つことになりました。そして1941年には、当初Ross Incorporatedと名乗っていた小さな会社は立派な敷地に移り、手持ちカメラHK 7の本格的な生産を開始しました。カメラフォーマットは、7×9㎝で、80mmのフィルムを使用し、交換可能な2枚のレンズは、1枚がカールツァイスのBiotessar、もう1枚がマイヤーのTele-MegorまたはシュナイダーのTele-Xenarでした。

1941年の終わりに、ヴィクターは空軍から新たな注文を受けます。それは、ネガのフォーマットをより大きくし、航空機に固定して搭載できる新しいカメラの開発でした。軍は、HK7、とその次のモデルSKa4に非常に満足しました。SKa4は、交換可能なフィルムマガジンなど、ハッセルブラッドが戦後に製造することとなる製品にとって重要ないくつかの独自の機能を備えていました。その後も、新しいカメラが続々と開発されました。

1942年に、カール・エリック・ハッセルブラッドが他界すると、ヴィクターは、同族会社F.W. Hasselbladの株式の大部分を買い取りました。引き続き、スウェーデン軍向けのカメラも生産され、ハッセルブラッドは1941年から1945年までの間に合計で342台のカメラを納入しています。その一方で、ハッセルブラッドは、軍用カメラの生産を一般向けカメラの開発に向けた第一歩でしかないと考えていました。彼はすぐに、自分は軍のためだけにカメラを作るつもりはないことを告げ、彼が持っていた計画を同僚たちに説明しました。ヴィクターは、消費者市場に目を向けていて、新しいタイプのカメラを構想中であると説明したのです。最高のクオリティを持つ携帯型カメラ、手の中に収まるカメラであると彼は言い、自分のその小さな手を見せました。

この若い会社は、夢の実現に着手します。軍用のカメラを生産しながら、新しいカメラの試作品の開発に試行錯誤を重ねました。しかし、戦争が終わるまでは、ヴィクターが研究開発の成果を新しいカメラに生かすことができず、ヴィクターの工場では、精密な腕時計や時計のムーブメントの生産で忙しくしていました。合計で95,000台を超える時計のムーブメントが生産され、カメラの生産に必要な精密な機械加工の技術を養う良い練習となりました。

 

新時代のカメラ

戦争が終わると、ヴィクターはチーム全員を新しいスタイルのコンシューマー向けカメラの生産に専念させました。そして1948年10月6日、ヴィクターはハッセルブラッドによる初のコンシューマーカメラ、ハッセルブラッド1600Fを発表したのです。

USA advert

このモデルは、6×6フォーマットの一眼レフカメラで、交換可能なコダック製レンズ、フィルムマガジン、およびビューファインダーを装備し、ニューヨークで行われた発表会で絶賛されました。批評家の称讃を得たこの1600Fカメラは、革新的な技術の偉業であったと言えるでしょう。

しかし、いくつかの欠点もありました。この初めてのハッセルブラッドカメラの技術は、多くの面で驚嘆に値し、外観も美しかったのですが、その技術的に高度な内部は非常に繊細でした。まったく新しいタイプの製品を製造するときは、予測できない欠点を伴いますが、ヴィクターが開発したカメラも例外ではなかったのです。ヴィクターの工場で働く時計職人たちは、精密部品のエキスパートでしたが、手持ちカメラに必要な、機械的な負荷に対して耐久性のある構造をつくることには慣れていませんでした。改良に改良を重ね、1600Fの設計要素はより洗練されたものになりました。

コレクターや歴史研究家にとっては非常に嬉しいことに、ヴィクターの意に反して「不良品」のカメラも何台か残っています。こうした初期の1600Fは、ヴィクターが考える妥協のない基準に届かなかったものの、半世紀以上経っても残っているのです。構造上の改良は、最終的に新型カメラを生み出すこととなりました。それが、ヴィクターの自信作1000Fです。

この新しい1000Fでは、多くの機能に改良が加えられ、より洗練されました。また、6本のレンズからなる新しいレンズシリーズを採用しました。そして1952年に、このカメラの真価が認められることになります。「Modern Photography」というアメリカの雑誌が、新しいハッセルブラッド1000Fのフィールドテストを行い、素晴らしい結果を報告したのです。この雑誌では、1台のカメラでフィルム500本にもおよぶ撮影をし、落下試験も2回行ったのです。

それでも、ハッセルブラッドのカメラは壊れませんでしたし、調整が狂うこともありませんでした。耐久性の問題が解決したと言ったら控え目な表現になるでしょう。まさしく伝説が生まれたのです。

小さな一歩

カメラの成功は大きな利益を生み、ヴィクターの会社は大きくなりました。開発は続き、新しいモデルが続々と生み出されました。すべての段階において、ヴィクターは、自身の広い人脈とフォトグラファーとしての経験を生かし、そこで得た情報や意見、アドバイスなどを取り入れました。

earth

1957年、ハッセルブラッドは前回のカメラの成功に続き、ハッセルブラッド500Cという革新的な新しい製品を発表しました。レンズシャッターを採用し、ストロボ全速同調が可能なこのカメラは、大きな話題となりました。その後、1954年にはハッセルブラッドSWAが発売され、続いて1957年には、広角のハッセルブラッドSWCが、さらに1965年には、モータードライブを付けたハッセルブラッド500 ELが誕生しました。これらのカメラは長年にわたり、ハッセルブラッドのシステムの基盤を形成しました。システムの背後にある基本的な哲学、すなわち、組み合わせによる柔軟性、万能性、および信頼性が、ハッセルブラッド製品を50年以上も導いてきました。ハッセルブラッドの姿勢は多くの企業がまねてきましたが、まったく同じにはなりませんでした。ハッセルブラッドの名は、最上の信頼性と画質をもつカメラの代名詞となったのです。

このような評判が、1962年にNASAの若い宇宙飛行士が初めてハッセルブラッドを宇宙空間に持って行ったことに影響を与えたのは確かです。この旅が、世界最大の宇宙開発機関との長く互恵的な協力関係の始まりとなったのです。

ハッセルブラッド 宇宙への挑戦

1969年、ハッセルブラッドの宇宙への挑戦の物語はアポロ11号と共に続けられました。そして、ニール・アームストロングとエドウィン・「バズ」・オルドリンJr.により初めて撮影された、人類が月に降り立った写真や、月から見た地球の写真はハッセルブラッド500EL/70で撮影されたのです。ハッセルブラッドのカメラによって宇宙空間で撮影されたこれらの写真ほど、フォトグラフィーの歴史において有名で、影響力のある写真はおそらくないでしょう。そしてヴィクターと技術者たちは、これまでもそうでしたが、宇宙向けカメラの開発から得た進化した技術を生かし、地球上で販売するカメラに画期的な特性や機能を加えたのです。かつて世界は彼にとって開発の実習の場でしたが、今やその実習の場がより大きくなったのです。

夢は生き続ける

1966年、ヴィクター・ハッセルブラッドは、販売会社と小売店のネットワークであるHasselblad Fotografiska ABをコダック社に売却し、長期にわたるパートナーシップを終えましたが、その基盤となった交友関係は続きました。1976年、ヴィクターはVictor Hasselblad ABを手放す準備を整え、スウェーデンの投資会社、Säfveån ABに売却しました。

1978年、ヴィクター・ハッセルブラッドは72歳でこの世を去りました。彼の遺書により、莫大な資産の大部分はエルナ&ヴィクター・ハッセルブラッド財団に遺すことになりました。この財団は、自然科学と写真技術に関する、研究および学術的な教育の推進を目的としています。また、ヴィクターと、彼が愛した写真の世界を記念して、ハッセルブラッド国際写真賞が毎年、偉大な業績をあげたフォトグラファーに授与されています。この賞は世界で最も名誉ある賞として知られています。ハッセルブラッド財団とその活動、ならびにハッセルブラッド国際写真賞の詳細については、ハッセルブラッド財団のウェブサイト(英語のみ)をご覧ください。

1984年、Säfveånが株の57.5%を保有していたVHAB(Victor Hasselblad AB)は、ストックホルム証券取引所に上場しました。カメラの開発においてこれまでと変わらず最先端にいたVHABは、1985年にデジタルイメージングシステムと画像のデジタル送信システムの開発、生産、およびマーケティングのための子会社Hasselblad Electronic Imaging ABを設立しました。

old victor

これは、新しく台頭したデジタル写真市場を狙いにした最初の取り組みでした。同じ年、スウェーデンの会社Incentive ABがVHABの株式の58.1%を取得し、大株主となります。1991年には、Incentive ABは残りの株式も取得しました。こうして、VHABは再び非公開企業になったのです。1996年、Incentive ABはこの会社をUBS、CINVen、およびHasselblad Managementに売却しました。

会社の設立当初から、ハッセルブラッドはそのサプライヤーやパートナー企業を慎重に選び、コダックやカールツァイスなど多くの有名企業と長期にわたる協力関係を築いてきました。そして1998年、このようなパートナーシップの成果として、ハッセルブラッドは富士フイルム株式会社との共同開発による、新型Hasselblad XPanカメラを発表し、カメラ産業に再び革命を起こしました。この独創的で優れたカメラシステムは、富士フイルムと緊密に連携して開発し、製造したものでした。XPanは、中判のパノラマ写真、または同じフィルムロール上に標準の35mmの写真を撮る標準的な35mmフィルムを使っています。このカメラは、プロや写真に精通したアマチュアのフォトグラファーを対象とした、35mmフィルムのデュアルフォーマットカメラにおける長期的な研究開発協力プロジェクトが実を結んで誕生しました。こうしたコンセプトにより、ハッセルブラッドは35mmフィルムの世界に新しい次元を開き、豊富なハッセルブラッドのカメラシステムをさらに強化しました。

2002年に、別の革新的なカメラシステムが発表されました。オートフォーカスや高度な電子チップ制御といった最新の技術開発を取り入れた6×4.5中判カメラです。このカメラはデジタル技術を念頭に置いて設計され、すぐに高い評判を得ました。それから数ヶ月後に、長くアジア太平洋地域におけるハッセルブラッドの代理店だったシュリログループがVictor Hasselblad ABの株式の大部分を取得しました。会社のほぼ設立当初からカメラの生産に使われてきたハッセルブラッドの社屋が小さくなり、ヨーテボリに新しい施設が作られましたが、それに伴い製品全般にも変化がありました。新しい施設を得て、新しい高度な技術を駆使したカメラシステムを開発したハッセルブラッドは、シュリログループがデンマークのデジタルバックとスキャナーのメーカーであるImaconを買収したとき、さらに大きな一歩を踏み出しました。これら2つの会社は合併し、プロのフォトグラファーたちから高まる需要に応えるため、相乗的にデジタルカメラの開発に力を入れました。

この動きは、中判カメラ市場の進化において重要な出来事となりました。そのときまで、中判カメラのメーカーがカメラとレンズを製造し、また別の会社がデジタルバックの付属品を生産することで、フィルムカメラでデジタル写真を撮影することを可能にしていたのです。デジタルバックを生産する多くの会社は、複数の異なるカメラブランドに向けて製品を販売していました。Imaconもそのような会社の1つでしたが、ハッセルブラッドはImaconと合併したことで、新しい製品に、自社でデジタルバックを開発することができるようになったのです。競合会社が依然としてフィルムベースの、デジタル撮影機能が完全には統合されていないカメラを生産し続ける一方、ハッセルブラッドは、完全にデジタルに統合されたカメラへシームレスに移行が行えるようになったのです。

これにより、ハッセルブラッドの市場での地位は確固としたものになりました。そして、2011年6月30日、未公開株式投資会社Ventizzはハッセルブラッドの全株式を取得したと発表しました。

地球上だけでなく、宇宙でも物語は続きます。私たちの発展と進化は止まりません。私たちは常に前進し、ヴィクターの名が刻まれたカメラをより完璧なものにしていくのです。そして常に、彼の姿勢を見倣い努力を続けています。つまり、現代技術の最も有益な側面を取り入れながら、伝統的な品質とクラフトマンシップを吹き込み、50年後であっても、現在と変わらぬ信頼性を保つ最先端のツールを生み出すのです。

Camera model
Exposure time
Aperture
ISO
Exposure mode
Auto exposure Manual exposure Auto bracket
Photographer